米軍及び北米南米動向 Y
米軍及び北米南米動向 X 米軍及び北米南米動向 W 米軍及び北米南米動向 V 米軍及び北米南米動向 U 米軍及び北米南米動向 T


米空軍最大の空戦演習 レッドフラッグ 17−1 F−35AライトニングU 初参加


1975年以降、アメリカ、ネバダ州のネリス空軍基地、またはアラスカ州のイールソン空軍基地とエルメンドルフ空軍基地で
毎年数回開催されている、高度な空戦軍事演習である。
アメリカ空軍や軍事同盟国及びアメリカ友好国など数カ国の空軍が参加し、数週間に渡って開催される。非常に現実的な空戦演習が実施され、
空戦の軍事演習としては世界最大の規模を誇る。開催目的は、参加国の新人パイロット「ブルー・フォー」に、
10回の現実的な模擬空戦を経験させることとしている。
レッドフラッグ (Red Flag)の意味は「赤旗」であるが、これはアメリカ軍にとって敵役を意味する。


@こうして歴史を振り返ってみると、世界を相手に戦った75年前の日本って本当にすごかったんですね。その心意気は、何処へ消えてしまったのでしょう。





平成29年2月5日


米国 演習中のF−16戦闘機 誤って米軍人にミサイル発射 1人死亡


米軍のF-16戦闘機が、ニューメキシコ州での演習の際、誤って空対地ミサイルを発射、その結果、軍人1人が死亡、1人が負傷した。米ホロマン空軍基地報道部が伝えた。
この出来事が起きたのは、現地時間火曜日夕方のことで、地上にいた軍人2人は、直ちに病院に搬送されたが、そのうちの一人は死亡、もう一人は手当てを受けた後、解放された。


@南シナ海で、やってよ。





平成29年2月3日


カナダ モスクで乱射、6人死亡8人負傷=2人逮捕−


カナダ東部ケベックシティーのモスク(イスラム礼拝所)で29日、銃乱射事件があり、モスク関係者はロイター通信に対し、6人が死亡したと語った。
公共放送CBC(電子版)は警察の話として、死者は複数で、容疑者2人が逮捕されたと報じた。
CBCによると、このモスクではイスラム教の断食月(ラマダン)中の昨年6月、豚の頭部が玄関前に置かれる事件があったという。


@トランプに反発して、トルドーは難民大歓迎と表明したばかり。





平成29年1月30日


因みに日本の自衛隊は、SIG SAUER P220を35年使っている。




@これだ。
我が国の自衛隊も警察も(警察の5発入りのレンコンでは自動拳銃相手に応戦できないぞ)P320に切り替えればいいね。


平成29年1月21日


米陸軍の新型短銃、シグ・ザウエルが開発へ





米陸軍は21日までに、次世代の短銃の製造元にドイツのシグ・ザウエル社を選び、新型モデルを開発させる決定を下した。
現在の標準装備品であるイタリアのベレッタ社のM9型短銃の後継モデルとなる。
米陸軍が求める新型短銃はシグ・ザウエル社のP320型を下敷きにしたものとなる見通し。米陸軍が同社に要求する性能の改善内容などは明らかにされていない。
同社は米ニューハンプシャー州エクセターに子会社を所有している。
陸軍の声明によると、徹底的な性能検査をへた支給開始は今年内にも予定されている。
M9型は1985年から装備品となったが、米軍内ではその性能への不満が漏れてもいた。
同モデルの一番効果的な使用方法は敵に銃ごと投げ付けることだとの冗談も流れていたという。
また、M9型の後継短銃を選定する作業にこれまで10年要していたことも米議会内で批判の材料になっていた。



M9軍用拳銃

参考:ベレッタ92(伊:Beretta 92)は、イタリアのピエトロ・ベレッタ社が生産・販売している自動拳銃。
1985年から『M9』の名称でアメリカ軍に正式採用されており、2006年には45万丁が追加調達されるなど現在も現役にあるが、
『M92』という型式は存在せずそれぞれ軍用M9は『M9』、92Fは『Mod.92FS』とスライドに刻印されている(Mod.とはイタリア語でモデルの意味)。
『M92F』は日本における誤称であり伊・米ともにベレッタの公式サイトでは80シリーズ90シリーズ共にM9とM9A1以外は頭にMが付かない。
世界中の警察や軍隊で幅広く使われており、現在はコルト・ガバメントに代わりアメリカ軍の制式採用拳銃になっている。
なお、米軍では「M9」のモデル名で呼ばれている。


