爆砕!!再生可能エネルギー法案 U 爆砕!! 再生可能エネルギー法案 T

エネシフ・ナウ 社民党系の集まりですか。なるほど・・・・仲いいよね。

自然災害を人災に変えて金儲けを企む卑しき連中。 あべともこと共に歩む会 ←全映像あり。


在日朝鮮人の詐欺師集団 このいかがわしさったらありゃしない。普通の日本人は近づいてはいけませんよ。


「太陽光関連事業者」の倒産が2016年は最多の65件発生



このメンツを見て、そのいかがわしさが分からない奴は朝鮮人だけ。


10年後には、産廃の山だ。大雪、大雨、強風、台風に弱い。こんな事をしてまで、金を儲ける正当性がどこにあると言うのか? 正当性がないから倒産するんだよ。
そうそう、安価なシナ製のパネルにはPCBが大量に使われているので、とんでもない事になりますよ。


市場拡大を見込まれた太陽光発電だったが、「太陽光関連事業者」の倒産が急増している。
2016年(1-12月)の太陽光関連事業者の倒産は65件(前年比20.4%増)で、調査を開始した2000年以降で最多を記録した。
また、負債も大型倒産の発生で過去最高を更新した。
時系列では、上半期(1-6月)だけで30件(前年同期比20.0%増)発生し、2014年までの年間件数を上回った。
下半期(7-12月)は上半期をさらに上回る35件(同20.6%増)が発生、時間の経過とともに増加をたどっている。
12月は単月最多の10件が発生し、太陽光関連事業者の経営環境の激変ぶりを象徴している。
相次ぐ買い取り価格の引き下げや、2016年5月に成立した改正再生可能エネルギー特措法で事業用太陽光発電は
2017年4月以降に入札導入の方針が示され、太陽光関連事業者は企業としての力量を問われている。


@そもそも地球にやさしい原子力を差し置いて、不安定極まりない再生エネなんて工業先進国の我が国においては、何の役にも立ちません。
無知なバカが、核分裂や核融合と言う言葉に騙されてその本質を見失ってギャアギャア騒いでいるだけで、福島原発の放射線で死んだ人間は一人もいません。
まあいずれにしても、原発の正当性と再生エネの欺瞞性を当初から取り上げてきた私の説が如何に正しかったか、証明されたと言う事です。
山河死守を言うなら、山を切り開いて、はげ山にしている太陽光発電こそ追求してしかるべきだろ。


平成29年1月12日


わはは 家庭用の太陽光発電  買い取り価格3円値下げへ


再生可能エネルギーで発電した電力をあらかじめ決めた価格で買い取る制度について、経済産業省は、
家庭用の太陽光発電の来年度の買い取り価格を1キロワットアワー当たり今年度よりも3円安い28円とする方針を決めました。
再生可能エネルギーで発電した電力を電力会社があらかじめ決めた価格で買い取る制度では、
毎年、経済産業省の審議会が価格を見直していて、13日に開かれた会合で、来年度、平成29年度以降の買い取り価格の案がまとまりました。

それによりますと、出力が10キロワット未満の主に家庭用の太陽光発電は、今年度より1キロワットアワー当たり3円安い28円となっています。
家庭用の太陽光発電は今回から3年分の価格を示すことになっていて、再来年度は26円、次の年度は24円としています。

出力が10キロワット以上の事業用の太陽光発電は、今年度より3円安い21円で、制度が始まった4年前に比べて半分の水準となっています。
風力発電は、来年4月から9月は今年度と同じ22円に据え置きますが、10月からは21円に下げます。
風力発電も今回から3年分の価格を示すことになっていて、再来年度は20円、次の年度は19円とされ、初めての値下げとなっています。

買い取り価格はコストや普及の状況などで見直されていて、普及が進んでいる太陽光や発電コストが海外に比べて割高な風力は、
買い取り価格を徐々に下げる方向となっています。
電力会社は、買い取り価格を電気料金に上乗せしているため、価格引き下げによって電気の利用者の負担は今年度よりは抑えられることになります。
一方、地熱や水力、それに木の廃材などを使ったバイオマスの発電は、普及が進んでいないため、
一部の発電規模を除いて価格が据え置きとなっています。
13日に示された案は、一般の意見を聞いたあと、来年3月までに正式に決まります。


@下で示した通り、百害あって一利なし。もう即刻止めるべき。家庭用にしたって、15年後には安易に捨てられない産業廃棄物じゃないか。
それと、買い取り価格はキロ3円が妥当だそうだよ。わはは


平成28年12月14日


許せない! 大自然を破壊して、なにが再生エネだ! 太陽光パネル設置で、乱開発!!



業者は、連絡先等を掲示する義務もないそうです。




この写真を見て何も感じない奴は、朝鮮人か左翼です。


@最近になって、山を切り開いて行われてきた太陽光発電による自然破壊によって、雨水が山肌を削って清流だった川が泥水となり、
そのままその泥水が漁港や港に流れ込んで、養殖の魚や海苔業に多大な損害を与えています。
菅直人や小泉純一郎、孫正義は大邸宅に住んで、こんなところで山紫水明なる我が祖国の大自然を破壊しまくって金儲けしています。
即刻、法規制すべきです。IR法もいいけど、自民党さんよ、頼むぜしかし・・・・


平成28年12月14日


太陽光発電の元経営者の男 約1億1900万円を脱税


太陽光発電システム販売会社の元経営者の男が法人税約1億1900万円を脱税したとして、東京地検特捜部から追起訴されました。
東京・港区の太陽光発電システム販売会社「日本スマートハウジング」を経営していた前山亜杜武被告(52)は2013年までの3年間に、
約4億円の所得を隠し、法人税約1億1900万円を脱税した罪に問われています。
特捜部によりますと、前山被告は架空の業務委託手数料を計上するなどの手口で脱税し、
金は事業資金に充てていたほか、一部を私的に使っていたということです。
また、嘘の契約書を作り、脱税を手助けしたとして人材派遣会社の社長・唐澤誠章被告(42)も追起訴されました。
2人は社員に教育訓練を行ったように装い、国の助成金約4700万円をだまし取った罪でも起訴されています。


