ロシア・EUで多発する血生臭い問題特集と軍事関係 12 
問題 T 問題 U 関係 V 関係 W 問題 X 問題 Y 関係 [  問題 [  問題 \ 問題 ] 問題 11


厳戒のモスクワ中心部でバス停に爆発物 4人けが


モスクワ中心部のバス停に何者かが爆発物を投げ込み、4人がけがをしました。捜査当局は、犯人の行方を追っています。
ロシアメディアによりますと、7日夜、バス停で爆発が起き、壊れたガラスの破片などで、バスを待っていた4人がけがをしましたが、
いずれも軽傷だということです。
このバス停は観光客も多く訪れる「赤の広場」からわずか2kmの場所にありました。
ロシアの捜査当局は「走行中の車か近くのビルの窓から、何者かが手製の爆発物をバス停に向かって
投げ付けた可能性がある」という見方を示していて、
爆発物の特定を急ぐとともに犯人の行方を追っています。
ロシアは、過激派組織「イスラム国」に対する空爆を続けていて、「イスラム国」が報復テロを宣言しているため、
厳重な警備が敷かれていました。


@イスラム国に対して、在庫処理的数字合わせの爆撃を繰り返す有志連合各国ですが、もう少し本気でやらないと被害は全世界に広がります。
私的には、少しでも平和ボケした日本人が目覚めればと望むところではありますが・・・





平成27年12月8日


NATO モンテネグロ加盟承認 露反発「報復招く」・・・苛立つプーチン!





北大西洋条約機構(NATO)外相会議は2日、東欧モンテネグロの加盟を正式に承認した。NATOは29カ国に拡大し、バルカン半島の安定を目指す。
一方、モンテネグロを勢力圏とみなすロシアは反発し、露大統領報道官は「さらなる東方への拡大は報復を招く」と激しく反発している。
外相会議に参加していたケリー米国務長官は2日、「NATOの拡大はロシアに敵対するものではない」とロシア側をけん制した。
NATOのストルテンベルグ事務総長は2日の会見で「加盟はだれもが持つ権利で、第三者は妨害できない」と、ロシアに介入しないよう求めた。
モンテネグロは欧州の火薬庫と言われたバルカン半島に位置し、1990年代にセルビアと国家連合「ユーゴスラビア連邦」を形成し、
コソボの独立運動を弾圧したため99年にNATOの爆撃を受けた。NATOに攻撃された国が加盟するのは、今回が初めて。
外相会議は2日の声明でモンテネグロ加盟が「地域の安全保障に資する」とした。

NATOはボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニアなど他のバルカン半島の国の加盟も検討している。
しかし、ロイター通信によると、ロシア連邦の軍事委員会幹部は2日、モンテネグロが加盟すれば、軍事などモンテネグロとの協力関係を中断すると述べた。
ラブロフ露外相は昨年9月、モンテネグロ加盟を「挑発的」と批判。
「(欧露の)共通の安全保障システムを作る努力を妨害するものだ」と述べ、NATO拡大が一方的でロシアの勢力圏を侵害するとの見方を示していた。
ロシアは同じスラブ民族主体のモンテネグロ、セルビアに親近感を持ち、エネルギーの供給先としても重視しているとされる。


@なにもこの時期にという思いがロシアには強いのだろうが、NATOにしてみればだからこそ”今でしょ”という事なのだろう。どっちも頑張れ!




プーチン、落ち着いて。最近は、世界で右に出るものがいない程トップクラスの政治家としての従来のプーチンらしさを失っているよ。
アサドより、ゆめにでも会ってこいよ。
COP21見てみりゃわかるじゃないか・・・あんたより右に出た政治家がいたか? アホ国民に迎合する道化師ばかりの糞世界だよ。(安倍は、別格だぞ)


平成27年12月3日


スターウオーズのスタイルで、刀を持って学校襲撃、2人死亡=スウェーデン


AFP通信によると、スウェーデン南西部トロルヘッタンで22日、刀を持った覆面姿の男が学校を襲い、2人が死亡した。
うち教師1人は刀で切られ現場で致命傷を負ったもようだ。
もう1人は男子生徒とみられ、搬送先の病院で死亡が確認された。このほか、数人が負傷したとみられている。
男は駆け付けた警官に撃たれ、病院で手当てを受けたが間もなく死亡した。