@敵と撃ち合いになった時、ジャムらない事が一番重要視される。ジャムれば、100%命取りだ。





平成29年1月21日


ペルシャ湾  米イージス艦が急接近のイラン艦艇に警告射撃



USS Mahan DDG-72


中東のペルシャ湾で、アメリカ軍の艦艇が、急接近してきたイランの艦艇に対して警告射撃を行い、
アメリカ政府は、イラン側の危険な行為が相次ぎ緊張を高めているとして強い懸念を示しました。
アメリカ国防総省の当局者によりますと、今月8日、中東のペルシャ湾のホルムズ海峡を航行していた、
アメリカ海軍のイージス駆逐艦マハンに対し、イランの革命防衛隊の艦艇4隻が猛スピードで接近してきたということです。
マハンは無線を使って警告しましたが、イランの艦艇はこれを無視して、およそ800メートルの距離まで接近してきたため、機関銃で警告射撃を行ったということです。
これについて、ホワイトハウスのアーネスト報道官は9日の記者会見で、「危険であり、緊張を高める行動だ」と述べ、強い懸念を示しました。
ペルシャ湾では去年8月にも、アメリカ海軍の艦艇が急接近してきたイランの艦艇に対して警告射撃を行っています。
アメリカ国防総省は、アメリカ軍が危険だと判断したイラン側の行為について、去年1年間で35件と、おととしに比べて12件増えているとしています。


@以外に、沈めないもんなんですね。








平成29年1月10日


メキシコ 米領事館職員に発砲=FBI、逃走男に懸賞金


メキシコの地元メディアは7日、メキシコ西部のグアダラハラで6日午後、米総領事館の職員を狙った発砲事件があったと報じた。
職員は負傷したが、容体は安定している。
犯行の動機は明らかになっていない。
メキシコ警察当局は逃走した男の行方を追っている。
在グアダラハラ米総領事館はツイッターで、防犯カメラに映った男の映像を公開。
米連邦捜査局(FBI)も2万ドル(約230万円)の懸賞金を用意し、容疑者逮捕につながる情報提供を求めた。


@1発で命中させていますが、とどめは刺さなかったようです。





平成29年1月8日


メキシコ ガソリン値上げに怒った民衆、暴動・略奪 2名死亡600人逮捕


メキシコ各地で大規模な暴動や略奪が起き、警察が出動する騒ぎになっています。
店内、見渡す限りあふれる人だかり。実は、商品を店から盗んでいる人たちを映した映像です。メキシコ中部ベラクルスで起きた数千人による略奪。
その理由は、週末に発表された20%ものガソリン価格の引き上げです。別の街でも抗議デモの参加者が暴徒化しました。
略奪や暴動はメキシコ各地で起き、これまでに合わせて250人以上が逮捕されたということです。
政府は、「ガソリン価格が上がったのは原油高騰のせいで、増税などしていない」と説明するなど、事態の鎮静化に躍起になっています。


@こんなのが地続きで300万も流れ込んでくるんじゃ、トランプじゃなくても壁を作りたくなるわな。情けないクソ民族。








平成29年1月8日


米フロリダの空港で発砲 5人死亡、8人負傷 容疑者を拘束





米南部フロリダ州フォートローダーデールの空港で6日、発砲があり、地元警察によると5人が死亡、8人が負傷した。
米メディアが伝えた。容疑者は1人とみられ、警察が拘束した。空港は閉鎖された。
米CNNテレビなどによると、発砲は空港の第2ターミナルで発生。2階建てのビルの1階にある到着エリア付近で起きたとみられる。
現場からの映像によると、多くの人たちがターミナルから走って駐機場などに避難し、荷物を抱えたまま事態を見守った。


@米軍関係者のようですね。





平成29年1月7日


米海軍は、原子力空母カール・ビンソンを中心に編成された空母打撃群を西太平洋に派遣する!


