米軍及び北米南米動向 X
米軍及び北米南米動向 W 米軍及び北米南米動向 V 米軍及び北米南米動向 U 米軍及び北米南米動向 T


NY爆発は手製爆弾か 連続テロ?携帯電話に共通点


29人が負傷したニューヨークの爆発事件で、捜査当局は手製の爆発物が使われたとの見方を強めていることが分かりました。
ニューヨーク州のクオモ知事は18日、今回の爆発事件について「テロ行為だ」という見方を示しました。
ただ、国際テロ組織との関連を示す証拠は見つかっていません。
これまでの捜査で、使われた爆発物が専門知識がなくても作れる手製だった可能性が高いことが明らかになりました。
この手製の爆発物は、爆発現場の近くで見つかった圧力鍋のような爆発物と形状が似ていたということです。
また、アメリカのメディアは捜査当局の見方として、ニューヨークの爆発物に付けられていた携帯電話と同じ日に
隣のニュージャージー州の爆発で使われた携帯電話のタイプが似ていると伝えました。捜査当局は関連を調べています。


@改造拳銃とか手製爆弾とか、昔から素人の中にご禁制品を造る手先の器用な奴がどこの国にもいるんですよね。





平成28年9月19日


NYで大きな爆発 29人ケガ


アメリカ・ニューヨークのマンハッタンで17日夜、大きな爆発があった。
これまでに29人がけが、うち1人が重傷。警察は爆発は「意図的なもの」との見方を示した。
爆発の瞬間とみられる防犯カメラの映像には、大きな衝撃が起きた後、人々が走って逃げる様子が映っている。
爆発があったのはマンハッタンのチェルシー地区で、現地時間17日午後8時半ごろ、大きな爆発音が響いた。これまでに29人がけが、うち1人が重傷。
目撃者「当時、まさにここにいて大きな爆発が見えました。かなり大きな音がして、金属棒などが倒れたのかと思い怖かった」
警察などは会見で、爆発は「意図的なものである」と述べ、偶発的な爆発ではないとの見方を示したが、現時点で「テロとの関連は不明」だとしている。
ニューヨーク・デブラシオ市長「現時点ではテロ組織からの脅威はない。はっきり言えることは初期の調査でこれは意図的な行為だとみている」
警察は現在、爆発の原因の特定などを進めている。また最初の現場から数百メートル離れた場所では別の不審物が見つかり、警察が処理を進めている。
NBCテレビによると、不審物は圧力鍋に携帯電話がくくりつけられたものだという。
現場は普段から人通りの多い場所で、日本総領事館は日本人が巻き込まれていないかどうか確認中だという。


@いつの時代にも、この地球上に安住の地はありません。





平成28年9月18日


米警察、13歳少年を射殺 BBガンを銃と間違え オハイオ州


米オハイオ(Ohio)州コロンバス(Columbus)で14日夜、強盗事件の通報を受けて出動した警察官が、
低性能のエアガンである「BBガン」を手にした13歳の黒人少年を射殺する事件があった。地元警察が明らかにした。
米国では黒人が警察によって射殺される事件が相次ぎ、警察の対応をめぐる抗議行動や全国的な議論が巻き起こっている。
当局によると、コロンバスで警察による発砲事件が発生したのは今年に入って13件目で、うち5件で容疑者が死亡、別の1件で警察官1人が死亡している。
死亡したのはタイリー・キング(Tyree King)君。
警察が出した声明によると、路地で警察と対峙(たいじ)した際にBBガンを取り出したことから複数回発砲を受け、
搬送先のネーションワイド小児病院(Nationwide Children's Hospital)で死亡が確認された。
警察官らは、武装強盗の通報を受けて出動していた。通報では、複数の容疑者が被害者に近づき、うち1人が銃を取り出して金銭を要求したとされていた。
警察官らは容疑者の特徴に合致する男3人を発見。警察が近寄ると、3人のうち2人が逃走した。
逃げた2人を警察が路地に追い込み、「身柄を拘束しようとした際に1人がベルトから銃を抜いた」ため、
「警察官1人が発砲し、同容疑者を複数回撃った」としている。その後、少年が手にしていたのがBBガンであることが判明したという。


@たまたまBBガンだったと、言うだけの話。白だろうが黒だろうが、大人だろうが子供だろうが、そうしたそぶりをすれば射殺されるのがアメリカの常識。





平成28年9月16日


F−16のパイロットを救った Auto-GCAS 自動地上衝突回避システム


@automatic ground collision avoidance system (Auto GCAS)





平成28年9月14日


米戦略爆撃機、13日、朝鮮半島出動へ


聯合ニュースなど韓国メディアは11日、北朝鮮の5回目の核実験強行を受けて、米戦略爆撃機が早ければ12日にも、朝鮮半島に出動すると報じた。
韓国防衛の決意を強調し、北朝鮮をけん制する狙いがあり、グアムのアンダーセン空軍基地に展開しているB1BかB52の可能性が高いという。
北朝鮮の4回目の核実験直後の1月10日には、B52爆撃機1機が韓国上空を飛行した。 


@小出しにせず、全機出して本気でビビらせてやれ。





平成28年9月12日


米最新ズムウォルト級ミサイル駆逐艦、太平洋艦隊の母港サンディエゴに向かう


米海軍最新・最先端のズムウォルト級ミサイル駆逐艦がバス造船所でフル装備され、新たな母港・サンディエゴに向かった。
2番艦3番館艦は2018年19年にすべて太平洋艦隊に配備される。