@ここで書いてきたとり、菅直人と孫正義の所謂朝鮮人グループによる国家的詐欺(再生エネ法)グループに加担した奴らの末路です。
自分で福島をメルトダウンさせて、それを孫と組んで金儲けの材料にするって、普通の日本人では考えもつきません。
それにしても、どうして日本のメディアはこの事実を一切追求しないのでしょうね。





平成28年11月8日


キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!  「太陽光関連事業者」の倒産が過去最多ペース


 
再生エネ法でひと儲けたくらんだ在日朝鮮人の詐欺師集団  その結果、大儲けした菅直人が購入したエコ豪邸。被災者が未だに仮設住宅で暮らしていると言うのに、
原発に反対するアホは、誰一人これを追及しない。


2016年1-9月の「太陽光関連事業者」倒産状況
2016年1-9月の太陽光関連事業者の倒産は42件(前年同期比10.5%増)に達した。
このままのペースで推移すると、年間最多の2015年の54件を上回り、調査を開始した2000年以降で最多を記録する勢いで推移している。
太陽光関連事業は2012年7月に再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)の固定価格買い取り制度(FIT)が導入され、
これを契機に業態転換や法人設立が相次ぎ、多くの事業者が参入してきた。
だが、買い取り価格の段階的な引き下げで市場拡大のペースが鈍化したほか、事業者の乱立などで競争が激化し事業が立ち行かなくなる業者が続出。
成長が見込まれた有望市場から一転し、2015年を境に倒産が急増している。
※ ソーラーシステム装置の製造、卸売、小売を手がける企業、同システム設置工事、コンサルティング、
太陽光発電による売買電事業等を展開する企業(主業・従業問わず)を「太陽光関連事業者」と定義し、集計した。


倒産件数 過去最多ペースで推移
 調査を開始した2000年以降、年間倒産の最多は2015年の54件だった。同年の1-9月の累計倒産は38件だったが、
2016年同期はすでに42件に達し、過去最多記録を塗り替えるペースで推移している。 
 2016年1-9月の負債総額は185億200万円(前年同期比10.9%増)だった。
年間での負債総額の最多は2015年(1-12月)の213億5,500万円だったが、このままのペースで推移すると件数、負債ともに過去最多となる可能性がある。

原因別 「事業上の失敗」が全業種平均よりも高水準
原因別では、「販売不振」が最も多く21件(構成比50.0%)と半数を占めた。次いで、「事業上の失敗」8件(同19.0%)、「運転資金の欠乏」6件(同14.2%)と続く。


@買い取り価格はガンガン下がるし、天候不良でガンガン壊れるし、こうした倒産にうちのブログがそれなりに影響を与えたと思うと嬉しい限り。
天候に影響を受ける不安定電源なんて扱うものじゃないし、売るものじゃない。電気は、原発で発電されるようなクリーンで安定した
安い電気を電力会社から供給を受けて使わせて頂くもの。わはは
CO2を撒き散らし、地球環境にとても悪い影響を与え続ける火力発電こそ早急に止めるべき。
墜落する可能性のある人工衛星などは、ソーラーパネルでいいけど、惑星探査などはもう既に原子力電池が使われている時代なんだよ。


平成28年10月31日


許可なく太陽光発電の工事を請け負った名古屋の悪徳企業摘発 社長の中野栄次「許可知らなかった」



なんだこのあからさまな、顔ぶれ。原発をメルトダウンさせて、のうのうと金儲けに利用している菅直人。家まで新築している。


許可を得ないで太陽光発電設備の工事を請け負ったとして、社長が逮捕されました。
建設業法違反の疑いで逮捕されたのは、名古屋市にある「フロンティアパワー」の社長・中野栄次容疑者(43)です。
警察によりますと、中野容疑者は去年12月から今年3月に、愛知県の許可を得ずに不動産会社などから
太陽光発電設備の工事を請け負った疑いが持たれています。
中野容疑者は容疑については認める一方、「許可について詳しく知らなかった」と供述しているということです。
中野容疑者は三重県でも2度、行政指導を受けていて、警察は他にも工事を請け負っていた可能性もあるとみて余罪を調べています。


@何度も何度も書いてきましたが、再生エネは在日朝鮮人と福島第一をメルトダウンさせた菅直人のシノギですから、騙されないように。
こういう悪徳企業が、電気が売れるとか電気代が安くなるなんて嘘をついて販売しています。
最近の異常気象で、皆吹き飛んでいたり故障したり、15年後には、簡単に捨てられない産業廃棄物です。





平成28年10月3日


東京地裁 「脱原発テント」を経産省敷地から強制撤去・・・国は、1円残らず使用料を回収しろよ!



あらゆる妨害をはねのけ戦った、愛国的市民団体の大勝利。


東京・霞が関の経済産業省の敷地内にテントを設置して脱原発を訴えている左翼団体のメンバーに対し、
東京地裁は21日未明、テントを撤去して敷地から退去させる強制執行に着手した。
左翼団体側は大きな抵抗は見せず、約1時間半でテントは撤去された。
東京地裁の執行官と経産省の警備員ら100人以上が午前3時半過ぎ、テント周辺に集まり、人垣を作るなどして周囲を立ち入り禁止とした。
テント内には左翼団体の男性5人がいたが、執行官らに促されて退去した。午前5時過ぎにテントや脱原発を訴える看板などが全て撤去された。
左翼団体は2011年9月からテントを設置して国の原発政策に抗議しており、国が13年3月、立ち退きを求めて東京地裁に提訴した。
1、2審判決はテントの撤去と土地の明け渡し、土地の使用料の支払いを命じ、7月に最高裁で確定した。
経産省によると、土地の使用料は一部を回収したが、未回収の金額は今月1日現在で約3800万円に上る。


@遅いんだよボケ。ゴミを撤去するのにどれだけの税金を使うんだ。きっちり回収しろよ。見てるぞ最後まで!