米海軍は原子力空母カール・ビンソンを中心に編成された空母打撃群を西太平洋に近く派遣する。
空母「遼寧」を西太平洋や南シナ海に進出させるなど遠洋での海軍力を急速に強める中国への警戒感が背景にあるとみられる。
トランプ次期大統領も中国の海洋進出に警戒感をあらわにしており、米中緊張への懸念が高まっている。

米海軍によると、空母打撃群は5、6の両日にかけて西海岸サンディエゴを出港し、
アジア太平洋地域で対潜水艦作戦や砲撃訓練を含む軍事演習を行う予定。
国防総省のクック報道官は3日、「南シナ海を含むアジア太平洋地域に多数の艦艇を派遣してきた。これからも続けていく」と強調した。
 
中国は南シナ海で先月以降、米軍無人潜水機を奪ったり、遼寧艦載機の発着訓練を行ったりするなど、軍事力を誇示している。
「一つの中国」原則に縛られない考えを示し、台湾問題などで中国を揺さぶるトランプをけん制する狙いがあるとみられている。
一方、トランプはツイッターへの投稿で「南シナ海で大規模な軍事施設を建設するのは構わないのか」と述べ、
中国の海洋進出に不快感を表明。さらに「前代未聞のやり方で無人潜水機を奪っていった」と非難するなど中国に厳しい姿勢を取り続けている。
また、トランプに中国問題で助言してきたナバロ次期国家通商会議(NTC)委員長らはフォーリン・ポリシー誌の論文で
「米海軍はアジア地域安定の最大の源だ」と強調。
論文はトランプが大統領選挙期間中、現在274隻の海軍艦艇を350隻まで増やすと述べたことを取り上げた上で、
同氏が中国の台頭に対抗すると分析している。
トランプが実際に軍拡にかじを切れば、米中の対立が激化することが予想される。


@前振りもかなり前評判と違いますので、大富豪で差別主義者(私はそうは思わないけど=時代に迎合しない)のトランプを選択した米国民もかなり目が高かったという事のようです。
取り巻きのスタッフを見れば一目瞭然です。クソのような左翼系のアホは一人もいませんし、軍人か大企業のCEOで占めています。以外に期待できそうですよ。


こっちは、本物じゃけんね!



平成29年1月5日


ブラジルの刑務所で暴動、60人が死亡 ギャング同士の衝突で首を切り落とされた囚人も


ブラジル北部アマゾナス州マナウスのアニジオ・ジョビン刑務所で1月1日、暴動が発生し、およそ60人が死亡した。
ロイター通信によると、暴動は薬物の密売をめぐり敵対関係にあったギャング同士の衝突から始まり、
死亡した囚人の何人かは首を切り落とされ、刑務所の壁を越えて投げ捨てられたという。
暴動は17時間におよび、12人の看守を人質に取っていた。アマゾナス州公安局のセルジオ・フォンテス局長は会見で、
死者数はさらに増える恐れがあるという。
「これは静かに進行している、血も涙もないもう一つの麻薬密売戦争だ」と、フォンテス氏は語った。
AFP通信によると、刑務所内に脱走用のトンネルが16本掘られており、
当局の発表で87人の囚人が脱走したが、これまでに40人を再び拘束したという。
ハフィントンポスト・ブラジル版によると、アニシオ・ジョビン刑務所は2016年1月の時点で450人の定員に対して1147人の囚人が収容されており、
過剰収容率が254%に達していた。また、看守など刑務所職員は153人で、通常の職員数よりも40%不足していたという。
BBCによると、ブラジルにはおよそ60万人の囚人がおり、世界で4番目に多い。
1992年にもサンパウロのカランジル刑務所で大規模な暴動が発生し、警官が鎮圧する際に発砲するなどして囚人111人が死亡した。


@日本では、借金したり金がなくなると刑務所に逃げ込む輩が沢山いますが、ブラジルでは安心して逃げ込めませんね。





2年前の映像。今回も同じ事が行われた模様。



平成28年1月4日


米当局、中国人3人をサイバー攻撃・インサイダー取引で起訴


米司法当局は27日、企業のM&A(合併・買収)案件に携わる法律事務所に対するサイバー攻撃で秘密情報を入手し、
取引を行ったとして、中国人3人をインサイダー取引などの罪で起訴したことを明らかにした。
マンハッタンの連邦地裁に提出された起訴状によると、3人は法律事務所へのサイバー攻撃で入手した内部情報をもとに取引を行い、
400万ドル超の利益を得た。
取引に利用した内部情報にはインテル(INTC.O)やピトニー・ボウズ(PBI.N)などが絡む案件も含まれていた。
罪状には有線通信不正やコンピューター侵入なども含まれる。