@これがでかいですよ。全長183m そのうち横須賀に遊びに来ます。





平成28年9月10日


軽装甲機動車LAV-25 (Light Armored Vehicle) 25mm Gun & Anti-Tank Missile Firing


@アメリカ海兵隊が使用する水陸両用の8輪式歩兵戦闘車(IFV)。M240 7.62ミリメートル機関銃、25ミリ機関砲、BGM -71 TOW対戦車ミサイル装備。





平成28年9月9日


米 小惑星ベンヌ探査機、打ち上げ成功 「オシリス・レックス」 7年後に帰還


米航空宇宙局(NASA)は8日、地球近傍小惑星「ベンヌ(Bennu)」に向け、探査機「オシリス・レックス(OSIRIS-Rex)」を打ち上げた。
NASA初となる小惑星探査機によるサンプルリターンミッションで、2023年にサンプルを地球に持ち帰る計画だ。
探査機オシリス・レックスは、米フロリダ(Florida)州ケープカナベラル空軍基地(Cape Canaveral Air Force Station)から
8日午後7時5分(日本時間9日午前8時5分)に打ち上げられた。約8000人の人々が打ち上げを見るために周辺に集まった。

参考:探査機が試料回収を試みるのは、地球に最も近い小惑星の一つのベンヌ(直径約500メートル)。
2018年に到達し、観測を始める。
その後、探査機はロボットアームを伸ばして表土を60グラム以上採取し、専用カプセルに入れて地球に送り返す。
ベンヌは太陽系の誕生直後の約45億年前にでき、今も当時のままの成分が残っているとされる。
炭素や水を含み、アミノ酸などの有機物もあるとみられる。
太陽系の起源や生命誕生の謎に迫る成果が期待される。
小惑星からの試料回収は、日本のはやぶさが10年に成功した。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14年末に後継機「はやぶさ2」を打ち上げており、20年末には別の小惑星の試料が地球に届く予定。
NASAとJAXAは、研究用に試料の一部を提供し合うことで合意している。


@アメリカも、やっとここまでこぎつけたか。離れず、ついてこいよ。成功を祈る。








平成28年9月9日


米軍史上最大の演習 F-35AライトニングII EA-18Gグラウラー E-3セントリー&C-17グローブマスター大展開


@圧巻、まさに抑止力。F-35AライトニングII EA-18Gグラウラー E-3セントリー&C-17グローブマスター。

Independence Day状態。



平成28年9月7日


燃えさかる火の玉投げ合い…エルサルバドル 日本でもやろうぜ!


中米のエルサルバドルで、人々がちょっと荒っぽい祭りを楽しんだ。
燃えさかる火の玉を思い切り投げ合う覆面姿の男たち。これは、先月31日、エルサルバドルのネハパで行われた、毎年恒例の「火の玉祭り」。
ロイター通信によるとこの祭りは、約100年前に起きた火山の噴火の際、町にまで及んだ火の勢いを、
神父が祈りの力で止めたという話に由来するとも言われ、ガソリンを染み込ませた布の玉を、二手に分かれたグループで投げ合う。
火が服に燃え移り、観衆が慌てる一幕も。ルールも何もないこのお祭りだが、今のところ大きなケガをした人はいないという。


@日本でも、機動隊に守られてちまちま罵り合っていないで、右翼と左翼、右翼と在日に分かれて街の真ん中で
歩行者天国のような解放区をつくってお祭りとしてやり合えばいいんだよ。楽しいぞ〜〜〜〜





平成28年89月2日


ブルキニ、カナダは禁止せず=首相「個人の権利尊重」呼び掛け



ブルキニを着て海に入る女(右)

フランスの一部自治体が、肌の露出を抑えたイスラム教徒女性向け水着「ブルキニ」の着用を禁止した問題で、
カナダのトルドー首相は22日、同国では禁止しない方針を示し、「個人の権利と選択の尊重」を呼び掛けた。閣議後、記者団に語った。
トルドー氏は対話の重要性を強調。「受容、寛容さ、友好、理解がわれわれの目指すものだ」と述べた。
フランスでは、86人が死亡した7月14日の南部ニースのトラック突入テロを受け、公共の秩序を乱すとして、
同市を含め15自治体がブルキニの着用を禁止。
カナダ東部のフランス語圏ケベック州選出の国会議員らも着用禁止を求めていた。


@一般的なイスラム教徒は、原理主義者だけを悪者にしているが、君たちに自浄作用が働かないのであれば、ほかの惑星で固まってやって欲しい。
大体、同じイスラム同士でありながら、スンニとシーアに分かれて罵倒し合って殺し合っている。
日本の刑務所でも食い物に宗教上の問題とかでいちゃもんを付けて騒いでいるけど、お前ら一体何様の積りだよ。


平成28年8月24日


F35の優位強調=シナ戦闘機「比較対象でない」−米軍



我が国の航空優勢を守り抜く、F−35A。


米国などが開発を進め、日本も導入する最新鋭ステルス戦闘機F35の信頼性を疑問視する声に対し、米軍が不安払拭(ふっしょく)に努めている。
ゴールドフェイン空軍参謀総長は、ライバルと目される中国が開発中のステルス戦闘機「殲20」についても「比較するのは適切でない」とF35の優位を訴えている。
カーライル航空戦闘軍団司令官は今月2日、空軍使用のF35Aの実戦配備が可能になったことを発表し、
「(現代の戦場で)最も有力な航空機になるだろう」と強調。ゴールドフェイン参謀総長も10日、敵機の情報を複数機で
共有する能力は「(殲20などに対して)釣り合わないほどの優位にあり、適切な比較対象ではない」と豪語した。
F35は日本の自衛隊が次期主力戦闘機として導入を決めており、年内にも一部の引き渡しを受ける予定。
米軍は2017年に岩国基地(山口県岩国市)に配備する計画だ。