@事件を起こす前には、記念写真を撮っていたようです。一部では極右と報道していますが、頭のいかれたスターウオーズのファンでしょ。








平成27年10月23日


ハンガリーで暴徒化するシリアからの不法移民(偽装難民)!!  国境を開けろ開けろと、投石。


難民らの流入を阻止するため封鎖されたハンガリー南部の対セルビア国境で16日、ハンガリーの警官隊が、セルビア側にいる難民らに対し、
催涙ガスや放水で応じた。
DPA通信などによると、セルビア側で足止めを余儀なくされている難民ら数百人が「(国境を)開けろ、開けろ」と騒ぎ、ハンガリー側に石や瓶を投げ込んだ。
これを受け、警官隊は催涙ガスなどで対応した。上空には警察のヘリコプターが旋回し、物々しい空気に包まれた。 


@難民に化けた不法移民だよ。催涙ガスなんて生ぬるい。撃ち殺せ!  すべての責任は、メルケルにある。・・・・・誰に対する八つ当たりなんだか。hi

日本では国会内で民主党のクソどもが暴徒化しているし。





平成27年9月17日


独が入国検査導入、難民流入制限へ 列車を一時停止


ドイツのデメジエール内相は13日、シリアなどから押し寄せる難民や移民の流入を制限するため、オーストリアとの国境で入国検査を同日から導入すると表明した。
ドイツ鉄道は、オーストリアからの列車の入国を一時的に止めたことを明らかにした。
ドイツ連邦警察の当局者は、難民らが大量に流入している南部ミュンヘンの中央駅に、12日の1日だけで約1万2千人が押し寄せたと語った。
AP通信によると、欧州連合(EU)への難民らの入り口となっているハンガリーの警察は13日、不法入国した難民ら約4330人を12日に拘束、
前日を700人超上回り、過去最多を記録したと語った。
13日にはハンガリーから隣国オーストリアへの大量流入が見込まれ、同国の関係閣僚は緊急会議を開き、対応を協議した。
ミュンヘンの難民向け臨時宿泊施設の収容能力は限界に達している。
新たな難民らの到着に対応するには、既にいる難民を別の場所に移す必要があるが、ドイツ国内の多くの都市が受け入れに消極姿勢を示している。
EUは14日に臨時内務・法務相理事会を開き、欧州委員会が追加提案した難民12万人の各国による受け入れ分担を協議する予定。
しかしチェコのソボトカ首相が13日、強制的な分担の受け入れは「不可能だと思う」と述べるなど、一部の国々は難色を示している。


@我が国へ飛び火させるのだけは、勘弁して欲しいものです。


ドイツでは・・・トルコ政府が長年認めてこなかったクルド人の存在。
併し近年、シリアの支援を受けるPKKによる激しい爆弾闘争にeu加盟と引き換えにクルド語を認めたトルコ政府。
現在ドイツには50万人のクルド人難民が、トルコ人を遥かにしのぐ数で暮らしています。
日本の愛国者のデモに、怖々いちゃもんをつける左翼や朝鮮人に似ていますね。




平成27年9月14日


移民蹴ったカメラマン、「パニック状態だった」と釈明


ハンガリーのセルビア国境付近で警察から逃げる移民らに足を引っ掛けて転ばせたり子どもを蹴ったりする様子を
撮影され世界中のひんしゅくを買った女性カメラマンが11日、沈黙を破り「当時はパニック状態にあった」などと釈明した。
移民蹴ったカメラマン、治安妨害容疑で捜査 ハンガリー検察
このカメラマンは本件により治安妨害容疑で刑事捜査対象となっているペトラ・ラースロー(Petra Laszlo)容疑者(40)。
ラースロー容疑者はハンガリー右派系紙マジャールネムゼット(Magyar Nemzet)に送った手紙のなかで「いま映像を見たが、
あれが自分だとはとても思えなかった。
自分がしたことを心から悔いているし責任をとるつもりだ」と述べ、「あの時はパニック状態だった。
わたしは無慈悲に子どもを蹴ったりするような人種差別主義のカメラマンではない」と訴えた。
手紙はマジャールネムゼット紙のウェブサイトに掲載された。
ラースロー容疑者は10日、治安妨害の疑いで警察に身柄を拘束され、事情聴取されたのち釈放されている。


@人権屋の人権ごっこかい、面白いものを見せてもらったよ。





平成27年9月11日


ベルギー ブリュッセル 牛乳が水より安く、価格急落で酪農家がデモ 欧州


ロシアによる農産物の禁輸措置や中国の需要減退を受け、欧州連合(EU)全域で牛乳価格が大幅に下落している。
1リットル入りボトルの価格は米ドル換算で水の1ドル50セント(約180円)に対し、ミルクは1ドルまで値下がりした。
ベルギーのブリュッセルでは7日、酪農家数千人が集まって抗議活動を展開。トラクターで道路をふさぎ、警官隊に干し草や卵を浴びせた。
小売価格の年初来の値下がりは5%前後にとどまっているものの、卸売価格は約20%下落して33セント前後になった。
多くの農家では、生産コストを下回る価格での販売を余儀なくされている。
世界最大の乳製品輸入国であるシナの経済破綻による需要減退も追い打ちをかけている。