いつまで市民団体って、嘘の名称を使うんだい。真実を報道しろよ、奴らと同根のクソメディア。



平成28年8月21日


新党改革・荒井代表が政界引退へ 民主党政権でなければ、福島原発はメルトダウンしなかったってこと!


新党改革の荒井広幸代表(58)は11日午前、国会内で記者会見し、参院選で自身を含めて議席を確保できず、
所属国会議員がゼロになった責任を取り、政界を引退すると表明した。
「当選者を出すことができずに本当に申し訳ない。党代表、政治家としての力量不足で、責任を痛感している。
(参院選の)結果の責任を取って引退させていただきたい」と述べた。
荒井氏は「政党要件を失ったので、新党改革を閉じたい」とも語り、解党手続きを進める考えを示した。


@今時、脱原発なんてアホな事を言ってるからだよ。勉強し直してこい。原発が悪いんじゃなくて、注水を止め、メルトダウンさせた菅直人が悪いの。
民主党政権でなければ、福島原発はメルトダウンしなかったってこと。

要は、民主党に一票を投じたアホが福島原発をメルトダウンさせておきながら、その口で原発に反対してるんだから、何をかいわんやって事。
本来、責任を取るべきは、お前達だろ。


平成28年7月11日


太陽光価格、2割超下げ=国民負担減、19年度に―経産省 そもそもこんな制度あり得ないだろ


経済産業省は2日、企業や家庭がつくった太陽光発電の買い取り価格について、2019年度に現行から2割超引き下げる方針を固めた。
国の制度に基づく買い取り価格が高めに設定されており、国民負担が大きくなっていると判断、是正を急ぐことにした。
出力10キロワット以上の設備を持つ企業などからの買い取りは16年度の1キロワット時当たり24円から毎年2円程度下げ、
19年度に17〜18円程度にする。家庭からの買い取りも、16年度の31〜33円から19年度に24円程度に引き下げる。 


@とてもいい傾向だけど、そもそもこんな制度あり得ないんだよ。
原発稼働の賛成反対で線引きすべきで、反対の奴らから全額徴収して買い取ればいい。賦課金制度も原発に反対するアホから徴収すべき。

クソバカで無知な口だけ反対派が、かなり減る筈だ。わはは


平成28年4月2日


「再生エネルギー」家計負担、5年で10倍超に! 年額8100円負担にネットで「なんでだ?」の声


 
再生エネ法でひと儲けたくらんだ在日朝鮮人の詐欺師集団  その結果、大儲けした菅直人が購入したエコ豪邸。被災者が未だに仮設住宅で暮らしていると言うのに、
原発に反対するアホは、誰一人これを追及しない。


再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に基づくすべての利用者の電気料金への上乗せ額が、
2016年度は標準的な家庭(1か月の電気使用量が300キロワット時)で「月額675円」になる。
15年度の月額474円から42%増え、FITがはじまった12年度(66円)と比べると、じつに10倍以上も増えたことになる。
値上げの理由は、太陽光発電などの導入拡大
FITは、太陽光をはじめ、風力や水力、地熱、バイオマスなどで発電した電気を、政府が決定する固定価格で、
電力会社が一定期間買い取ることを義務付けていて、その買い取り費用は電力会社が企業や家庭の毎月の電気料金に上乗せして回収している。
つまり、再生可能エネルギーの導入が進むほど、電気を使う消費者の負担が増える仕組みになっているわけだ。
経済産業省は2016年3月18日、FITに基づく電気料金への上乗せ額(賦課金)が、標準的な家庭で2015年度の月額474円から、
16年度は「月額675円」に値上げすると発表した。年額にすると8100円にものぼり、16年5月の検針分の電気料金から17年4月分まで適用される。

賦課金の単価は、1キロワット時あたり2.25円。再生エネルギーの買い取り費用や販売電力量などをベースに算出されるが、
2016年度の買い取り費用は前年度から4630億円増えて、2兆3000億円を想定している。
買い取り費用が増える要因について、経産省は16年度から新たに再生エネルギー関連で運転を開始する
設備が増えることや住宅用太陽光発電の稼働率が向上することをあげている。
じつは、新たに認定される太陽光発電事業者からの買い取り価格は2016年度も4年連続で引き下げられる。
また、17年度以降はコストの安い事業者に優先して参入してもらう入札制度を導入することで、経産省はさらなる価格低下を促す考えだ。
さらに、最近の原油価格の下落などの要因から燃料調節費が低下し、販売電力量も15年度の8366億キロワット時から
16年度は8025億キロワットと341億キロワットの減少を見込んでいる。
それでも、再生可能エネルギーの買い取り費用は増えるという計算なのだ。


@何を今更って感じです。アホばっかり。再生エネ特措法を廃止して、クリーンで安定していて安い原発を今まで通りガンガン稼働すればいいのです。


平成28年3月22日


高浜3号機が発送電開始、福井 今月下旬に営業運転へ  太陽光パネル設置を法律で規制せよ!