@問題は、ロシアのT-50(PAK FA)だけだけど、シナに渡る事はないと思うので、F-35がアジアで最強になるよ。
今の時代、ステルス同士でのドッグファイトなんてまずあり得ないし、ヤバいと思ったら逃げればいい。
シナのステルス性能をどれだけ早く裸にするかというバックアップがとれるかどうかで、勝敗は決まる。
そんな場合、勉強会でも話したけど、日本の技術力がものを言うんだよ。
簡単に言うと、レーダー電波の送信受信を別の場所でやると言う事。地上なら簡単だけど、F-35ならAWACSで受ければ、敵は丸裸。
その場合、AWACSの数が足らないから、後数機は揃えて欲しいね。


平成28年8月22日


イスラム教の指導者らが銃撃され死亡 NYのモスク付近・・・トランプ批判が始まった!!


米ニューヨーク市クイーンズ地区のモスク(イスラム礼拝所)付近で13日、イスラム教の指導者ら2人が銃撃されて死亡する事件が起きた。
市警によると、犯人の男は逃走しており、動機は不明。ロイター通信によると、市警は2人が信仰を理由に狙われた可能性も含めて捜査しているという。
市警などによると、同日午後2時ごろ、イスラム教の指導者の男性(55)と知人の男性(64)の2人が
モスクを出て歩いていたところ、背後から近づいてきた男にいずれも頭部を撃たれた。
ロイター通信によると、2人は宗教的な服装だった。犯人の男は半ズボンにポロシャツ姿で、発砲後そのまま逃げたという。


@次から次へと、飽きもせずよく続くものです。でも何か意図を感じますね。トランプ潰しの・・・・・





平成28年8月14日


「イスラム国」支持者、カナダでタクシー内で爆死 テロ計画か


カナダで過激派組織「イスラム国」を支持する男が爆発物を爆発させて死亡しました。
警察は、男が新たなテロを起こす可能性があったとみています。
地元警察によりますと、カナダ東部オンタリオ州で10日夕方、「イスラム国」を支持するアーロン・ドライバー容疑者(24)が客として
乗っていたタクシーの車内で爆発物を爆破させ、その後、死亡が確認されました。
ドライバー容疑者は事件前、「イスラム国」に忠誠を誓うビデオを作っていて、発見したアメリカのFBI(連邦捜査局)がカナダ側に連絡していました。
警察は、ドライバー容疑者が72時間以内に人が集まる場所でテロを起こす可能性があったとしています。


@逮捕歴があるようですが、よく阻止しましたね。タクシーの損傷からしても、たいした爆発物ではなかったようですが。





平成28年8月13日


尖閣で暴走するシナ封じ込め 米空軍がグアムに“見えない爆撃機B2”を配備した狙い



B2ステルス戦略爆撃機


日米両国が、暴走する中国の封じ込めに乗り出した。
沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に、中国海警局の公船や漁船が挑発的な侵入を繰り返していることを受け、
外交・安保情報を共有するだけでなく、日米同盟の存在感をアピールしているのだ。
こうしたなか、米戦略軍はグアムの空軍基地に、「見えない爆撃機」として恐れられるB2戦略爆撃機を緊急配備した。
「(尖閣は)日本の施政権下にある」「状況を注視している」
米国務省のトルドー報道部長は9日の記者会見で、こう語り、日米両政府が緊密に連携して対応する考えを示した。
尖閣周辺での中国公船の領海侵入は5日以降、継続している。
海上保安庁によると、9日、接続水域を航行した公船は13隻で、うち4隻が領海に侵入した。
近くには、海上民兵が乗り込んでいるとみられる約300隻もの漁船が集結している。
中国の暴走に対し、岸田文雄外相は同日、中国の程永華駐日大使を外務省に呼びつけた。
8分間も待たせる“外交非礼”を意図的に演じ、強烈な抗議の意思を伝えた。
さらに、中国公船の活動状況や、日本政府の対応に関する資料を外務省HPなどで公表し、国際世論にも訴えている。
中国は先月、ハーグの仲裁裁判所で、南シナ海における主権を全面否定される裁定を受けた。
現在、習近平指導部が党長老と重要議題を協議する「北戴河会議」が行われているとみられる。
習指導部は求心力を維持するため、無謀な挑発を仕掛けているようだ。
自衛隊は警戒態勢を敷いているが、同盟を組む米軍も黙ってはいない。
米戦略軍は9日、米領グアムのアンダーセン空軍基地に、B2戦略爆撃機3機を一時配備したと発表した。
B2爆撃機は「全翼機」と呼ばれる特殊な形状を採用し、高いステルス性能を持つ。
通常爆弾のほか、巡航ミサイルや核爆弾も搭載可能で、大ヒット中の映画「シン・ゴジラ」にも登場している。
同軍のヘイニー司令官は「地域の安全保障体制を支援するという米軍の決意を示している」と強調しており、
中国の暴走を軍事的に牽制しているのは間違いなさそうだ。