@酪農家相手では、当局も我慢です。それにしてもトラクター、パワーありますね。








平成27年9月8日


ドイツで難民受け入れ反対デモ、難民殺到で政策に疑問視


@日本では全く報道されない反イスラム・反移民・反難民デモ。




新設されたハイデナウ、ドレスデンの難民施設を攻撃する愛国者。



平成27年9月7日


移民・難民殺到、不満募る最前線=国境管理の正当性主張−ハンガリー


西欧を目指し、ハンガリーで足止めされていた多くの移民の出国が実現したことで、局地的な混乱はいったん落ち着いたが、事態の打開には程遠い。
殺到する移民の対応の最前線にあるハンガリーには、欧州主要国ドイツやフランスに対する不満が強く、
欧州の結束は容易でない。
ハンガリーは対セルビア国境にフェンスを設け、移民の流入を厳しく規制。議会は4日、フェンスを越えようとする移民に
禁錮3年の刑を可能にする不法入国厳罰化を承認するなど、警戒レベルをさらに引き上げた。

ファビウス仏外相は8月末、フェンス設置について「(移民保護という)欧州共通の価値を尊重していない」と批判。これに対し、
ハンガリーのシーヤールトー外相は「自国および欧州連合(EU)の境界線を守るのは全EU加盟国の義務」と強調し、
欧州の原則を尊重しているだけだと突っぱねた。
コバチ政府報道官は、フェンスは不法入国阻止と保護申請の適正処理が目的と説明。
ファビウス外相の発言は理念と手続きの違いを踏まえない「二重基準だ」と指摘した。
また、「多くの移民は個人情報の登録すら避けており、本来、彼らに移動の自由はない」と主張する。
西欧が移民を引き受けてくれれば、ハンガリーにとって負担が軽くなり、好都合だ。だが、ハンガリー政府関係者は「欧州最初の
到着地で手続きを逃れた不法移民が自由に行動する事態は、テロ対策を含め、欧州が守ってきた原則に反する」と懸念を表明した。
同関係者は、国境での移民受け入れ基準や手続きを統一することがEUにとって喫緊の課題だと訴える。
各国の移民分担義務化も急ぎたいドイツなどの立場とは開きがあり、議論集約を難しくしている。


@移民であれ難民であれ、あんな無法状態の映像を見せられれば、ただの通過点でしかない国の国民にしてみればこれほど迷惑な話はない。
ハンガリーのシーヤールトー外相やコバチ政府報道官の言ってることが正しい。





平成27年9月5日


難民、一度受け入れると、要求はさらにエスカレートする 安易なヒューマニズムは混乱を拡大する!


@子供が溺れたからと言って騒ぐが、シリアで何人の子供が死んでいるのか? 
人道人道と安易に受け入れれば、日本に居座る在日朝鮮人と同じで、要求はエスカレートし、差別差別を騒ぐようになる。例えば、
一度仕事に就かせると、どうしていつまでも平なんだと必ず文句が出て、班長にでもすれば、どうして課長にしないのかと要求はエスカレートし、
最後には徒党を組んで差別差別と必ず騒ぎます。
ニュースでは流れませんが、各国で、かなり過激な難民排斥運動が起こっています。


人道人道と騒ぐなかれ1 その結果がこれだ。



お前の家で家族として受け入れてやれ。できるのか?



平成27年9月5日


プーチン大統領、移民危機は「欧州の中東政策の結果」・・・そうじゃないだろ、あんただろ!



この握手が、すべての元凶。


ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は4日、ロシアの国営テレビで放送された発言の中で、
昨今の移民危機は欧州の中東政策から予測できた結果だと指摘し、自身もこのようなことになると警告していたと語った。
プーチン大統領は、欧州の中東・北アフリカ政策について「地域の歴史的、宗教的、国民的、文化的な特徴を無視した彼ら(欧州)の基準の押し付けだ」と厳しく批判した。
さらにプーチン大統領は「これはもともと米国のやり方だ」と述べ、「米国の命令に盲従している」と欧州を非難した。
また、米国のメディアが欧州に到着した移民たちについて偽善的な報道をしていると非難し、
「一部の米国メディアが、欧州が移民に残酷すぎると批判しているのを見て、私は仰天している」と語った。
シリア問題で対立するロシアと欧米
ロシアは、シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領を長らく支持しており、軍事的な支援も継続している。
一方、欧米はシリアの反体制派の主流派を支援しているが、反体制派はシリア内の多くの地域で「イスラム国(Islamic State、IS)」などの
イスラム過激派組織に対して劣勢に立たされている。
米軍主導の空爆作戦は、これらイスラム過激派組織を標的としたものだ。この空爆作戦にロシアは参加していない。
またロシアは、反IS連合にシリア政権を含めることを提案しているが、欧米側はその提案を一蹴している。