山紫水明なる我が祖国の大地を汚す太陽光パネル。すべての責任は、菅直人にある。


関西電力は1日、再稼働した高浜原発3号機(福井県高浜町)で発電と送電を開始した。4日にはフル稼働する予定。
原子力規制委員会の最終検査を経て、2月下旬に営業運転に移行する。
高浜3号機は昨年12月に燃料装填が完了。1月29日に再稼働し、30日には核分裂が安定して続く「臨界」状態に到達していた。


@CO2もさることながら、これだけで120億浮くそうです。供給を受けている関西では、4月から電気代も下がるそうで、万々歳。
兎に角日本の経済を支えている中小零細企業に安くて安定した電気を供給してあげてください。

反原発をうたい文句に、まったく不安定で在日朝鮮人と左翼が中心となって始めたいかがわしい金儲け、再生エネ(特に太陽光)を即刻再生エネ法から外し、
国民に負担を押し付ける買い取り制度と賦課金制度を取りやめるべきです。

20年後には、太陽光パネルの廃棄物(含むPCB)で、日本中が汚染されます。
鬼怒川の時もそうでしたが、全国的な異常気象によって、既に一部ではもう始まっています。一番クリーンなエネルギーは原子力発電です。

本当に規制すべきは、太陽光発電だ。


平成28年2月1日


菅元首相、安倍首相に敗訴 メルマガめぐる名誉毀損訴訟


東京電力福島第1原発事故の政府対応をめぐり、安倍晋三首相が発行したメールマガジンの記事で名誉を毀損(きそん)されたとして、
菅直人元首相が安倍首相に謝罪記事の掲載や約1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3日、東京地裁であった。
永谷典雄裁判長は「記事は事故対応の詳細が判明する前に発信されていた上、菅元首相の資質や政治責任を追及するもので公益性があった」とし、菅元首相の訴えを棄却した。
訴状によると、安倍首相は平成23年5月20日付の記事で「3月12日の海水注入の指示は菅首相の唯一の英断とされているが、
実際は菅首相の指示で注入は中断されていた。しかしこの事実を隠すため、注入は総理の英断とする嘘を側近がメディアに流した」などと指摘。


@わはは、嘘はダメだよ。知ったかぶりしたお前が、視察に行くからと態々注水を止めさせて、メルトダウンさせたんじゃないか。この糞バカ野郎。なにが反原発、再生エネだ。

アホに迎合して、脱原発だ反原発なんて綺麗事言っている奴には、ろくな人間はいないよ。小泉純一郎とか、鳩山由紀夫とか、小沢一郎とか・・・・


平成27年12月3日


太陽光発電の減税措置は2016年3月終了 やりたきゃ自腹切ってやれ、在日朝鮮人とその仲間の糞売国奴ども



なんだこのメンツ、在日朝鮮オンパレード。


11月30日に行われた政府・与党による2016年の政府会合にて、省エネや再生可能エネルギー設備への投資に対する優遇税制(グリーン投資減税)が議論されました。
結果として、当初の予定通り、普及が進んできた売電事業用の太陽光発電設備は除外される方針となりました。

@毎回書いてきたかいがありました。そりゃそうでしょ、朝鮮系の事業者を優遇し、まともに働いている国民の電気代に上乗せして(賦課金)やるような事業じゃありません。
原発をガンガン稼働して、安定した電気を供給し、電気代を下げて、日本の産業を支えている中小零細企業を守ってやるべきだよ。

やりたきゃ自腹切ってやれ、孫正義を筆頭とする在日朝鮮人とその仲間の菅直人や社民党・共産党の糞売国奴ども。


平成27年12月3日


“増え過ぎ”太陽光、入札で制限 普及に歯止め 在日朝鮮系と、左欲(左翼)の飯代を、国民に押しつけるな!


@なにが、脱原発だよ。そもそも反原発を、飯のタネにしようというシナや朝鮮系や左欲(左翼)のようなあさましい奴らが多すぎると言う単純な話であって、
その付けを真面目にこつこつ働いて生きている国民に押し付けようなんて考え自体がとんでもない話なんだよ。
即刻、買い取りの為の負担を国民に押し付ける滅茶苦茶な制度は、やめてくれ!!!!
(どなた様に限らず、賦課金という形で電気代に上乗せされて支払いを強要されています。電力会社の電気代集金レシートを見てください)





平成27年11月26日


鬼怒川氾濫「人災だ」住民反対押し切りソーラーパネル設置 常総市の皆さん、民主党系の高杉徹を選ぶから



自治労出身で、「脱原発」を目指す民主党系の常総市長高杉徹。太陽光発電の利権を貪るために業者と結託して市の職員にも圧力をかけていたそうだ。


 
堤防上にあったソーラーパネルは、見事に流されてあとかたもない。


 
土手の上部を2mも削った。


鬼怒川から大規模な水害が発生した茨城県常総市で11日、住民の逆井(さかさい)正夫さん(67)が「これは人災だ」と訴えた。
同市若宮戸地区では、昨年3月ごろから大規模太陽光発電所(メガソーラー)が建設されたことがきっかけで自然堤防が削り取られた。
豪雨による濁流はその場所から越水し、住宅地をのみ込んだとみられる。
近隣住民で最後までメガソーラーの建設に反対していたのは逆井さんだった。
昨年3月ごろから常総市、国土交通省の担当者らに鬼怒川氾濫の恐れを訴えた。今回の水害では同市三坂地区の堤防が決壊し、若宮戸地区で越水が発生した。

建設場所は私有地だったが、「生命や財産を失う不安があった。それらを守る権利が国民にはある」と声を上げ続けた。
しかし、同年5月には、同市石下庁舎の職員に「何かあれば自己責任で逃げてください」と切り捨てられた。
「鼻つまみ者にされたんだ」。役所に味方にされず、逆井さんは地域で孤立していった。
高さ2〜3メートルの自然堤防が約150メートルにわたって切り崩された。
メガソーラー建設地に自宅が面している遠藤玲子さん(59)は「自然堤防と生い茂った木々のおかげで、
2階からでも昔は鬼怒川は見えなかった」という。
逆井さんは「本当に悔しいよ」と憤る。13年11月に病気で亡くした妻幸子さん(享年60)の遺骨は今も自宅にあった。
がれきにまみれた幸子さんの車いすを手に「女房を守るためにも堤防を削るなとずっと戦ってきたんだ」と涙が噴き出た。
自宅には濁流が流れ込み、妻が大好きだったバラや家庭菜園も全て流された。
近隣住民の50代女性は建設業者に脅されたという。「危ないから山を崩さないでと言ったら『あんまり騒ぐと、ここに住めなくなるよ。
いいんですか』とすごまれた」と振り返る。自宅が壊滅的被害を受けた20代女性は「住民一体となって市なり、
国なり訴えたい」と怒りをあらわにした。
削られた自然堤防の代わりには土のうが積み上げられただけだった。逆井さんは「危惧していたことが実際に起こった。
こうなってからじゃないと、みんな分からねえんだ」と悔やんでも悔やみきれなかった。


