ロシア軍及びロシア動向 \ ロシア軍動向 [ ロシア軍動向 Z ロシア軍動向 Y ロシア軍動向 X ロシア軍動向 W ロシア軍動向 V ロシア軍動向 U ロシア軍動向 T


ロシア空母アドミラル・クズネツォフ 地中海シリア沖 最強の戦闘隊形








平成28年12月6日


ロシア補給船、大気圏で焼失 ISSへの打ち上げ失敗


ロシア宇宙庁(Roscosmos、ロスコスモス)は1日、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて同日打ち上げられた
無人貨物輸送船「プログレス補給船(Progress)MS-04」が、発射直後に大気圏中で燃え尽きたと発表した。
宇宙旅行の安全性に対する懸念が強まるのは必至だ。
同庁が出した声明によると、同船は何らかの異常が発生したことにより、ロシア・トゥワ(Tuva)共和国にある
無人山間地帯の上空約190キロの地点で焼失した。破片の大半は、大気圏内で燃え尽きたという。
同庁はこれに先立ち、プログレスMS‐04がカザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地(Baikonur Cosmodrome)での
打ち上げらから6分23秒後に交信が途絶えたと発表していた。
同庁は、打ち上げ失敗により「ISSの通常運用とクルーの生活に影響は出ない」と説明している。
プログレスは昨年4月にも打ち上げに失敗し、地球に向かって降下、分解していた。
これについてロシアは、同船を搭載していたソユーズ(Soyuz)ロケット側に問題があったとしている。


@無人機は、どこか手抜きしているのかな〜〜〜





平成28年12月2日


ロシア軍の重機関銃


@重機銃にも、スコープを付ける時代なんですね。どんだけーって感じ。





平成28年11月27日


尖閣付近にロシア軍対潜水艦哨戒ヘリ「Ka−27」飛来 空自がスクランブル! 領土問題を危惧するロシア軍部のデモンストレーション!




防衛省統合幕僚監部は22日、ロシア海軍のKa27対潜哨戒ヘリコプター1機が同日午後、
沖縄県・尖閣諸島の領空付近を飛行したため、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。
領空侵犯はなかった。飛行時間は数時間で、ヘリは尖閣諸島の久場島と大正島の領空約10キロまで近づいた。
6月にロシア海軍の駆逐艦が久場島周辺を航行し、今回も周辺でロシア海軍のミサイル駆逐艦などが確認されている。
防衛省がヘリの飛行目的を分析している。


@国後・択捉にミサイルを配備したりと、プーチン・安倍会談での領土問題対応を危惧する軍部のデモンストレーション。
口先だけのシナと違って、北方領土どころか、尖閣だってとっちゃうぞと言うアピール。


ロシア軍の対潜水艦哨戒ヘリコプター「Ka−27」



平成2811月23日


ロシア軍 北方領土に最新鋭ミサイル=軍事化が一層鮮明


インタファクス通信は22日、ロシア太平洋艦隊(司令部ウラジオストク)機関紙の報道として、
ロシアが実効支配する北方領土の国後島と択捉島に、最新鋭の地対艦ミサイルシステム「バル」と「バスチオン」が配備されたと伝えた。
国後にバル、択捉にバスチオンが配備されたという。これらの最新鋭ミサイルが北方領土に配備されたのは初めてとみられる。
ロシアのショイグ国防相は3月、年内にクリール諸島(北方領土と千島列島)にミサイルを配備する計画を明らかにしていた。
報道が事実なら、北東アジアの要衝として国後、択捉の軍事化を進めるロシアの姿勢が、一層鮮明になったと言えそうだ。
プーチン大統領も20日、リマでの記者会見で、北方領土について「ロシアに主権がある」と明言している。
バルは射程130キロ、バスチオンは同300キロ。
バスチオンはロシアが編入したウクライナ南部クリミア半島を皮切りに順次配備されており、
ロシア太平洋艦隊は7月、沿海地方から日本海に向けて発射演習を行ったと発表していた。