@今まで、プーチンをある意味世界でトップクラスの政治家だと評価してきたが、どうしてしまったのか? 
ウクライナ東部とクリミアまでは理解できるが、裸の王様というかチ●カス程度の習近平に媚びてどうする。ガンガン株を下げているじゃないか。
昨日も書いたが、ロシア製武器の最大消費国であっても、国民に銃を向け虐殺を繰り返すアサドを叱りつけることすらできないあんたが一番悪いし、すべての元凶だ。
イスラム国ISを増長させたその責任は、重大すぎる。秋田犬の”ゆめ”が可哀想だ。噛みついてやれ。





平成27年9月5日


ドイツを目指す難民・・・・・euは・・・もう綺麗事で解決する問題ではない。


ドイツのメルケル首相は中東などから多くの難民や移民がヨーロッパに流入している問題について、EU=ヨーロッパ連合の加盟各国に対し、
公平な受け入れを求めるとともにそれが実現できない場合には域内の移動の自由の見直しが検討されることになると述べました。
ドイツのメルケル首相は31日、ベルリンで国内外のメディア向けに記者会見を開きました。
この中でメルケル首相は、紛争が続く中東などからドイツに流入する難民が、ことしは最大で80万人に達するとの見通しを示し、
この状況を「国家的な課題だ」と述べ、危機感を示しました。
そして問題の解決に向けて、EU加盟各国が難民を公平に受け入れる必要があると主張し、それが実現できない場合には域内の
自由な移動を認める「シェンゲン協定」の見直しを検討することになると述べました。
シェンゲン協定に参加する国々の間では、通常、国境での審査がなく、難民や移民はいったん域内に入れば自由に移動することができます。
このため、イタリアやハンガリーに入国したあと、受け入れに寛容で経済が好調なドイツを目指す難民らがあとを絶たず、
ドイツには全体のおよそ4割が流入しています。
難民の受け入れにはイギリスや東ヨーロッパ諸国が難色を示しており、ドイツではこうした国々へのいらだちが強まっています。


@正直、どんな難民(政治・経済)であろうとも、どこの国が喜んで受け入れるんだよ。迷惑以外の何物でもないだろ。
アフガンもそうだけど、そもそもイスラム社会の問題で殺人鬼アサドを放置し、イスラム国ISを過小評価してきた結果じゃないか。
これは我が国も決して他人事ではない。シナで経済破たんが起きれば、我が国を目指して押し寄せてくるチャンコロ難民はこの程度の比ではない。
euのように陸続きではないが、ぼろ船で大挙押し掛けてくるぞ。








平成27年9月4日


海岸に打ち上げられた移民男児の遺体、欧州各国で波紋呼ぶ


トルコ沖で移民らを乗せた船が転覆した後、海岸に打ち上げられた男児の遺体を写した写真が、大きな反響を巻き起こしている。
トルコの通信社ドーガン(Dogan)が撮影した写真には、トルコ・ボドルム(Bodrum)近くの砂浜にうつぶせに横たわる男児の遺体が写っている。
遺体はその後、警官によって拾い上げられた。
写真はインターネット上で広く共有され、ツイッター(Twitter)上ではハッシュタグ「#KiyiyaVuranInsanlik(海岸に打ち上げられた人間性)」が世界のトレンド上位に入った。
英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)は「難民危機の真の悲劇を示す恐ろしい画像」との見出しを掲載。英紙ガーディアン(Guardian)は、
この写真が悲惨な現状を「国内に持ち帰った」と報じた。
男児は、ギリシャのコス(Kos)島に向かう途中の2日朝にトルコ海域で沈没した移民船2隻に乗っていて死亡したシリア人のうちの1人とみられている。
死亡したのは少なくとも12人で、うち5人が子ども、1人が女性だった。他に15人が救出され、救命胴衣を付け海岸にたどり着いて助かった人もいた。


@今更・・・・


派手に歴史捏造の軍事パレードを行っているシナだけど、シナの経済がはぜると13億だからね。こんな程度では済まないぞ。





平成27年9月4日


シナの戦勝?行事不参加=歴史認識問題への利用警戒―独メルケル首相 抗日戦争勝利のメッキも剥げてるし!