@もう、航空機(先週、グアムに核搭載のB1B戦略爆撃機を配備したばかり)を配備したり、演習で脅しをかけている場合じゃないと思うけど・・・・・
実際の話、なにをしてもオバマも安倍も何もできないとたかをくくられている。


平成28年8月11日


シカゴで黒人男性が警官に射殺される


アメリカ中西部のシカゴで、また黒人男性が警官に射殺されました。
丸腰の男性に向け立て続けに銃が発砲される映像が5日公開され、衝撃が走っています。
これは、警官が身につけていたボディカメラの映像。
警官たちは盗難車である黒い車に向け発砲します。
その後、盗難車は、他のパトカーと正面衝突。運転していた青年は、民家の敷地内に逃げ込み、警官たちも後を追います。
そして、立て続けに銃声が響き、取り押さえられた青年の背中は血まみれです。
丸腰にもかかわらず撃たれた青年は、その後死亡しました。
発砲した警官3人は職務停止処分を受けたということです。


@これは撃たれてもしょうがない感じだと思うし、逃げると言う事はそういう結果しかついてこないよね。





平成28年8月6日


リオ五輪会場近くで、反対派が暴徒化


5日のリオデジャネイロ五輪開会式で、ブラジルのテメル大統領代行が開会を宣言した際、一部の観客が罵声を浴びせた。
テメル氏に罵声を浴びせる計画は、事前にインターネット上で呼びかけられていた。
2014年にブラジルで開催されたサッカー・ワールドカップの開会式では、観衆がルセフ大統領に向かって、
当時の反政府デモの合言葉「くそでも食らえ」を唱え、競技場が異様な雰囲気に包まれた。
ルセフ氏は現在、国家会計を粉飾した疑いで弾劾裁判にかけられ職務停止中だが、
ルセフ政権で副大統領だったテメル氏を「同じ穴のむじな」と見る国民は多い。
テメル氏は現地紙のインタビューで、開会式での罵声について「覚悟している」と話していた。


@良く開催できたと思うよ。それにしても治安悪すぎ。ただ、日本の選手団も応援団も大勢行っているので、無事に終わる事を祈っています。





平成28年8月6日


米空軍偵察機3機、ロシア国境に接近


米国の戦略偵察機RC-1353機が月曜、バルト海と極東のロシア国境に相次いで接近した。
軍用機の動きを追跡している西側サイトより。
英国の空軍基地「ミルデンホール」から出発したテール番号64-14844および64-14849、コールサインABYSS91およびFAZIO99の
偵察機がバルト諸国とカリーニングラード州の境界線に接近。
別の米空軍偵察機、テール番号64-14845がチュクチ地方のアナディリに近づいた。
最近、米国はバルト地域と極東ロシアの国境に沿った偵察飛行の数を大幅に増加させている。


@バルト海では、本年4月にも偵察飛行中のRC-135にSu-27が急接近して挑発したり、
同4月、Su-24が米イージス艦ドナルド・クックの煙突と同じ高さまで降下して飛行したりとバルト海は米ロが直接ぶつかる要素100%地域です。
楽しいと言えば楽しい地域です。





平成28年8月2日


米国はハッカー攻撃(ハッキング)のために潜水艦を使用している


「潜水艦は米国のサイバー戦略の重要な構成要素である。潜水艦はサイバー攻撃から自分自身と国を守っており、
さらに興味深いのは、潜水艦がサイバー攻撃の実施で重要な役割を担っていることだ。
これについて最近ワシントンで開かれた会議で米海軍の代表者2名が述べた」と伝えた。
米国の潜水艦隊は敵に対する競争上の優位性を得るためにずいぶん前から情報技術を使用している。
潜水艦は1970年代からソ連の海底ケーブルに接続し、情報を傍受するために使用されていた。
WPによると、現在米国の潜水艦には特に保護が不十分だったり暗号化されていないネットワークのデータを傍受、
変更するために使用できるアンテナが装備されている。
米国は今後、潜水艦を水中無人機用の基地にする意向だという。
水中無人機は外国の岸へさらに近づき、ネットワーク障害を起こしたり、ネットワークに侵入することができる。
なお潜水艦は今のところはまだ距離を置いて活動を続ける見込みだという。


@電子戦の優位を保つ為に各国は、莫大な資金をつぎ込んで開発に勤しんでいるが、なんてことはない。最後は、核のボタンを押せば一丁あがり。

ただ、そうならない為の隠し玉が原潜だ。必ず核の報復攻撃を喰らうと分かっていれば、ボタンは押せないものだ。
そして、この原潜のハッカー攻撃(ハッキング)もその一環であり、まさに現代戦における原潜の主任務とも言える。





平成28年8月1日


米テキサス オースティンで何者かが発砲、1人死亡 多数の負傷者


米オースティンで何者かが発砲、多数の負傷者が出ている模様。地元警察公式Twitterで発表された。
「何者かが市内中心部で発砲、多数の負傷者が出ている。
中心部には行かないように」とのこと。
市の緊急課によれば、銃撃により、少なくとも1人が死亡、3人が負傷した。死亡者は30から40歳の女性。