@なんだよ、常総市長の高杉徹が元凶なんだ。


平成27年9月14日


堤防決壊「越水破堤」の可能性 専門家が現地調査 蓮舫【悪質なデマに注意をお願いします】←お前だろ


  



鬼怒川氾濫ソーラーパネル設置のため丘陵(自然堤防)掘削が原因!住民が常総市に訴え国交省も確認

太陽光が原因 鬼怒川堤防決壊 ソーラーパネル設置のため削られた自然堤防「一番危険な場所」も土のうだけ

@ど真ん中攻められて、必死でいい訳しているバナナ屋のヤリマン娘蓮舫。営利至上主義というか、
乱開発で太陽光パネルを設置した業者とそれを許可した堤防の監督官庁に責任のすべてはある。あと、坂本龍一もお忘れなく。





平成27年9月14日


太陽光が原因 鬼怒川堤防決壊 ソーラーパネル設置のため削られた自然堤防「一番危険な場所」も土のうだけ





台風18号の影響による大雨で関東や東北では10日も記録的な豪雨が続き、茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊した。
気象庁は10日未明から順次、栃木、茨城各県に特別警報を出した。
栃木・茨城両県を襲った大雨で、鬼怒川があふれ出したとされる茨城県常総市の鬼怒川左岸にある若宮戸地区は、
人工的な堤防がなく洪水の危険性が市議会などで指摘されていたことが10日、国土交通省などへの取材で分かった。
鬼怒川は1級河川で国が管理している。若宮戸地区は民有地のため、堤防を造る場合、国と土地所有者の協力が必要になる。
同省関東地方整備局河川事務所などによると、若宮戸地区では、通称「十一面山」と呼ばれる丘陵部が自然堤防の役割を果たしていた。
しかし昨年3月下旬、民間事業者が太陽光発電事業を行うため、横150メートル、高さ2メートル部分を削ったという。
住民から「採掘されている」と連絡があり、市は河川事務所に連絡。削ったことで、100年に1回起こりうる洪水の水位を下回ったため、
民間事業者は大型土のうを積んで対策を施したという。
昨年5月の常総市議会では、風野芳之市議が無堤防化の危険性を指摘したところ、市の担当者は「この地域が無堤防地区となっており、
一番危険な場所と判断している」と答弁。
茨城県筑西、結城、守谷3市にも同様の無堤防地区があると説明した。市側は各市町村などと連携しながら、
国に堤防設置の要望をしていると説明していた。


@報道されたようです。どうなのよ、太陽光。金儲け優先の、在日朝鮮事業だからね。まともな日本人は、手をださないよ。


平成27年9月11日


鬼怒川氾濫ソーラーパネル設置のため丘陵(自然堤防)掘削が原因!住民が常総市に訴え国交省も確認



昨日全国民が釘付けになった鬼怒川の決壊現場。



2013年12月1日の時点では、この位置には丘が残っていたことも確認できる。



2014年3月22日の時点で、この位置にソーラーパネルがあるのが確認できる。


鬼怒川氾濫ソーラーパネル設置のため丘陵(自然堤防)掘削が原因!住民が常総市に訴え国交省も確認 ←クリック


@リンク張らせてもらいました。とんでもない事実が出てきました。拡散よろしく!

恥を知れ! 坂本龍一 反原発は処世術、太陽光発電 XSOLのCMで稼ぎまくってるじゃないか! ← クリック 

かなり広範囲に設置されているのがよく分かります。



坂本龍一の責任は免れない。



平成27年9月11日


恥を知れ! 坂本龍一 反原発は処世術、太陽光発電 XSOLのCMで稼ぎまくってるじゃないか!



毎度おなじみですが、現実を直視してください。


@さすがだよ。孫正義や菅直人と同根で、福島原発災害(菅直人による人災)を飯の種にしている卑しいクソだ。

事故の後始末が終わらないうちに再稼働は許せないと、左翼や在日朝鮮人連合の反原発派は偉そうなこと言ってるけど、
未だに仮設住宅に住んでいる被災者がいると言うのに、エコハウス御殿を建てた菅直人、再生エネで独占的に儲ける孫や坂本。
こんな偽善的左翼や在日天国の日本で、本当にいいのか?


反原発が己の信じる信念とか生きざまなら、そんなものを飯のタネにするな。そうじゃないなら、偉そうなことは言うな。



平成27年9月3日


太陽光などの固定価格買い取り制度見直しスタート


この顔ぶれを見ておかしいと思わない連中は、かなり頭をやられていますよ。上の写真 ↑

経済産業省は有識者委員会を開き、再生可能エネルギー導入拡大に向け、太陽光など再生可能エネルギーの
固定価格買い取り制度見直しの議論を始めました。
委員会では、現行制度についての意見交換が行われましたが、事業化に時間が掛かる地熱などの拡大に向け、
年度ごとに算定している買い取り価格を長期に据え置きするべきだという意見が出ました。
また、太陽光発電の普及に伴い、買い取り費用が電気料金に上乗せされて国民負担が増える懸念もあり、
負担抑制策や太陽光の市場環境整備の検討をするべきという声も上がりました。
特に高い買い取り価格で認定を受け、太陽光パネルの値下がりを待ってから発電を始める事業者がいるという指摘もあり、
電力会社と売買契約した段階で買い取りを認めるなどのチェック体制強化も今後の課題となっていきます。
経済産業省は、太陽光に偏らず、地熱や小規模水力などを普及させるための検討も重ねて、年内にも方向性を示す見通しです。

@再生エネは、国が在日朝鮮系の詐欺師に飯の種を与えているようなもの。即刻全面廃止すべき。





平成27年6月25日


世界一周のソーラー飛行機、悪天候で愛知に着陸・・・いかに不安定電源か、いい宣伝になったネ!