ドイツ政府関係者は17日、メルケル首相が9月3日に北京で開かれる抗日戦争勝利70年記念行事に参加しない見通しだと明らかにした。
ドイツは第2次大戦で被害を与えた周辺国と和解を果たしており、中国政府は歴史認識で日本をけん制する上で、メルケル首相の出席を期待していたとされる。
別の独政府関係者は「首相には日中の戦後問題に巻き込まれたくない思いが強い」と語った。時事通信 


@今更ですが、バカ言うでない。ドイツがいつ周辺国と和解したんだよ。ユダヤを浄化したとかしないとかでは確かに謝罪しナチズム禁止の法律まで作ったけど、
euを侵略しまくった事に対しては一言も謝罪してないぞ、時事通信のクソバカ野郎。


平成27年8月18日


F-16から発射されたAIM-120 と AIM−9L が、模擬機を撃ち落とす瞬間 デンマーク空軍


@最初が、AIM-120 AMRAAM(撃ちっ放し)  2発目が、AIM−9L SAIDEWINDER(米空軍ではAIM-9Lのバージョンアップ型のAIM-9Mが現在主流。更に高性能のAIM-9Xも登場)





平成27年7月2日


ギリシャ、銀行休止=緊急資本規制を導入―金融市場に動揺




ギリシャ政府は28日、欧州連合(EU)など債権団との金融支援交渉が決裂寸前となり、国内金融システムへの不安が急激に高まったことを受け、
29日から銀行の営業休止、資本移動規制などの緊急措置を導入することを決めた。
国内の生活や経済活動が大きな打撃を受けるのは必至。週明けの東京市場では、ユーロが急落し、
株価も大幅安となるなど、ギリシャ発の動揺が世界の金融市場に波及している。
ロイター通信によると、銀行は国民投票翌日の来月6日まで窓口業務を休止。
現金自動預払機(ATM)を使った引き出しは1日60ユーロ(約8300円)までに限られる。
アテネ証券取引所も29日は休場となり、ギリシャの金融市場はまひ状態に陥る。
ユーロ圏での資本移動規制は、債務危機に陥ったキプロスが2013年に導入して以来。 


@はい、ユーロ圏離脱、デフォルト。後は野となれ山となれ。
シナだって・・・・ギリシャと違ってでたらめすぎるというか影響がでかすぎるから簡単にはデフォルトさせないと思うけど、分かんないからね〜〜〜





平成27年6月29日


米国防総省 米製戦車をロシアとの国境に配備の意向



250両の配備が予定されているM1A2エイブラムス。


9K720「イスカンデル」

23日、エストニアの首都タリン訪問中の米国のカーター国防長官は「米国は、欧州の7つの国に250両の装甲自動車を配備する用意がある」と述べた。
カーター国防長官によれば、それらは戦車や装甲車など250両で、ブルガリア、エストニア、リトアニア、ラトビア、
ポーランド、ルーマニアそしてドイツに配備される。
それぞれの国には、150人規模の中隊から750人規模の大隊まで、様々な規模の部隊が駐留する見込みだ。
現在カーター国防長官は、22日から26日までの予定で欧州を歴訪中だ。
五月半ば、バルト三国とポーランドは、ロシアからの攻撃が憂慮されるとしてNATOに対し、自分達の領土にNATOの常駐部隊を置くよう要請した。
そしてその一ヵ月後、米国のマスコミ報道に、米国防総省が重兵器をバルト三国や東欧に配備する意向があるとの情報が現れた。
こうした米国の意向に対し、ロシア外務省は「1997年に結ばれたロシア-NATO基本法」に違反するとの声明を出して非難した。
一方NATOのルンゲスク報道官は「これは本質的な軍の拡大ではなく、許容された文書により集団的防衛を強化するだけである」と説明し、
ロシア側の非難を退けた。


@ロシアは全廃した筈の地上発射型弾道ミサイルや巡航ミサイル(射程500-5500キロ)に代わって、
移動式発射システムから戦術弾道ミサイル(イスカンデル-M)と巡航ミサイル(イスカンデル-K)を発射可能なイスカンデルの配備を進めている。
日本の野党とそれを支援するチンドン屋左翼は、こうした国際情勢にまったく無頓着なアホ揃いで、シナの手先。