千島列島にミサイル配備へ=海軍基地も、領土要求けん制か−ロシア それより専守防衛で大事な事は、


@分かっていたとはいえ、ホント、一々めんどくさい話だ。


バスチオン アレッポを攻撃している。



バル



平成28年11月23日


ロシア 11月19日 ミサイル部隊や砲兵の日



ソ連の切手:砲兵は戦争の神です! 
1994年10月21日に赤軍が、11月19日をミサイル部隊や砲兵の日と決定した。





平成28年11月20日


ロシア空母「アドミラル・クズネツォフ」で、過去にクラッシュ!








平成28年11月17日


露防衛省、反アサド拠点へのミサイル着弾動画を公開  黒海艦隊から合流したフリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」から発射される巡航ミサイル!


ロシアの防衛省は、沿岸ミサイル複合体「バスチオン」のP-800「オーニクス」ミサイルがシリアの戦闘員の諸拠点に着弾した
様子を映した動画を公開した。
15日、ロシア軍はシリアのイドリブ県やホムス県でテロリストへの大規模攻撃を始めた。
標的として、ショイグ国防相は弾薬庫、テロリスト養成センター、大量破壊兵器製造工場を挙げた。
戦闘行動には航空戦艦「アドミラル・クズネツォフ」含むロシア艦隊が参加している。


@煽るね〜〜〜 素晴らしい映像。





平成28年11月16日


ロシア空母「アドミラル・クズネツォフ」からシリア大規模空爆開始 


11月15日、地中海のシリア沖に進出したロシア海軍北方艦隊の空母「アドミラル・クズネツォフ」がシリア空爆を開始したとロシア国防省が発表しました。
ロシアの保有する空母が実戦に参加するのは史上初です。また黒海艦隊から合流したフリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」も巡航ミサイルを用いて
攻撃に参加したとされています。
今回使用された巡航ミサイルはこれまでもロシア海軍がシリア攻撃に使用してきた亜音速巡航ミサイル「カリブル」に加え、
超音速巡航ミサイル「オーニクス」の地上発射型「バスチオン」が投入されたことが発表された動画で確認できます。
バスチオンは高速ですがカリブルより射程は短く、車載式の発射システムをシリア領内のロシア軍基地に持ち込んで使用したと思われます。
バスチオン(オーニクス)の実戦使用は初めてになります。

ロシアのショイグ国防相は15日、南部ソチでプーチン大統領と会談した際、地中海に展開している空母「アドミラル・クズネツォフ」の艦載機が、
シリアでの軍事作戦を行ったと明らかにした。ロシアは昨年来、シリアのアサド政権を支援する立場で空爆を行っているが、空母からの攻撃は初めて。
この中でショイグ氏は「わが国の空母から、スホイ33(戦闘機)が作戦を開始した」と表明。シリア北西部イドリブ、
中部ホムスの両県で、過激派組織「イスラム国」(IS)と過激派「シリア征服戦線(旧ヌスラ戦線)」の拠点に打撃を与えるのが狙いだと語った。


@駆けつけ警護にどんなにいちゃもんをつけても、民進党や共産・社民がどんなに安保法案に反対しても、これが世界の趨勢。
好むと好まざるとに関わらず、戦争の準備だけはしておかなきゃならないんだよ。
昨日も、民進のバカが、公開された駆けつけ警護の内容が黒塗りで分からないと、偉そうに稲田に喰いついていたが、どこの国が戦闘の手順を公表するんだ、このクソバカ野郎。
はっきり言って、お前にはなんの関係もない世界の話だよ。わはは





平成28年11月16日


ロシア アクラ型原潜「サマーラ」「ブラーツク」2隻、アップグレード間もなく完了 我が国は、原子力船「むつ」開発技術を生かせ!