@女性が、1人死亡した模様。EMSの職員が3名が負傷して病院。








平成28年7月31日


無抵抗の黒人男性に発砲か=司法長官が情報収集−米


米フロリダ州ノースマイアミで18日、支援施設から逃げ出した自閉症患者をなだめていた黒人の男性職員が、
緊急通報で駆け付けた警官に拳銃で脚を撃たれた。
警官は無抵抗の男性に発砲したとみられ、一連の黒人射殺で高まる警察への反発が一段と強まる恐れがある。
リンチ司法長官は21日、今回の事件について情報収集していると表明した。
米メディアによると、撃たれたのはチャールズ・キンゼイさん(47)。
キンゼイさんが道路で男性患者をなだめていたところ、「武器を持った男が自殺しようとしている」との通報を受けて
複数の警官が現場に到着。キンゼイさんは道路にあおむけになって両手を上げながら「私は行動療法士だ。
彼が手に持っているのはおもちゃのトラックだ」と事情を説明したが、警官に脚を撃たれたという。


@先ず発砲してから、状況をみると言うのがアメリカ社会。良いも悪いもない、ただそれだけの話。

昨日は、ジョンウェインのアラモ(アラモ砦)を久々に観た。





平成28年7月22日


警官3人撃たれ死亡か=黒人射殺事件のバトンルージュ―米ルイジアナ州


米CNNテレビによると、南部ルイジアナ州バトンルージュで17日午前9時(日本時間同日午後11時)ごろ、
銃撃があり、少なくとも7人が撃たれ、うち警官3人が死亡した。
他の米メディアでは、死者数は2人という情報もある。捜査当局が容疑者の特定を急いでいる。
バトンルージュ市のキップ・ホールデン市長は17日、NBCテレビに対し、警官たちは「銃声が聞こえた」と通報を受け、
現場に駆け付けたところ、待ち伏せされたと説明。地元警察報道官は、容疑者も撃たれたが、生死は不明と語った。
容疑者が一人かどうかは分かっていない。
バトンルージュでは5日、コンビニエンスストア付近でCDを売っていた非武装の黒人男性が白人警官2人にねじ伏せられた上、
射殺される事件が起きたばかり。
米国では、各地で相次ぐ警官による黒人射殺を受けた警察への抗議デモが広がっている。
7日にはテキサス州ダラスで警官5人が狙撃され死亡する事件が起きている。
狙撃犯とみられるマイカ・ジョンソン容疑者は射殺される直前「白人、特に白人警官を殺したかった」と話したとされる。 


@黒人対白人警官の報復合戦、しばらく続きますね。






平成28年7月18日


米カリフォルニアで発砲、14人撃たれ2人重体


米カリフォルニア州中部ベーカーズフィールドで16日未明、個人宅の前で開かれていたパーティーの参加者に
通りかかった車から複数回の発砲があり、少なくとも14人が胸などを撃たれ、病院に搬送された。
警察によると、2人が重体。
現場は住宅地で、パーティーには約150人が参加していたという。犯人像など詳細は判明していない。


@これは、ガキ同士の喧嘩の模様。





平成28年7月17日


カナダ人司祭、シリア難民支援金4000万円を着服


カナダ・オンタリオ(Ontario)州ロンドン(London)で、シリア難民の定住支援目的で募った50万カナダドル(約4000万円)超を着服した罪でカナダ人司祭が起訴された。
この司祭はイラク首都バグダッド(Baghdad)に本拠を置くカルデア・カトリック教会(Chaldean Catholic Church)のアメール・サカ(Amer Saka)被告(51)。
数年前から難民支援プログラムに携わっていた。
地元警察が14日明らかにしたところによると、サカ被告はシリアから内戦を逃れてカナダに渡った難民支援のために
20人を超える有志者から集めた資金を着服しギャンブルで使い果たしたとされる。捜査の範囲は州内だけでなくカナダ移住を希望する難民がいる米国など各国に及んだ。
同教会カナダ教区のエマニュエル・シャレータ(Emanuel Shaleta)司教は、サカ被告を問いただしたところ着服した金は
すべてギャンブルで使い果たしてしまったと告白したと、地元メディア「ロンドン・フリー・プレス(London Free Press)」に語っている。
警察は難民基金をめぐる捜査を今年2月に開始。
これとともにサカ被告はオンタリオ州の同協会ハミルトン(Hamilton)教区から停職処分を受け、今月13日に逮捕され、詐欺などの罪で起訴されたが保釈が認められた。
ロンドン・フリー・プレスによると、裁判所は保釈に際し、全てのカジノへの立ち入り禁止を被告に命じたという。


@善光寺でも、世俗的な(小松貫主のセクハラ)クソ話で盛り上がっています。ローマもそうだけど、基本エロい変態牧師が多い。朝鮮半島なんて話にならない。


平成28年7月16日


かと思えば8人の受刑者が、心臓発作を起こした看守を救う・・・綺麗事しか言わない民進や共産に騙されないで


@モニターを観ていた看守が異常に築いて、電子ロックを解除したのでしょうか? だったら、ロックを解除せずに別の看守にすぐに知らせれば済むし・・・・ 
最初から鍵がかかってなかった? 刑務所ではあり得ないと思いますけど・・・・皆、罪を背負っている犯罪者なんだろうけど、いい奴らでよかったね。
シナの手先のくせにそれを隠して、偽善者ぶって、戦争に反対する民進や共産のクズよりは余程人間的に素晴らしい連中だと思います。
動いていないのが二人いるけど、身体拘束用の白い服着せられてるよにみえます。