太陽光エネルギーだけでの世界一周飛行に挑んでいる飛行機が、1日夜、悪天候のため、予定を変更し、日本に着陸しました。
愛知県内の上空に姿を見せたのは、今年3月、アラブ首長国連邦を飛び立ち、5か月かけて世界一周に挑んでいる
太陽光だけで飛ぶ飛行機「ソーラーインパルス2」です。
先月31日、スイス人パイロットが乗り込んで中国・南京を離陸し、ハワイに向けて飛行していたところ、天候が悪化したため、
予定を変更し、1日午後11時50分ごろ、愛知県営名古屋空港に着陸しました。
両翼72メートルの「ソーラーインパルス2」には1万7000以上の太陽電池が敷き詰められていますが、
電池の薄さを人の髪の毛程度に抑えるなど軽量化の工夫も重ねたほか、機体も普通自動車並みの重さと、
今回の飛行は世界中から注目されていました。天候が回復し次第、飛行を再開するということです。


プッ!





平成27年6月2日


太陽光発電に初の停止指示…需要超え停電恐れで


九州電力は7日、鹿児島県の種子島で太陽光による発電量が大きくなりすぎて停電する恐れが生じたため、再生可能エネルギー特別措置法に基づき、
太陽光発電設備を運営する1事業者に対し、発電の一時停止を指示したと発表した。
再エネ特措法に基づく発電停止は全国で初めて。
出力1000キロ・ワットの大規模発電設備を運営する1事業者に、4日に電話で指示。5日午前9時〜午後4時の7時間、発電を止めた。
5日は、大型連休中で役場などが休みで需要が下がる一方、好天で太陽光による発電量が大きくなり、需要を超えると予想された。
需要を大きく上回る電気が電線に流れると、周波数が乱れ、停電につながる恐れがある。島内で九電の電線につながっている太陽光、
風力発電の総出力は3月末時点で1万1399キロ・ワット。
九電が受け入れできる容量(8500キロ・ワット)を上回っており、4月28日に受け入れを制限する可能性があると発表していた。


@本当に困った現象です。勿論太陽光の事です。


平成27年5月7日


脱再生エネ! 経産省2030年の電源比率を決めるにあたり発電コストを試算 高額で不安定な再生エネこそなくせ!


経済産業省は、2030年の電源比率(エネルギーミックス)を決めるにあたり、発電にかかるコストを電源ごとに試算した。
「原子力」は、2030年に1kWhあたり「10.1円以上」と、2011年に試算した「8.9円以上」より、1円強引き上げた。
新しい規制基準を反映させ、安全対策の費用を上乗せしたためで、廃炉が決まった原子炉を除く43基の稼働率は、7割から8割が前提。
また、「石炭火力」は12.3円、「風力」が21.9円、「太陽光(メガ)」が24.3円と試算した。


@原発はそれでも安いくらいです。国民に別途代価を強いり高額で不安定極まりない太陽光や風力発電こそなくすべき。
あくまでも趣味程度でやるべき発電形態です。

そして問題は20年後、太陽光パネルは手に言えない有毒産業廃棄物になります。
太陽光パネルの素材:毒物や公害原因物質として超有名なヒ素、鉛、カドミウムを含むのがソーラーパネルです。
安全より価格のシナ製なんて、それこそ何が使われている事やら・・・・





平成27年4月28日


再生エネ「2030年に最大35%」 環境省試算  バカ言ってるんじゃないよ、有害廃棄物の山になるだろ!




@態々山を削って、環境を破壊し、カドミウムを含む有害廃棄物を設置してなにが再生エネやねん。
20年後にはヒ素やカドミウムの山で日本の国土が汚染されるぞ。そうそう太陽光パネルの火災事故めちゃ増えているし・・・有毒なガスが発生します。





平成27年4月4日


シャープ、パナに抜かれた?太陽光パネル増強へ


経営再建中のシャープは、不振の太陽光パネル事業をてこ入れするため、堺工場(堺市)の製造ラインを増強する方針を固めた。
日本で需要が落ち込んでいるメガソーラー(大規模な太陽光発電所)向けのパネルが売れないため、
需要が底堅い住宅向けへの転換を進め、事業の立て直しを急ぐ。
新ラインで量産するのは、メガソーラー用より効率よく発電でき、住宅向けで主流となっているパネル。
発電効率を高めた製品を商品化するという。
太陽光パネルを含むエネルギー関連事業はシャープの中核事業の一つで、同事業の営業利益(本業のもうけ)は、
2014年3月期の324億円から、15年3月期には50億円の赤字になる見通しだ。
経営悪化の要因となっており、撤退するとの観測も出ていたが、住宅用に力を入れることで、事業の継続を目指す。
シャープは太陽光パネルの国内市場で長年、シェア(占有率)首位だった。
しかし、最近は住宅向けに注力するパナソニックに追い抜かれたとみられている。


@原発とは関係なく、不安定な太陽光発電は家庭用といえどももうこれ以上普及しないからやめときな。
大体、メーカーは別としても販売している連中が詐欺師のような奴の集まる会社ばかりじゃないか。
売電も規制がかかって更に安くなるし、うちのブログを見て、取り付けようと思っていたけど止めて良かったて言う人が何人も感謝のメールくれてるよ。
そもそも電気は個人で発電して売るものじゃないの、電力会社から買って安く使わせて頂くものなの。


平成27年3月30日


電気代上乗せ倍増 再生エネ買い取り、国民負担1兆円超 15年度・・・・ふざけるな!