アクラ型原潜=攻撃型原子力潜水艦 原子炉 K-650B/OK-650M加圧水式原子炉 (190 MW)×1基 最大運用深度600m 9隻現役中


ロシア海軍太平洋艦隊の原子力潜水艦プロジェクト971「シチューカ-B」(アクラ型原潜)の「サマーラ」「ブラーツク」が、
セヴェロドヴィンスク造船所の船舶メンテナンスセンターに運ばれた。現代化アップグレード・改造が、間もなく完了しようとしている。


@我が国も、一日も早く開発保有すべき。我が国には、原子力船「むつ」を開発した技術あり。↓

 


むつに搭載された、加圧水型原子炉。


参考:むつ 原子炉:熱出力約36MWの三菱原子力工業製加圧水型軽水炉と1機の蒸気発生器による出力一万馬力の蒸気タービンを搭載していた。


平成28年11月14日


ロシア軍情報 新カラシニコフと新戦闘スーツをテスト


@我が国も、ぼちぼち89式から新しい銃を開発すべき。








平成28年11月13日


ロシア シリア支援の為地中海に派遣された最新フリゲート艦アドミラル・グリゴロヴィチ


@シリアでの、軍事的プレゼンスを強化する為の派遣。巡航ミサイルファミリーである、カリブル(Калибр)を発射できる。





平成28年11月5日


露軍機Tu-142哨戒機がオホーツクから関東地方の沖合まで往復飛行 空自、緊急発進で警戒





3日、ロシア軍の哨戒機2機が北海道沖合のオホーツク海から関東地方の沖合にかけて往復で飛行した。
ロシア機の日本周辺での飛行としては比較的長距離であり、航空自衛隊は戦闘機をスクランブル(=緊急発進)して警戒したが、領空侵犯はなかった。
航空自衛隊の杉山航空幕僚長はロシア側の狙いはわからないとしつつも、引きつづき「警戒監視に努める」と述べた。


@何言ってるの、軍の意思だよ。


平成28年11月5日


ロシア 地中海で活動する空母戦闘群



Mig-29k/KUB


ロシア空母アドミラル・クズネツォフは、地中海東部で活動する空母機動部隊で、MiG-29KRとMiG-29KUBRを運用する為に
最新システム「超精密座標慣性航法」を取り入れている。シリアの反テロ任務を支援しています。


@カメラを腹に抱えて飛んでいるのは、Su-33ではなくMiG-29K/KUB艦載機(オールグレイの機体)である。
正確には、MiG-29KRとMiG-29KUBR。


空母の横を行く駆逐艦の早い事。



平成28年11月1日


ロシア戦闘機、シリア上空で米軍機に「ニアミス」


米軍当局は28日、シリア東部上空を先週飛行中だった米軍用機にロシア軍の戦闘機が異常接近する出来事があったと明らかにした。
各国の戦闘機で混雑するシリア上空での重大事故の危険性が改めて浮き彫りとなった形だ。
米空軍のジェフ・ハリギアン(Jeff Harrigian)中将によると、今月17日夜、偵察機を護衛していた露戦闘機が、
米軍機に「ニアミス」する事象が発生。露戦闘機は、米軍機から約800メートル以内の位置まで接近したとされる。
匿名で取材に応じた別の米軍関係者によると、両機の距離は、露軍機のエンジンが起こした乱気流を米軍パイロットが感じられるほど近かった。
両機は夜間にライトを点灯せず飛行していたため、露軍機のパイロットが米軍機の存在に気付かなかったことが異常接近の原因とみられている。
米軍主導の有志連合は昨年、機体同士の衝突事故を回避するため、ロシア軍との間に、
互いに配備している軍用機のおよその位置や飛行目的を知らせ合うホットラインを設置した。
今回は米軍側のパイロットが緊急無線でロシアの戦闘機に知らせようとしたものの、連絡がつかなかった。
翌日に米軍側がホットラインを通じてロシア側に問い合わせたところ、米軍の軍用機にパイロットが気付かなったとの回答を受け取ったという。
ハリギアン中将によれば、この6週間、ほぼ10日おきにロシアの戦闘機が米国主導の有志連合の航空機に故意に接近する事態が増えているという。
有志連合はシリアの一部地域の上空で頻繁に航空機や無人機を飛ばしている。
有志連合が支援している部隊は、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が「カリフ制国家」の事実上の首都としている
シリア北部ラッカ(Raqa)を奪還する作戦計画を進めているが、計画の進行にしたがってシリア上空の飛行はさらに増えるとみられている。