平成27年6月24日


G7開催反対 ドイツで大規模な抗議行動


6月4日、ミュンヘンではG7サミットに反対し、3万人の市民の参加する大規模な抗議行動が行われた。これには組織STOP G7のほか、
環境政党「同盟90/緑の党」や左翼政党から政治家らが参加した。
G7サミットは6月7−8日、バイエルン州のガルミッシュ=パルテンキルヒェン市に近いエルマウ城で行われる。
STOP G7の組織者のひとり、ミハエル・リシュ氏は、抗議市民らはウクライナ危機に対する西側の行動に賛同できない、
積極的な平和創設政策を支持すると語っている。
抗議行動参加者らはG7の会合自体非合法的だとし、その理由として軍事化、戦争、搾取といった問題を話し合う場となっているからと挙げている。
抗議行動参加者らはサミットへのロシア、中国など他の国の参加を求めている。
抗議行動の槍玉には、企業の問題を解決するため、社会予算が大幅に削減されたことも挙げられている。
こうした抗議行動を行う目的のひとつは、環太平洋経済協定(TPP)および新サービス貿易協定(TISA)へ異議を唱えること。
STOP G7のリシュ氏は、こうした協定は国とそこに暮らす市民の搾取につながると危惧感を示す。
例えば、TISAに従った場合、自治体のサービス、自治体および教育、保健、安全、ソーシャルフィールドなど
社会福祉の構造は大企業に私有化される危険性がある。
つまり教育、保健、安全など、国家がその存在を維持するために欠かせない、構造上大事なサービスの多くが失われてしまい、
市民は最終的に自分で自分を支えきれない無能な国に暮らす羽目に陥るからだ。


@オバマが拗ねる(米国家安全保障局の監視対象リストがドイツによって公開された場合)と、カナダも拗ねる(北米空域へのロシア軍機の
飛来が増えているとして、プーチン大統領がいる限り、冷戦期のようなロシアの態度は変わらないと不快感を示している)。皆、幼稚園児か!? 
所詮、レベルの低い井戸端会議という事で、それに少し賑わいを演出する為にシナやロシアの子飼いの連中が金をもらって華を添えるという構造。





平成27年6月7日


スペインで最新型の軍用輸送機A400M墜落、4人死亡




スペインのラホイ首相は9日、同国南部のセビリア空港近くでエアバス社の最新型軍用輸送機A400Mが墜落したと発表した。
エアバス社によると、乗員6人のうち4人が死亡、2人が重傷を負った。フランス公共ラジオが伝えた。
地元メディアによると、同機はセビリア空港を離陸した直後に墜落した。
現場から黒煙が立ち上っている様子が確認できたという。墜落場所は、民家などはない場所だった。
事故の影響でセビリア空港は一時閉鎖された。エアバス社によると、事故機は6月にトルコに納入予定だった。
この日が最初のテスト飛行だったという。


@飛行機事故って続くんだよね。ゴールデンウイークに何もなくて良かったって感じ。








平成27年5月10日


独 メルケル 「皆 ナチスの犠牲者に対し責任負う」 こら、ババア、口先だけの謝罪なら誰でもできるんだよ、




ドイツのメルケル首相は、ナチスの強制収容所が解放されてから70年を記念する式典で、「われわれは、皆、
ナチスの犠牲者に対する責任を負っている」と述べ、
一部の若者らにみられる反ユダヤ主義や、極右勢力による中東出身者を狙った犯罪に強い懸念を示しました。
ドイツのメルケル首相は、3日、ナチスによって南部のミュンヘン郊外に建設されたダッハウ強制収容所が、
1945年に解放されてから70年を迎えたのを記念する式典に出席しました。
この強制収容所では、ユダヤ人ら4万人以上が命を落としており、
メルケル首相は、演説で、「われわれは、皆、ナチスのすべての犠牲者に対する責任を負っている。これを繰り返し自覚することは、
国民に課せられた義務だ」と指摘しました。
そのうえで、メルケル首相は、「若者たちが過激な思想に影響されることがないよう、
一体となって取り組む必要がある」と述べました。
ドイツでは、最近、一部の若者らが、ユダヤ人に対する憎悪をあらわにして、緊張が高まっているほか、極右勢力が、
中東などからの難民申請者を保護する施設に放火する事件が続いており、メルケル首相としては、そうした現状に強い懸念を示し、
若者を対象にした歴史教育に力を入れていく姿勢を打ち出したものです。


@お前のような西で生まれ東へ移民するような左翼かぶれのクソが闇雲に謝罪を繰り返すことで、多くの若者たちが逆に愛国心に目覚めるんだよ。(いい事です)

こんな自虐史観に染まったクソを選ぶドイツ国民には、先ずナチよりその事を大いに反省してもらいたいものだ。


平成27年5月4日


ギリシャ コリダロス刑務所刑務所で暴動、2人死亡 と、愛国集団 黄金の夜明けGolden Dawn


ギリシャの首都アテネ郊外にあるコリダロス刑務所で3日、暴動が起き、囚人2人が殺され、21人が負傷した。
アルバニア人とパキスタン人の集団が刑務所内で衝突した。法務省が明らかにした。
衝突の理由は分かっていないが、双方とも武装していた。コリダロス刑務所は、窃盗犯から無政府主義者、
政治家の収賄犯まで幅広い囚人がすし詰めにされており、極右政党「黄金の夜明け」の幹部の収監先としても知られる。