平成28年7月11日


米警察の黒人射殺、デモ隊が一部暴徒化 200人超拘束


米国各地で9日夜から10日にかけ、先週2件相次いだ警察による黒人射殺事件への抗議デモが行われ、
一部地域で暴動に発展、当局によると合わせて200人以上が身柄を拘束された。
デモの大半は平穏に行われた。武器を持たない黒人を警官が殺傷する事件が相次いだことを受け数年前に始まった
「ブラック・ライブズ・マター(Black Lives Matter、黒人の命も大切だ)」運動に触発された人々が、
ニューヨーク(New York)、ロサンゼルス(Los Angeles)、サンフランシスコ(San Francisco)などでデモを繰り広げた。
だが当局によると、ミネソタ(Minnesota)州セントポール(Saint Paul)では本格的な暴動が発生し、102人が身柄を拘束された。
警察によると、抗議行動に出た人々は高速道路を閉鎖し、石や瓶、花火、火炎瓶、金属棒などで警官を襲ったという。
暴動は数時間にわたり続き、警官21人が負傷。うち1人は、橋の上から落とされた重さ約11キロのコンクリート片を頭に受けけがをしたという。

先週起きた黒人射殺事件のうちの2件目は、セントポール近郊で発生した。両事件ではともに、
事件発生当時の様子を捉えた戦慄(せんりつ)の映像がネット上で拡散した。
最初の事件が起きたルイジアナ(Louisiana)州バトンルージュ(Baton Rouge)では、
地元メディアが報道した警察の発表によるとデモ参加者100人以上が拘束された。
その中には「ブラック・ライブズ・マター」運動を率いる活動家で、事件の様子をインターネットでライブ配信したディレイ・マケッソン(DeRay McKesson)氏が
含まれているとされる。


@日本の軽薄な左翼もそうだけど、考える能力がないというか、偽善という事すら分かっていないから始末に悪い。8月15日に解散するそうだけど・・・





平成28年7月11日


ダラス銃撃で「爆弾ロボット」ロボコップ初使用、警察の科学技術利用に変化



Andros(アンドロス)


米テキサス(Texas)州ダラス(Dallas)で起きた警官の暴力に対する抗議デモ中に発生し警官5人が死亡、
警官と民間人合わせて9人が負傷した銃撃事件の容疑者が「爆弾ロボット」で爆殺された。
米警察が自動装置を使って人間を殺害した初めての例である可能性があり、警察における科学技術の役割拡大を示している。
ダラス市警察のデービッド・ブラウン(David Brown)署長は8日、警官5人が殺害された後、
それ以上の危険を冒すことなく狙撃犯に対処するには「爆弾ロボットを使用する以外の選択肢はなかった」と報道陣に語った。
ダラス当局は爆弾ロボットの詳細について明らかにしていないが、同市の危機管理部門の目録には、
米航空宇宙大手ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)が爆発物処理・軍用に開発したロボット「Andros(アンドロス)」が記載されている。
一部メディアは、狙撃犯殺害にこのロボットが使用されたのではないかと報じている。
ダラスで用いられたものがなんであろうと、警察や軍の危険をはらんだ
任務に対処するためロボットの使用は拡大するとみられている。


@空を越えてラララ星のかなた〜なんて歌っていた夢のような鉄腕アトムが、今や現実のものとなり、火星探査機の原動力となって活躍しています。

これも、科学の進歩、人間の英知というか時代の要請なのでしょう。態々、大宇宙の創造主が与えた核兵器や原発に反対しなくても、
太陽も地球もいずれ完全に消滅します。
それでも飽き足らず、未だに人間同士で殺し合っていますけどね。
人間の命は地球より重いとか、平和平和と叫んでいる皆さん、止めてみなさいよ。


平成28年7月9日


アフガン帰還兵で黒人のマイカ・ジョンソンが、背後から白人警察官にありったけの銃弾を浴びせた場面


@バックアップなしで戦いを挑んだ白人警官の単独行動が、死を招いたって感じです。相手はアフガンで戦い抜いてきた陸軍の兵士です。





平成28年7月9日


米  黒人銃撃抗議デモで警察官11人撃たれ4人死亡・・・アメリカは、警官をみな黒人にしろ!


黒人の男性が警察官に銃で撃たれて死亡する事件が相次いだことを受けて抗議デモが行われていたアメリカ南部のテキサス州で、
少なくとも2人が警察官に向けて銃を発砲し、これまでに11人の警察官が撃たれ4人が死亡しました。
警察は、容疑者2人を拘束したとしています。
黒人の男性が警察官に銃で撃たれて死亡する事件が相次いだことを受けて7日、テキサス州ダラスで警察に抗議するデモが行われていた際
、少なくとも2人が警察官に向けて銃を発砲しました。
地元の警察によりますと、これまでに警察官11人が撃たれ、4人が死亡したということです。

警察は、容疑者とみられる1人の男について、ライフル銃を持って歩いている写真を公開するなど行方を追っていましたが、
この男を含む2人を拘束したと明らかにしました。
また、容疑者らが街なかに爆弾を仕掛けようとしていたという情報もあり、警察とFBI=連邦捜査局が捜査を進めています。
アメリカでは、5日に南部ルイジアナ州で黒人の男性が白人の警察官に取り押さえられたうえ銃で撃たれて死亡したのに続いて、
6日中西部のミネソタ州でも、黒人の男性が警察に車を止められたあと銃で撃たれ死亡する事件が起きました。
これを受けて、首都ワシントンやニューヨークなど全米各地で警察に対する抗議デモが行われていて、ダラスでも1000人近い市民が参加し、
警察官100人が警戒にあたっていました。