@夜間だろうと昼間だろうと、戦闘機がレーダーを見ていない訳がありません。





平成28年10月29日


ロシア空母「アドミラル・クズネツォフ」 地中海へ出航=シリア空爆支援の部隊増強



原子力空母ではなく、通常動力艦。搭載機はSu-33ブランカー12機 Ka-27へリックス18機。


ロシア国防省は、同国唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ」が15日、地中海へ向け出航したと明らかにした。
ロシアは過去約1年にわたり、シリアでアサド政権を支援する空爆作戦を実施。ロシア海軍の部隊が、地中海から作戦を援護している。
ロシアのショイグ国防相は9月下旬、地中海東部に展開中の海軍部隊を増強するため、同海域にクズネツォフを派遣すると表明していた。
巡洋戦艦と駆逐艦、大型対潜艦が、クズネツォフと行動を共にしているという。


@素晴らしい。








平成28年10月16日


ロシア 新型無線電子兵器開発中 新しい物理的原理に基づく武器だそうな?! 量子兵器?




それは、航空機や無人偵察機の搭載機器に間接的に物理的な衝撃を与え、精密誘導兵器を中和します、とさ。


@レーザーか強力な電子エネルギーを投射して、相手の無線機器(誘導装置)を破壊する兵器だと思われます。
新しい物理的原理と言っている事が気にはなります=量子か?。
簡単な話、高高度で核を核分裂させれば、強力な電磁パルスが発生しその直下の電子機は皆破壊されます。
核弾頭を撃ち込む前に、これを実行されると、迎撃の為の電子機器(レーダーや誘導無線=イージスシステム)は、
そのほとんどを破壊されてしまいます。





平成28年10月14日


ロシア 最新の21631型ブヤンM級コルベット4−5番艦、ISIS攻撃に向けマルタ入り


21631型コルベットは、ロシアが新たに開発し、黒海艦隊に配備したコルベット艦だ。
ロシア最新の21631型ブヤンM級コルベットの4番艦「ゼリョヌイ・ドル」と5番艦「セルプホフ」は2015年12月12日、
正式に黒海艦隊に配備された。同コルベットはカスピ海からイスラム国(ISIS)に向け巡航ミサイルを発射したことがある。


@民進党も共産党も、レベルの低いくだらな事をよく毎日国会で高額歳費を受け取りながらできるものだ。
これは、順当な配備。




参考:21631型ブヤンM級コルベット
速力 26ノット
兵装 A-190 100mm単装速射砲×1基
AK-630M-2 30mmCIWS×2基
グブカ近接防空ミサイル・システム×2基
(9K38 イグラ×20発)
グラートM 40連装ロケット砲×1基 カリブルNK巡航ミサイル用VLS×8セル
レーダー MR-352 対空捜索用
MR-123 射撃指揮用


平成28年10月13日


ロシア軍 1日に弾道ミサイル3発=核戦力誇示、米けん制


ロシア軍は12日、原子力潜水艦などから、核弾頭搭載可能な弾道ミサイルを1日に3発試射する異例の軍事演習を行った。
ロシア通信などが伝えた。核戦力を誇示し、ウクライナ情勢やシリア内戦をめぐって対立する米国を強くけん制する狙いとみられる。
原潜「ゲオルギー・ポベドノセツ」がオホーツク海から極北アルハンゲリスク州に、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射。
続いて極北プレセツク宇宙基地から極東カムチャツカ半島に、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を試射した。
その後、原潜「ノボモスコフスク」がバレンツ海からカムチャツカ半島にSLBMを着弾させた。 