 
在日朝鮮詐欺師連合                                                       震災後、菅直人が購入したエコ豪邸。被災者が仮設住宅で暮らしていると言うのに、原発に反対するアホは、誰もこれを追及しない。

再生可能エネルギーの導入促進費用として電気料金に上乗せされる額が2015年度に、標準家庭で年5688円となり、
14年度の2700円から倍増する算定結果を経済産業省が19日示した。
家計や企業の負担は約1.3兆円と初めて1兆円を超える。
太陽光発電が政府の想定以上に増え、上乗せ額が急増した。
国民負担の増加は、政府が今後決める再生エネの導入目標の議論に影響を及ぼしそうだ。
12年7月に導入した固定価格買い取り制度(FIT)は、電力会社が再生エネを買い取る費用を「賦課金」の名目で電気代に上乗せし、徴収している。
算定結果は、経産省が同日の有識者会議に開示。買い取りに要する賦課金の総額は、15年度に1兆3222億円となり、
14年度の6520億円からほぼ倍増。
FIT導入後、初めて1兆円台に入った。月に300キロワット時の電力を使う標準家庭で、
15年度の負担額は月474円と14年度の225円から増える。5月の電気料金から適用される。
太陽光発電は、風力やバイオマスなどに比べて初期費用が低いため、多数の事業者が参入。
経産省は「想定を上回るスピードで太陽光の導入が進んだ」(新エネルギー対策課)としている。
再生エネは、資源が乏しい日本には“国産エネルギー”となり、政府は再生エネを増やす方針だ。
今夏までに策定する30年の「エネルギーミックス(電源構成比)」で、電力に占める
再生エネ(水力発電を含む)の比率を2割以上とする方向で検討している。
ただ賦課金の総額は、今後も年々、増え続ける見通しだ。
特に電気料金の減免制度がない中小企業の負担は重く、この日の経産省の会議で中小企業経営者の委員から
「賦課金が膨張し続けていくことを心配している」との指摘も出た。


@原発をメルトダウンさせた菅直人が孫正義と組んでひと儲けを企み再生エネ法をつくって、太陽光で儲けている訳だが、
なんでそのつけを我々国民が負担しなけりゃならないんだよ。
本当に、無学なくせに脱原発だなんて騒いでいるアホには放射能を浴びせまくってやりたいよ。

原発を兎に角全基稼働して、先ず基本料金をさげろ。どうしてだれも文句を言わないの? なんで国民が負担しなければならないの?





平成27年3月20日


再生エネ2030年に21%、政府目標達成へ  ハァ? そんな不安定電源で、日本経済を破壊するお積りか?


  
 
2030年の国内発電量に占める太陽光や風力など再生可能エネルギーの割合が、21・37%に達する見通しとなった。
政府は14年4月に、約11%(13年度)の再生エネの割合を30年に「約2割を上回る水準」まで高めるとの目標を定めていたが、
太陽光発電などの急増で達成の見通しがついた。今後、さらに再生エネの割合を増やせないか検討する。
経済産業省が10日開いた、将来の最適な電源構成(ベストミックス)を検討する有識者会議で明らかになった。
それによると、全体の発電量を1兆キロ・ワット時と見込んだ場合、発電割合は水力が9・53%と最も多く、
続いて太陽光が7%、バイオマス2・86%、風力1%、地熱0・98%だった。


@世界一の工業先進国を自負しているならば、そんなバカげた目標を立てれる筈がありません。
メルトダウンしない高温ガス炉(勿論原発)を普及させ、安くて安定した電気を精密機械を駆使して日本経済を支える中小零細企業に送り続けることこそ
政府が推し進めるべき電源構成です。


平成27年3月11日


太陽光発電、電力会社の受容能力900万キロ・ワット不足 菅直人と孫正義が儲けようと煽った結果発電過剰


全国の大手電力会社が受け入れられる太陽光発電の電気の容量が、国が事業認定した太陽光発電業者の
供給計画の容量を大幅に下回ることが、政府の試算で分かった。
電力会社の受け入れ可能容量は計約6200万キロ・ワットなのに対し、認定した容量は
計約7100万キロ・ワット(昨年末時点)で、受け入れ容量が約900万キロ・ワット不足している。
需要を大幅に超える電気が送電線に流れると、電気の周波数や電圧が乱れて停電などが起きる恐れがある。
政府は、太陽光発電業者に少しずつ発電量を減らしてもらい、できるだけ多くの業者から電気を受け入れられるようにする方針だ。
政府が公表していた九州電力など7社の太陽光による発電の認定量は計約4100万キロ・ワットで、
受け入れ上限は計約2400万キロ・ワットだった。
今回、東京、関西、中部の3電力合計で認定量が約3000万キロ・ワット、受け入れ可能容量が約3800万キロ・ワットであることが新たに分かった。
経済産業省が10日の有識者会議で公表する見通し。受け入れに余裕がある電力会社に、
他の地域で発電した太陽光の電気を送る仕組みも検討する。


@いずれにしても、再生エネの被害をこうむるのは我々消費者。電気代で毎月支払っています。(再エネ発電促進賦課金として徴収されています)
Co2を排出しないクリーンな原子力発電で地球を守り、電気代も安くしよう。核燃料サイクルの確立こそ急務!

綺麗事しか言わない大衆迎合の政治家や左翼には注意しましょう。賢い人間は大衆に迎合することなく正義を貫き、原発を推進します。
そもそも電気は売るものではなく、安く買うものです。

    原発全基稼働で、なくせ再生エネ!