@どうしても後手後手になってしまうのが、インターネット犯罪。足跡を残さない方法も色々あるようですので、摘発するのも中々難しいと聞きます。
ファイアウォールにも限界がありますし、繋いである以上、なにがしかの脅威にさらされてしまうのがネット社会。便利なようで、不便な世界です。


平成28年12月28日


世界中に朝鮮女の歴史的淫売癖を広めたらいい! ワシントンで「朝鮮女の淫売像」公開 



朝鮮人、SEXが好きなのはわかるけど、たまには股を閉じなさい。

韓国から運ばれてきた像は、正式な設置場所は決まっておらず、一日だけ公開される運びとなりました。


@世界中に朝鮮女の歴史的淫売癖を広めたらいい。





平成28年12月12日


脱出のパイロット発見か=米軍戦闘機墜落―防衛省


米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機1機が7日夜に高知県沖に墜落した事故で、防衛省は8日、
緊急脱出したパイロットとみられる人を発見し、岩国基地へ搬送したと発表した。
安否は不明という。 


@安否不明とは如何に・・・・最近は心肺停止とか、複雑な表現を態々使ったりして。
亡くなっています。合掌 


平成28年12月8日


米軍のFA18戦闘攻撃機が高知県沖で墜落


7日夜、高知県の沖合で、アメリカ軍のFA18戦闘攻撃機1機が墜落し、乗っていたパイロット1人が緊急脱出しました。
自衛隊の航空機などが現場付近でパイロットの捜索にあたっています。
防衛省によりますと、7日午後6時45分ごろ、高知県土佐清水市の足摺岬の東南東およそ100キロの海上で、
アメリカ海兵隊のFA18戦闘攻撃機1機が墜落したという情報がアメリカ軍から入りました。
乗っていたパイロット1人が緊急脱出したということで、自衛隊の航空機7機が現場付近で捜索にあたっているほか、
護衛艦4隻が現場に向かっているということです。
墜落したFA18戦闘攻撃機は山口県にある岩国基地の所属で、当時は同型の2機で編隊を組んで飛行していたというこで、
防衛省が詳しい状況の確認を進めています。
墜落したFA18は通常訓練中
アメリカ海兵隊によりますと、このFA18戦闘攻撃機からパイロット1人が午後6時40分ごろに緊急脱出していて、
現在、行方を捜索しているということです。戦闘攻撃機は当時、通常の訓練を行っていて、事故の原因については調査中だとしています。
墜落は室戸岬の南約90キロ
高知海上保安部によりますと、7日午後7時20分ごろ、アメリカ軍の戦闘機が室戸岬の南およそ90キロの海上に墜落したという
情報が自衛隊から寄せられたということです。
巡視船など2隻を出して詳しい状況を調べていますが、今のところ漁船などへの被害の情報は入っていないということです。
また、高知県漁業管理課によりますと、午後8時半現在、高知県沖の周辺を航行する漁船などに
被害があったという情報は入っていないということで、引き続き確認を進めています。


@オスプレイは落ちないのに、よく落ちますね。無事を祈ります。





平成28年12月8日


ロシア PAK FA 対 USA F−22


@正面RCS PAK FA 0.1 F-22 0.0001 F-35 0.0015 J-20 論外





平成28年12月5日


ドローン・ロボット兵器を使った米軍の近未来の歩兵戦闘


@負傷者を運ぶ車に、HONDAの発電機積んでるし・・・・・・





平成28年12月4日


カストロ前議長死去 


キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が死去しました。 
弟のラウル・カストロ氏が、「キューバ革命の最高司令官だったフィデル・カストロが、
25日の午後10時29分に死去した」と国営テレビを通じて発表しました。
90歳でした。遺体は本人の希望で火葬されるということです。


@いいんじゃねー 有意義だよ。





平成28年11月26日


安倍、トランプ会談 「信頼関係築けると確信」・・・片務的な日米安保を排し、相互義務を負う対等な日米安保体制を構築せよ!