@だから、朝書いた通りじゃないか。これで、トランプの人気がまた上がり、黒人が職質で大量に警官に撃たれるよ。

白人は怖いんだよ、黒人は笑ってるのか怒っているのか表情が読めないから。それか、警官をみんな黒人にするとか・・・・





平成28年7月8日


今度はミネソタでも、警官が黒人男性射殺 免許証取り出そうとしたところ発砲


米中西部ミネソタ州で6日、黒人男性が警官に射殺された。5日には南部ルイジアナ州でやはり黒人男性が警官に射殺され、抗議が続いている。
ミネソタ州セントポールの地元メディアなどによると、郊外住宅地ファルコンハイツで自動車の後部ライトが壊れていたため
警察に呼び止められたフィランド・カスティールさん(32)が、警官に撃たれて死亡した。
カスティールさんは私立校の食堂責任者だった。
血まみれのカスティールさんや銃を向けた警官の映像をインターネットで生中継していた恋人のラビッシュ・レノルズさんによると、
警察の命令に従い車を停めたカスティールさんは、自分は銃を隠し持つ許可を受けており今も銃を携帯していると警官に告げた。
その上で、免許証を取ろうと手を伸ばしたところで、警官に撃たれたという。
ビデオではレノルズさんが警官に「いま4発、撃ちましたね。免許証と車検証をとろうとしただけなのに」と言うのが聞こえる。


@こうした警察官が、異常に反応する背景も色々あるけどね。黒人が、すべて紳士である筈もないし・・・・トランプが人気者になる背景にこそ、
病めるアメリカの事の本質が隠されていると思うよ。
日本だってどうよ? 在日がでかい顔して日本人を取り囲んで逆差別が横行してるだろ。





平成28年7月8日


実写映像あり! 米南部、警官が黒人男性を射殺  


米南部ルイジアナ州バトンルージュのコンビニ近くで5日、銃を持った男がいるとの通報で駆け付けた白人警察官2人が
黒人男性(37)を取り押さえ、射殺した。
射殺した場面を撮影したとみられる動画がインターネット上で公開され、黒人の抗議活動が起きた。米CNNテレビなどが6日報じた。
 米司法省は人種差別を禁じた公民権を侵す行為がなかったかどうか捜査を始めた。
警察官2人の勤務経験はそれぞれ3年と4年で、警察は2人を停職処分とした。警察は男性が銃を持っていたと説明している。


@なんで? 相変わらず、米国もかなり病んでいます。





平成28年7月7日


セントラルパークで爆発 “何かを踏んだ”男性重傷


アメリカ・ニューヨーク中心部にあるセントラルパークで爆発があり、観光客の男性が大けがをしました。足を切断しなければならないかもしれないということです。
3日午前、ニューヨークにあるセントラルパークの岩場近くを歩いていた男性(18)が何かを踏んだ際に突然、爆発して左足に重傷を負いました。
男性は足を切断しなければならないかもしれないということです。捜査当局は、爆発物は何者かが自作して放置した可能性があるとみています。
テロの可能性を示す証拠は今のところ、確認されていません。当時、セントラルパークには観光客や地元の人たちが大勢訪れていました。


@ISなら、態々そんな場所で爆ぜさす事はないでしょうね。





平成28年7月4日


新鋭戦闘艦もハワイ訓練参加=対艦ミサイル発射試験も−米海軍


海上自衛隊などが参加するハワイ沖での環太平洋合同演習(リムパック)に、対艦ミサイルを搭載した米海軍新鋭の
沿海域戦闘艦「コロナド」(全長128メートル、3000トン)が参加することが28日、日米関係者への取材で分かった。
リムパックは中国を含め27カ国が参加し、今月30日から8月4日まで実施される。
演習後、コロナドは西太平洋に展開。横須賀基地(神奈川県)を拠点にする米第7艦隊などと合流し、中国が海洋進出する南シナ海などで警戒監視に当たる。
コロナドは三つの船体から成る三胴船で、高速で水深が浅い沿岸でも特殊作戦などの任務に就けるのが特長。
装備を入れ替えることができ、海軍によると、今回は初めて対艦ミサイル「ハープーン」(射程約180キロ)を搭載し、リムパックで発射試験を行う。 
南シナ海で任務に就く上で、機動性だけでなく、水上艦を攻撃できる戦闘能力があることを示し、中国をけん制する狙いがあるとみられる。
ヘリコプター型の無人偵察機MQ8「ファイアスカウト」(全長約7メートル)も積み、中国艦などの情報収集に投入するとみられる。同機は1回の飛行で約5時間滞空できる。