@まあ兎に角、ヘリで白昼脱獄したり、ピンクパンサーが脱獄したり、かなり脱獄で有名な刑務所のようです。看守が皆買収されているのでしょう。
本件とは直接関係ありませんが、昨日メルケルは、ギリシャに対しすべての責任はドイツにあるといっています。愛国集団「黄金の夜明け」の出番です。





蹴りを入れたり投げ飛ばしたり、中々やります。



平成27年5月4日


イタリア ミラノ万博反対デモ暴徒化


イタリア北部ミラノで1日、万博に反対するデモ隊が治安部隊と衝突し、イタリアメディアによると、治安部隊側11人が負傷した。
極左集団とみられるデモ隊の一部が暴徒化し、駐車中の車に放火し、銀行や店舗のガラスを割ったりした。
治安部隊は催涙ガス弾や放水などで鎮圧にあたった。


@イデオロギーと言うか反対の為の反対だから、主義主張より暴れる事に意味があるわけです。大人しすぎる日本の若者も、見習うべき。





参考:イタリア北部ミラノ郊外で1日開幕した国際博覧会(万博)は万博史上初めて「食」をテーマに取り上げた。
世界人口が73億人に膨れ上がる中、8億500万人が食料不足に苦しむ一方、先進国で深刻化する肥満が途上国にも拡大。
貧富の格差拡大に伴う「食の不均衡」は地球規模の緊急課題となっており、万博が解決に向けた国際世論の喚起につながるかどうかが焦点だ。
万博は「環境」をテーマにした2005年の愛・地球博(愛知万博)を機に、地球規模の課題について解決策を提示する「理念提唱型」になった。
10年の中国・上海万博は「都市化」の問題を取り上げ、今回のミラノ万博は「食」を支える農林水産業や、
伝統的な食文化の重要性を前面に打ち出した。
万博主催国イタリアは「美食の国」と呼ばれるが、中東・アフリカの紛争地から押し寄せる難民・移民によって途上国の現実を目の当たりにしている。
西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱などの感染症や、アジアなどの途上国が影響を受けやすい気候変動、
自然災害によっても「食の安全」は破壊される。
イタリアのマルティーナ農林相は万博開幕にあたって「食料問題は(紛争や戦争などの)地政学的な課題を生み出している」と述べ、
世界の安定と平和の観点からも食料問題に取り組む必要性を指摘した。


@行きつくところ自給自足。安全で美味い物をつくれば、TPPなんて怖くない。


平成27年5月3日


フィンランド首都ヘルシンキ沖に潜水艦か、爆雷で警告



フィンランドの首都ヘルシンキ沖を巡視するフィンランド国境警備隊の巡視船トゥルバ(2015年4月28日撮影)

フィンランド国防省は28日、同国海軍が首都ヘルシンキ(Helsinki)沖で潜水艦とみられる物体を発見し、警告したことを明らかにした。
国防省発表によると、ヘルシンキ沖の領海内の領海線近くで巡視活動を行っていた海軍艦艇が27日正午(日本時間同日午後6時)ごろ
海中に不審な物体があるのを探知した。夜になって再び不審な物体を発見したため翌28日午前3時(日本時間同日午前9時)ごろ、水中爆雷を発射した。
カール・ハグルンド(Carl Haglund)国防相は同国のスウェーデン語紙フーブスターズブラデット(Hufvudstadsbladet)に対し、
水中爆雷は「大きな音を発するが標的に直接的な危害は与えず」、何らかの活動を察知したと相手に知らせるためのものだと述べた。
一方、この件について記者会見したフィンランド海軍の幹部は、センサーを通じて得られた情報の分析には
数日から数週間かかるとの見通しを示したが、海中で何が起きたのか非常に詳しく把握していると述べた。
フィンランド海軍は物体の大きさや、この物体を探知した場所やその水深といった情報は一切明らかにしていないが、
現在は当該海域での巡視を終え、地上から状況を監視しているという。
昨年10月にはスウェーデンの首都ストックホルム(Stockholm)近海で外国のものとみられる「謎の潜水艦」が目撃され、
同国海軍が大規模な情報収集活動を1週間に亘って展開したが、その正体は特定できなかった。
政治アナリストの間では、スウェーデンとフィンランドに潜水艦とみられる不審な物体が現れた
タイミングがいずれも総選挙で新政権が誕生した直後であることから、北大西洋条約機構(NATO)に加盟していない両国に
NATOと距離を置くよう促す警告のメッセージではないかという見方も出ている。
スウェーデンでは昨年9月の総選挙で野党連合が勝利して翌10月に新政権が誕生。
フィンランドでも先に行われた議会選で政権交代が確実となっている。
1340キロの国境線で大国ロシアと接するフィンランドは、第2次世界大戦(World War II)以降、ロシアとの友好関係を保とうとしてきた。