安倍晋三首相は17日夕(日本時間18日朝)、米ニューヨーク市内でトランプ次期大統領と会談した。
この後、記者団の質問に応じ、「胸襟を開いて率直な話をできた。信頼関係を築けると確信を持てる会談だった」と述べた。
また、「(日米)同盟は信頼がなければ機能しない。トランプ氏は信頼できる指導者だと確信した」とも語った。
首相は会談について「さまざまな課題について私の基本的な考え方を話した」と説明。
ただ、会談の具体的内容については、トランプ氏が大統領就任前との理由から明らかにしなかった。
首相はトランプ氏と再会談することで一致した。 


@好機到来! 内向きは仕方がないとしても、最も良い対等な日米関係の構築ができると思うよ。

片務的な日米安保を排し、相互義務を負う対等な日米安保体制を構築すればよい。安倍さんとトランプなら、完璧じゃないか。

後は、プーチンだな。





平成28年11月18日


米軍駐留費、全額負担を拒否=安倍首相「適切に分担を」


安倍晋三首相は14日午後の参院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で、トランプ次期米大統領が在日米軍駐留経費を
日本が全額負担するよう主張してきたことについて、「日米間で適切な分担が図られるべきだ」と述べ、拒否する考えを表明した。 


@レンタル料金払って、巡航ミサイル付きで原潜x4とか垂直離着陸できるVTOL機を4-50機、借りて来てください。





平成28年11月14日


「戦闘機を1,200機に」大統領選勝利のトランプ、大幅軍拡に意欲


この軍拡は世界に平和をもたらすのでしょうか? それとも……。大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏ですが、
同氏は以前より軍備の大幅拡張を主張しています。その内容は以下のとおり。
陸軍兵士を49万人から54万人に
空軍の戦闘機を1,113機から少なくとも1,200機に
海兵隊の大隊を23部隊から36部隊に
海軍の水上艦や潜水艦を276隻から350隻に
トランプ氏は以前よりイスラム国(ISIL)の掃討と、同盟国などからの安全保障に対する正当な見返りを求めています。
その対象国とは、ドイツ/日本/サウジアラビア/韓国。これらの国から米軍駐留(あるいは保護)の経費負担を徴収し、
その財源で軍備の増強を図ろうというわけです。
このように軍備を増強し紛争地域に重点的に投入するというアイディアは、あながち的を外したものともいえません。
ただし経費の負担増を求められる国からは当然反発も出るでしょうし、実現の可能性は未知数といったところでしょうか。
 アメリカを経済的に立ち直らせたオバマ大統領ですが、シリア地域を含めた弱腰とも思える外交手腕には多くの疑問符がつけられてきました。
一方次期大統領となるトランプ氏はより自国の利益を重視する姿勢を見せながら、同時に紛争地域の問題解決に意欲を見せています。
はたしてトランプ氏が大統領に就任する4年間で、世界はどのようにその姿を変えることになるのでしょうか。


@正に内向き。それは共和党として当然の主張であり好きにやればよい。ただ、勉強が足りないので、よく勉強して、現状をきっちり把握してからものを言いなさい。


平成28年11月11日


自民・山田宏参院議員「朗報だ!」 米下院選でマイク・ホンダ落選 慰安婦問題で日本非難決議を主導



朝鮮かぶれのマイクホンダ。

自民党の山田宏参院議員は10日、党本部で開かれた細田派(清和政策研究会)の会合で、
米下院選でカリフォルニア州の民主党の日系議員、マイク・ホンダが落選したことを手放しで喜んだ。
ホンダは、2007年に慰安婦問題をめぐる日本非難決議を主導した人物。
山田氏は「朗報だ。本当に良かった。万歳した。乾杯した。日本にとっては本当にいい方向にいくのではないか」と述べた。
米大統領選で共和党のドナルド・トランプが勝利したことは「日本が自立するためのいいチャンスだ」と強調した。


@わはは 間違いない。


平成28年11月10日


トランプタワーに数千人 全米で抗議 一部暴徒化、ガラス割り国旗燃やす


8日の米大統領選で勝利したトランプ氏の差別的な言動に抗議する集会が、9日にかけて全米各地で行われた。
一部が暴徒化して店舗の窓ガラスを割ったり、米国旗を燃やしたりした。ニューヨーク中心部では、
数千人がトランプ氏の住居がある高層ビル、トランプタワー付近に詰め掛けた。
インターネット上では、ヒスパニック(中南米系)の移民やイスラム教徒に対する排外的な発言を繰り返したトランプ氏を非難し、
抗議行動への参加を求める呼び掛けが続いた。
大半が平和的な抗議活動で、警官隊との大規模な衝突などは起きなかったもようだ。
AP通信などによると、カリフォルニア州オークランドではトランプ氏が当選確実と伝えられた直後から約250人が抗議。
一部が高速道路に進入し通行車両を壊そうとした。
通りに面した店舗の窓ガラスを割ったり、道路でごみを燃やしたりした。
首都ワシントンのアメリカン大の構内では数百人が集い、一部が複数の米国旗を焼いた。
約300人が抗議したオレゴン州ポートランドでは、道路がデモ隊に占拠されて一時路面電車が通行できなくなった。
ロサンゼルスでも「白人至上主義をやめろ」と書いたポスターなどを掲げた人々が行進。コロラド州やアリゾナ州では高校生らがデモ行進をした。