@今時、ハープーンを搭載していない戦闘艦はありませんです。








平成28年6月28日


北ミサイル探知訓練に米国の最新型無人機MQ−9が参加



MQ−9

南朝鮮、米国、日本の3カ国が今月末、ハワイ近海で実施する北朝鮮のミサイル探知・追跡訓練に、
米国の最新型無人機2機が初めて投入されることが分かった。
米国は近い将来、滞空時間の長い大型無人機に搭載可能な新たなレーザー兵器を開発する計画を進めている。
このレーザー兵器はミサイルが発射された際、その上昇段階でミサイルを破壊できるものだ。
このように北朝鮮の弾道ミサイルに対抗する防衛システムにおいて、無人機の役割は今後も一層高まりそうだ。
米軍の内情に詳しい消息筋は26日「北朝鮮のミサイルを探知し、追跡する訓練を今月28日実施する」「この訓練に投入される米国の最新型無人機は、
北朝鮮のミサイルを想定して発射された弾道ミサイルを追跡し、米国の地上中継所などにその情報を伝えることができる」などとした上で
「米国はMD(ミサイル防衛)体制において、今後無人機を積極的に活用する新たな計画を進めているが、
今回の訓練で無人機が投入されるのも、これら一連の計画に基づいたものだ」と説明した。
今回投入される無人機は従来の「リーパー(MQ9)」を改良した最新型で、特殊カメラなどを新たに装着し、
北朝鮮の弾道ミサイルを直ちに探知、追跡することが可能だ。
訓練では200キロほど離れた場所から仮想北朝鮮ミサイルを実際に追跡するデモンストレーションが行われるという。リーパーは全長11メートル、
翼の幅20メートルで、偵察の機能に加えて最大1.7トンの空対地ミサイル「ヘルファイア」やレーザー誘導爆弾などを搭載し、
敵を攻撃する能力も併せ持つ攻撃機だ。
翼の長さを大きくしたリーパーER型もすでに開発されており、滞空時間は16時間から22時間へと大きく伸びた。

今回の訓練には南、米国、日本の3カ国のイージス艦が参加し、北朝鮮の仮想弾道ミサイルを追跡しながら情報を共有する訓練を行う。
とりわけ米国と日本のイージス艦は敵ミサイルをSM3迎撃ミサイルで仮想ではあるが迎撃する訓練も行うという。
米国は新型無人機を非武装地帯(DMZ)周辺など北朝鮮の領空や領海の外で長時間滞空させ、
北朝鮮のミサイル発射を監視するシステムについても検討を行っているという。
実際に近くこの無人機を韓半島(朝鮮半島)に出動させ、実験を行う可能性も高いようだ。
米国は2020年以降、滞空時間が大幅に長くなった大型無人機にレーザー兵器を搭載し、北朝鮮がミサイルを発射した直後にこれを破壊する計画も進めている。
つまり無人機をミサイルの探知と迎撃の双方で活用する体制が近い将来、構築される見通しだ。


@ロフテッド軌道で攻撃してくる弾道ミサイルを迎撃するには、レーザーか、レールガンしかありません。日本も独自での開発が急がれます。





平成28年6月27日


米軍A10、高速道路で着陸訓練 ロシア国境近く 米欧州軍陸軍主導演習「セーバー・ストライク16」


米軍の欧州軍空軍当局者は26日までに、北欧エストニアでの合同軍事演習で米空軍の対地攻撃機A10型機4機が
ロシアとの国境に近い高速道路上に着陸する訓練を実施したと報告した。
この種の訓練は冷戦時代には珍しくなかったが、今回は過去30年余で初めてとなった。
「セーバー・ストライク16」と呼ばれる今回の軍事演習は米軍の欧州軍陸軍の主導。計13カ国が参加し、
エストニア、ラトビアやリトアニアのバルト海沿岸3カ国が舞台となっている。
北大西洋条約機構(NATO)加盟国やパートナー国に対し米軍はいかなる緊急事態にも対応可能な準備態勢にあることを示すのが狙いとなっている。
エストニアはNATOの一員で、ロシアとは約295キロにわたって国境を接する。ロシア・サンクトペテルブルクとの距離は約161キロと近い。
NATOとロシアとの関係はウクライナ危機などを背景に緊張状態にあり、バルト海3カ国ではロシアへの警戒感も高まっている。
米空軍の退役将校によると、ロシアがこれら3カ国に攻撃を仕掛けた場合、数に制限がある飛行場の制圧が最初の作戦目標となる。
それだけに航空機が着陸可能な代替場所の確保が3カ国の東部地帯の防御線構築に必要不可欠となる。


@こいつら、すごい戦闘訓練してますね。





平成28年6月27日


ミサイル防衛拡充=「脅威に先んじる」−米国防長官・北朝鮮ムスダン発射


カーター米国防長官は22日、北朝鮮による中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイルの発射に関し
「これまでより長い時間飛行した」との認識を示し、ミサイル防衛(MD)網を拡充していく必要があると語った。
訪問先のケンタッキー州のフォートノックス陸軍基地で、記者団に語った。
長官は「発射は今進めている方策を続けていく必要があることを示した。
すなわち、韓国や朝鮮半島の米部隊、日本、米領土を守るさまざまな迎撃範囲のミサイル防衛の構築だ」と指摘。
「ミサイル防衛の高い質を維持し、常に拡充していくことで、脅威の先を行かなければならない」と強調した。


@いつの時代でも、攻撃は最大の防御です。普通に戦争のできる国にする為に、占領憲法を改正しましょう。


平成28年6月23日


米空軍、F-16にレーザー誘導ロケット弾APKWSを搭載



Advanced Precision Kill Weapon System


米空軍はF-16戦闘機に、BAE製のレーザー誘導ロケット弾(APKWS)の搭載を開始した。
米空軍がこの武器を固定翼機に搭載するのはこれが初。英フライト・グローバル誌(電子版)が9日、伝えた。

射程:ヘリ5000m f-16 2-11キロ
スピード マッハ2.9
1発 30000ドル


@アフガン戦争で、地上部隊が攻撃対象にレーザーを照射して攻撃ヘリがその誘導を受けでミサイルを発射すると言うお馴染みのものです。A−10にも搭載されています。





平成28年6月21日





inserted by FC2 system