@日本の野党のレベルの低さだけが、特に目立つ今日この頃。国際感覚ゼロ、野党も含め日本の国民のレベルの低さ、いやになる。





平成28年10月13日


ロシア、日本周辺の太平洋海域を網羅するパトロール師団を編成へ



TU95MS



TU22M3


ロシア国防省では極東における新たな重爆撃機航空師団の編成が完了間近。
同航空隊の課題は日本、ハワイ諸島、グアム諸島付近の太平洋海域のパトロールとなる。
イズヴェスチヤ紙が状況に詳しい軍部筋からの情報として報じた。
重爆撃機航空隊には戦略爆撃機ツポレフ95MS、遠距離爆撃機ツポレフ22M3が入れられている。
極東師団はロシア航空宇宙隊の重爆撃機師団としては2団め。


@ロシアとは、絶対に関係をこじらせない事だ。


平成28年10月6日


ロシア 海軍基地防衛の為、シリアにS−300(同時多目標対応型地対空ミサイル)配備


ロシア国防省は4日、地対空ミサイルシステム「S-300」を、シリアのタルトスにあるロシア海軍の基地に搬入したことを明らかにした。

@一つ心配になると、こうなる。

S-300=米パトリオットに準じる。





平成28年10月5日


ロシア ロシアはシリアでの防空の為S−400(同時多目標対応型地対空ミサイル)をシリアに配備


@やる気満々。






平成28年10月5日


ロシア 9K333 Verba  ポータブル赤外線ホーミング 地対空ミサイル



 9K333 Verba  


@射程 4.5キロ 3チャンネル光学シーカー(紫外線、近赤外、中赤外)








平成28年10月4日


2016年10月 ロシア地上軍プロモ








平成28年10月2日


F-35A の機関砲



GAU-22/A 25mm








B型とC型では機外搭載オプションの1つとしてステルス性を備えた機関砲ポッドが用意されている。



平成28年9月27日


ロシア PAK FA T-50戦闘機、機関砲の試験風景








@超近代的な、PAK FA(第5世代)のシルエットに対し、実にアナログ的なcannon。








平成28年9月27日


カラシニコフ社開発の新戦闘ロボット「ソラトニク」性能が明らかに





「カラシニコフ」社は新開発の戦闘ロボットの性能を明らかにした。ニュースサービス。サイト、RNSが報じた。
プーチン大統領はカラシニコフ社の視察で、新開発製品の自動制御システム「ソラトニク(戦友)」についての説明を受けた。
「ソラトニク」は装甲使用のキャタピラー。特殊な用途としては戦場など火の燃え盛る中で偵察を行なえることや、
武器弾薬の運搬、負傷者の救出、警備に使える。
「ソラトニク」は防御手段、通信システム、視覚認識を装備し、受動的なレジームでは10時間にわたって機能することができる。
また最高で2500メートル先の標的を見つけることができる。


@所謂電子偵察ロボット。


平成28年9月21日


ロシア 備蓄化学兵器の95パーセントを廃棄


ロシア連邦は、備蓄している戦闘用有毒物質の95パーセントを廃棄した。
ロシア連邦化学兵器安全保管・廃棄局の責任者ワレーリイ・カパシン大将が発表した。
カパシン氏は、「化学兵器の開発、生産、貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約上の義務を履行し、
ロシア連邦は備蓄している戦闘用有毒物質の95パーセントを廃棄した。
実質的な表現では、3万7950トン以上だ」と述べた。
またカパシン氏は、残りの有毒物質の完全廃棄は、関連する連邦特別プログラムで
規定されているよりも短い期間で行われる可能性があると指摘した。
先に、スプートニクの独占インタビューで国連のバシャール・アル・ジャアファリシリア常駐代表は、
国連安全保障理事会はシリアにおける化学兵器使用の調査を妨害している、と述べた。


@なにが怖いって、これだよね。








平成28年9月19日





inserted by FC2 system