@こんな民度だから、こんな程度の大統領選になるんだろ。反省すべきはお前らだよ。好きなだけ暴れて破壊したらいい。お前達の国だ。





平成28年11月10日


トランプ新大統領誕生!


@決まったようだね。まあいずれにしても、親中オバマによって我が国も鍛えられてきたので今更どんな奴が大統領になろうと、どうってことはない。
もう一度米国とでもやりあえるように装備を最新化し、核武装も含め自前の防衛力を高めていけばよい。


平成28年11月9日


トランプで決まりのようだけど、どの道自分の国は自分で守れと言う事。核武装しようぜ!


@米国も、フィリピンと同じような民度だけど、日本が安倍さんを選んでいるうちは大丈夫だよ。

そもそもの選択のレベルがあの二人では、なんともならないだろ。


平成28年11月9日


緊迫瞬間!殺人容疑者と銃撃戦を車載カメラが激撮


車で逃走する殺人事件の容疑者の男と激しい銃撃戦となりました。 
アメリカ・オクラホマ州の警察がパトカーの車載カメラの映像を公開した。
殺人事件の容疑者が逃走しながら警察と銃撃戦を繰り広げたのだ。
最後はトラックから降りて発砲。親族2人を殺害したこの男は、警察の銃弾を受けて死亡した。








平成28年11月4日


アメリカの日常 強盗容疑者の頭を蹴り下げるペンシルベニア警察


@傍若無人で、無教養な土人が多い沖縄で是非スカウトしたい警察官御一行様。彼らなら、間違いなくいい仕事をします。





平成28年10月24日


大型ハリケーンマシューを避け退避するF−22 F−15e


マシュー直撃のシーモア・ジョンソン空軍基地からバークスデール空軍基地に退避。


@世界最強のステルスも、台風には勝てないようだ。








平成28年10月14日


チリ 首都サンティアゴ マプチェ族を支援するデモ隊を蹴散らす機動隊


@マプチェ族は、チリ中南部からアルゼンチン南部に住むアメリカ州の先住民族。民族名は、
彼らが話すマプチェ語で「大地」(Mapu)に生きる「人々」(Che)を意味する。
マプチェ族は、南アメリカ南部を支配し、インカ帝国やスペインの侵略に対し長く抵抗を続けた民族として知られている。
彼らは生計を農業に依存し、ロンコ(lonco)と呼ばれる首長のもとで血縁関係を単位とした社会を構成していた。
戦争のときには「トキ」(toqui「斧を持つ者」の意)というリーダーを選出し、その下に連合してより大きな集団を形成することもあった。
日本でチリと言うと、スーパーで売られているシャケ位ですよね。





平成28年10月12日


米軍が最新鋭偵察機を韓半島に、北の移動式発射台など監視



前部胴体の下に、細長いフェアリングを設け、ここに対地監視用の側方監視レーダー・AN/APY-3を装備している。
その腹部のレーダーで敵地上部隊を探知、識別し、味方地上部隊を指揮・管制する、対地版早期警戒管制機(AWACS機)とも呼べる機体。


北朝鮮が10日の朝鮮労働党創建記念日を前後して核実験やミサイル発射などの挑発を行う可能性に備え、
韓米の軍当局が監視を強めているなか、米軍の最新鋭地上監視偵察機E8Cジョイントスターズが韓半島(朝鮮半島)に出動したもようだ。
ジョイントスターズはスカッドやノドン、ムスダンなど北朝鮮の弾道ミサイルの移動式発射台を探知する能力を持つとされ、
韓半島への派遣は異例だ。
韓国軍の消息筋は9日「米軍が先ごろE8C偵察機も韓半島に派遣し、北朝鮮の地上装備の監視を強めたと承知している」と伝えた。
北朝鮮の核・ミサイル脅威に対する高い対応能力をアピールする狙いがあるという。
E3やE737などの早期警戒管制機が敵の航空機など空中のターゲットを主に追跡するのに対し、
ジョイントスターズは250キロの範囲内にある車両や基地、ミサイルなど地上のターゲットを主に探知する。
レーダーの性能が優れており、数百キロ離れた場所にある車両が車輪式なのか無限軌道式なのかまで識別できる。