@ロシアでしょうね。





平成27年4月29日


ロシア・シベリア南部のハカシア共和国で12日、1000軒もの家屋が燃える大規模火災



ハカシア共和国チェルノゴルスク市にはシべリア抑留者の慰霊碑があるようです。

ロシア・シベリア南部のハカシア共和国で12日、1000軒もの家屋が燃える大規模火災があり、
負傷者が100人以上との情報がでています。ソーシャルメディアに公開された車載カメラの映像。あたり一帯が煙に包まれています。
ロシアのシベリア連邦管区にあるハカシア共和国で、およそ20の村や町にまたがる大規模な火災が発生しました。
ラヂオプレスによりますと、火は1000軒近い家屋を焼き5人が死亡、100人余りがけがをしたということです。
火災の原因は火のついた牧草で、強風で燃え広がったとみられています。
「強風によって当局の空軍が現場に向かえません。風が収まったら調査と消火活動を行います」(ロシア当局)
ロイター通信によりますと、消防隊員1000人以上が消火にあたりましたが、強風で作業が難航しているということです。


@見ての通り。





平成27年4月13日


ソユーズ宇宙船、3月28日午前4時42分に打ち上げ成功…クルーはISSに1年間滞在


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在クルーがソユーズTMA-16M宇宙船(42S)で日本時間3月28日午前4時42分、
カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたと発表した。
クルーは第43次/第44次長期滞在クルーはゲナディ・パダルカ宇宙飛行士、第43次/第44次/第45次/第46次長期滞在クルーのスコット・ケリー宇宙飛行士と
ミカエル・コニエンコ宇宙飛行士。
今回ISSに飛行する第43次/第44次/第45次/第46次長期滞在クルーのケリー、コニエンコ両宇宙飛行士は、
現在約半年間となっている滞在期間よりも長い、2016年3月まで約1年の長期滞在を行う予定。
微小重力環境下での1年にわたる滞在が身体や心理面などにもたらす影響などを調べるさまざまな実験や評価を行う計画。
また、第43次/第44次長期滞在クルーのパダルカ宇宙飛行士は、今回が5回目の宇宙飛行。
滞在中にセルゲイ・クリカレフ宇宙飛行士が持つ宇宙滞在合計日数803日の最長記録を更新することになる。
42Sミッションは、長期滞在クルーとともに、新しいソユーズTMA-16M宇宙船をISSに届けるミッション。
今回も打ち上げ後、地球を周回しながら上昇し、約6時間後にISSにドッキングする運用が行われる予定。I
SSへ打ち上げられるソユーズ宇宙船の打ち上げとしては42回目となる。








平成27年3月28日


リトアニア ロシアからの領土要求を恐れ、戦争に向けて準備する



リトアニアの下のロシアと記してある小さな領土がロシアの飛び地カリーニングラード州。

リトアニアは、「ロシアの侵略」を真剣に恐れている。オーストラリアのKurier紙が伝えた。
学校では、爆撃されたときの行動規範が記載された小冊子が配布され、ミサイル防衛(MD)に関する授業が行われているという。
首都の通りでは、かつてないほど多くの兵士の姿がみられる。
リトアニアは、ロシアがロシア領土と飛び地カリーニングラード州を結ぶ「回廊」創設に関する
「領土要求」をリトアニアに行うことを真剣に懸念している。
Kurier紙が報じた。リトアニアはカリーニングラード州とベラルーシを隔てており、ロシアは「回廊」の創設を要求する可能性があるという。
リトアニアのグリボウスカイテ大統領は、ブリュッセルで再びロシアを批判した。
リトアニアは、対ロシア制裁の強化を求めた。
グリボウスカイテ大統領によると、「侵略国」との話し合いは「無意味」だという。
なおロシア側は、リトアニアの危惧の現実性を確認する声明を一切表していない。


@リトアニアはNATOに加盟し米軍と軍事訓練も行っているようですので、ウクライナのようにはいかないかも知れません。
笑い話のような本当の話で、最近、海兵学校の生徒がロシアで訓練を終えて列車でカリーニングラードに向かっていたところ、
それを見た市民がロシア兵と間違えて愈々攻め込んできたと通報し、通報を受けた駅長は即効駅を閉鎖したそうです。わはは





平成27年3月27日





inserted by FC2 system