@ただ、地上や海上部隊とのデーターリンクが構築されていないので、態々人が介入して無線で地上と交信して状況を知らせる為、時として混乱が生じるようだ。


平成28年10月10日


M240機関銃


M240 Medium Machine Gun)は、アメリカ軍で使用されている、7.62x51mm NATO弾を使用する中量級の汎用機関銃。


@朝から、行きます。





平成28年10月6日


早期警戒管制機 E-3 セントリー AWACS(airborne warning and control system) 


愛称は歩哨・哨兵・見張りの意味をもつセントリー (Sentry)
運用 米 34機 作戦可能31機
    英 7機
    仏 4機

性能
最大速度: 855 km/h=M0.70 (461 knots)
巡航速度: 940 km/h=M0.77 (506 knots)?
航続距離: 9,250 km (5,000 nm)
実用上昇限度: 9,300 m (29,000 ft)
連続警戒対空時間: 8〜12時間
離陸距離: 2,420 m (7,940 ft)
離陸滑走距離: 1,945 m (6,380 ft)
着陸距離: 1,280 m (4,200 ft)
着陸滑走距離: 670 m (2,200 ft)

日本、E-767AWACSのアップグレード 米軍E-3セントリーと相互運用が可能に


@シナのステルス戦闘機を、こちらを探知される前にいち早く探索する必需品が、AWACS。
F−35のAESAレーダーとシンクロさせれば、飛躍的に索敵距離は延びる。後は撃ちぱなしミサイルを放って、回避すればいい。





平成28年9月30日


黒人射殺、警察も動画公開=銃所持確認できず−米


米ノースカロライナ州シャーロットで黒人男性が警官に射殺された問題で、地元警察は24日、
パトカーの車載カメラなどで撮影した警官発砲時の動画を公開した。
警察は男性が「銃を所持していた」と主張しているが、映像では確認できなかった。
動画では、男性が車から出て後ずさりした際、警官が4発発砲、男性はそのまま倒れた。
男性が警官らに攻撃的な姿勢を取った様子はなかった。
警察は現場で押収した銃の写真も公開し、銃から男性のDNAと指紋が検出されたと発表した。
また、男性は車内でマリフアナを吸引する準備をしていたという。
男性の遺族は23日、妻がスマートフォンで撮影した銃撃時の動画を公開。
男性が銃を持っていたかどうか判断できず、警察にも撮影した動画の公開を求める声が強まっていた。


@今更どうのこうの言ったって、これがアメリカだ。アメリカ以外では、こうした状況で射殺される事はまずないと思うけど、
アメリカではこうして黒人が警察官に囲まれたら、銃があろうが無かろうが射殺されると言う事。
記事にある通りで、なんの正当性もないと思うけど、よく警察もこんな映像を出したものだ。





平成28年9月25日


シャーロット 黒人射殺、遺族が動画公開


米南部ノースカロライナ州シャーロットで警官に黒人男性が射殺された問題で、
男性が撃たれた当時の様子を撮影した動画が23日、遺族によって公開された。提供を受けた米主要メディアが一斉にウェブサイトに掲載した。


@警察の銃で囲まれたら手を上げて伏せればいいけど、屈辱なのか黒人はそれをしないから、撃たれるわな。






平成28年9月24日


安倍、カストロと会談 歴代総理で初のキューバ訪問 首脳会談へ 医療機材整備に12億円



キューバのラウル・カストロ国家評議会議長(右端)らとの会談に臨む安倍。


アメリカ訪問を終えた安倍総理大臣がキューバに到着しました。
日本の総理大臣がキューバを訪問するのは初めてで、まもなくラウル・カストロ国家評議会議長と首脳会談を行います。
キューバは旧社会主義陣営として北朝鮮と友好国であることから、安倍総理は、カストロ議長との会談では北朝鮮の核実験や
ミサイル発射への対応について連携を呼び掛けるほかに、拉致問題の解決に向けた協力も要請することにしています。
また、キューバはアメリカと国交を回復したことで市場拡大が見込めるため、日本企業の進出や投資拡大を見据えて経済面での関係強化も図ります。
キューバには近日中に中国の李克強首相が訪問を予定していて、日本側には今回の訪問で、この地域で存在感を高める
中国に対抗する狙いもあります。


@安倍は、同国のがん医療向上に必要な器材の整備費として約12億円の無償資金協力を表明。
両首脳は、日本側が経済協力の柱と位置付ける「キューバ・日本医療センター」設立に向けた調査に着手することでも合意した。

会談後、両首脳立ち会いの下、渡辺優駐キューバ大使とマルミエルカ貿易・投資相が無償資金協力の交換文書に署名した。
キューバが昨年、米国と国交正常化で合意し、長年にわたった対立関係に終止符を打ったことを受け、
日本もキューバとの経済協力拡大に本格的に乗り出す。
安倍は会談で、そのための具体策として、(1)投資案件の早期実現に向けた副大臣級会議の開催(2)国際協力機構(JICA)のキューバ事務所開設
(3)今後3年間で若者100人以上を日本に招待―などを提示し、関係強化に取り組む方針を伝えた。





平成28年9月23日


米・黒人射殺で大規模デモ、州知事「非常事態宣言」発令


暗闇の中、デモ隊と警察官による攻防は激しさを増しています。
発端は、アメリカ東部ノースカロライナ州で20日、事件の容疑者を追っていた警官が黒人男性を射殺したことです。
警察は「男が銃を持っていた」としていますが、目撃者や男性の家族は「持っていたのは本だった」と主張。
また、この男性は警察が追っていた人物ではなかったことも判明しました。
これに対し、大規模な抗議行動が発生しました。
現地21日夜にはデモ隊数百人が花火を投げたり商店を襲ったりするなど一部が暴徒化。警官隊は催涙ガスなどを使って、鎮圧をはかりました。
混乱の中で1人が撃たれ重体になっていますが、警察は「民間人が民間人を撃った」としています。
一方、警官16人が負傷、ノースカロライナ州知事は非常事態宣言を発令し、シャーロットに州兵を配置しました。


@基本、白人は黒人が怖いんだよ。すぐ差別したとか被害者意識強いからネ。見てても分かるし・・・・普通の日本人が、血の気が多くてすぐ騒ぐ在日朝鮮人が怖いのと同じ構造だね。





平成28年9月23日


フリーダム級沿海域戦闘艦、USS Wichita (LCS 13) 7番艦が進水





米ウィスコンシン州のマリネットマリン造船所で、米海軍最新の沿海域戦闘艦、LCS-13「ウィチタ」が正式に進水した。同艦はフリーダム級の7番艦。

@最高速:45ノット。主機関にはCODAG方式を採用しており、巡航機としてはSEMT ピルスティク16PA6B STCディーゼルエンジン(単機出力8,700馬力;
フェアバンクス・モース・コルトによるライセンス生産機)、加速機としてはロールス・ロイス マリン トレントMT30ガスタービンエンジン(単機出力48,275馬力)が搭載される。
推進器としてはロールス・ロイス社製のカメワ153SIIウォータージェット推進器が採用された。
静止状態から最大戦速まで2分以下、30ノットから停止までの距離は3船長以下である。





平成28年9月20日


NY爆発で指名手配の男Ahmad Khan Rahami逮捕、警察と銃撃戦


ニューヨーク中心部と隣のニュージャージー州で相次いだ爆発事件で、FBI(連邦捜査局)などは指名手配していたアフガニスタン出身の28歳の男を逮捕しました。
逮捕されたのはアフガニスタン出身でアメリカ国籍のアハマド・カーン・ラハミ容疑者(28)で、警察との銃撃戦の際、けがをして、病院に運ばれました。
ラハミ容疑者は、いずれも17日に起きたニューヨークのマンハッタン中心部で29人がけがをした爆発事件と
ニュージャージー州のマラソン大会でパイプ爆弾が爆発した事件に関与した疑いが持たれていて、19日に当局から指名手配されていました。
「どこから見ても事件はテロだったと言える」(ニューヨーク市 デブラシオ市長)
捜査当局は、爆発はテロ事件だったとして、ラハミ容疑者の動機やテロ組織との関係について捜査を進めています。


@以外に、米国の警察・FBIは優秀だね。





平成28年9月20日






inserted by FC2 system