平成27年3月10日


わはは 太陽光発電の買い取り価格 3年連続引き下げへ



金に汚い在日朝鮮人の集まり。

経済産業省の有識者会議は、2015年度の太陽光発電の買い取り価格を3年連続で引き下げるなどの意見を取りまとめました。
買い取り価格案では、太陽光発電は出力10kW以上の事業用が32円から29円に、利益を手厚くする優遇措置が終了する
7月以降は27円に引き下げます。
また、10kW未満の住宅用は、電力需要が少ない時に発電を抑えるための装置を付けた場合、37円から35円に引き下げます。
発電コストの低下により、3年連続の引き下げです。
3月中に最終決定をする見通しです。
一方、風力や地熱発電など太陽光発電以外の再生可能エネルギーは、導入が進んでいないため価格は維持します。


@わはは 苦情があれば、菅直人と孫正義までお願いします。最近明るいニュースがないけど、めちゃ楽しい。
今は買い取りの総量にも、規制がかかってますよ。不安定かつ周波数の安定しない汚い電力は要らないそうです。





平成27年2月24日


再生エネ買い取り対応策、発電量抑制求めやすく  そもそもクソ再生で、国民に負担を強いるな!


@そもそもと言うけれど、福島の原発問題を取り上げ、すべてのメディアを総動員して反原発キャンペーンを繰り返し、
そもそも不純な朝鮮系の卑しき連中が始めた新商売を法で電力会社と国民を縛った悪法であり、
そんなものは一日も早くなくせば済んでしまう程度の話。で、全原発が再稼働すれば、天候で左右されるような不安定な電源は吹き飛んでしまいます。
基本どうしてもというなら個人の趣味の範囲でやればいいんであって、金にならなくてもどうぞおやりください。地球にやさしいんだろ、シナの手先の皆さん。
煽ったメディアの責任は、歴史捏造や慰安婦強制連行問題よりこれ又大きいぞ。わはは





平成26年12月19日


わはは 再生可能エネルギー買い取り見直し  正式決定!!





経済産業省は16日に専門家の会議を開き、電力会社に対して再生可能エネルギーによる電力をすべて買い取ることを義務づけた
制度の抜本的な見直しについて議論し、今週、電力会社が必要に応じていつでも太陽光発電などの買い取り量を減らせることなどを正式に決める方針です。
再生可能エネルギーによる電力は、現在電力会社が固定価格ですべての買い取りを義務づけられていますが、
価格が高いことから申し込みが急増し、買い取りを一時的に制限する動きが相次いでいます。
このため経済産業省は、再生可能エネルギーのうち発電量が不安定な太陽光と風力発電を対象に、制度を抜本的に見直すことにしています。
これまでのところ、電力会社が太陽光などの発電量が需要を上回る恐れがある場合、新規の契約については、
買い取らなくてもいい年間30日という上限を撤廃し、必要に応じていつでも買い取り量を減らせることが固まっています。
さらに見直しの対象に大規模な発電施設だけでなく、住宅の施設も含める方針です。
経済産業省は、こうした方針を16日の専門家の会議でさらに議論したうえで、今週正式に決めることにしています。
再生可能エネルギーの普及を目指した制度は、導入から僅か2年余りで大きな転換点を迎えることになり、
急拡大してきた発電事業者の新規参入が今後減るのではないかという見方が出ています。


@ここでいい続けてきた事が現実になりました。住宅も含むというのが素晴らしいです。
朝鮮人孫正義や福島原発メルトダウンの張本人菅直人の描いた野望は見事に破たんしました。わははは 愉快愉快


平成26年12月16日


再生エネ購入、地熱優先へ…太陽光偏重を見直し



核武装し、同じ過ちは繰り返さないと誓ったものです。


政府は、太陽光などで発電した再生可能エネルギーを固定価格で大手電力会社に買い取らせる制度を見直し、
安くて安定した発電が見込める地熱発電からの電気を優先的に購入させる方針を固めた。
すでに太陽光からの買い取り費用も抑える方向で検討を始めている。再生エネを普及させる方針は維持しながら、
「太陽光偏重」の制度を改め、電気料金の値上がりを小さくすることを目指す。
政府は15日の総合資源エネルギー調査会の小委員会で議論を始め、年内に最終的な方向性を打ち出す。
火山国の日本は地熱の資源量は世界3位で、東北や九州など17か所で地熱発電所が稼働する。
地熱は、〈1〉太陽光などと比べ、天候に左右されずに安定的に発電できる〈2〉発電コストも安い――のが特長だが、新規の開発は進んでいない。


@私たちの地道な活動がじわじわ日本社会に浸透してきています。

本来、世界で唯一の被爆国であればこそ、核廃絶を訴えるのではなく、核の研究開発を権利として堂々と世界に主張できる国なのですよ。

過ちというなら、核兵器の開発を怠った事で、広島長崎がある訳で、核の抑止力がなかった事がその悲劇を生んだという事の証です。

兎に角再生エネでも特に太陽光はいけません。不安定すぎます。つい最近も書いたばかりです。


平成26年10月12日


経団連、再生可能エネルギー買取制度見直しなど提言  火災時に消火の邪魔をする太陽光パネル!



台風で飛ばされた太陽光パネル。災害時、停電で電気が欲しい時には一切発電しません。逆に災害被害をでかくします。火事では有毒ガスを発生し、屋根を覆うので消火の邪魔をします。
米国では消防士が感電や有毒ガスで亡くなっています。


経団連は、太陽光や風力など再生可能エネルギーの買い取り制度を見直すことなどを盛り込んだ提言を発表しました。
経団連の提言によりますと、すでに認定を受けた事業者の再生可能エネルギーを全て買い取った場合、
1年間でおよそ2兆7000億円の費用が発生し、その分が全て電力料金に上乗せされると指摘。
送電線の容量を増強する費用なども追加で発生するとして、現在の再生可能エネルギーの買い取り制度を見直すべきだとしています。
その上で、経団連は通常1年ごとに行われる買い取り価格の改定を半年ごとに変更するほか、法改正をした上で
再生可能エネルギーの買い取り量に上限を設けることなどを提案しています。


@だから口を酸っぱくして言い続けてきたでしょ、再生エネは詐欺だって。個人/企業とも手をだしてはいけません。
がんがん買い取り価格は下がるは、パネルの経年変化による劣化、故障すれば廃棄にかなりお金がかかります。
PCBクラスの簡単に処分できない危険な素子(カドミウム等)が使われていますので、人体や環境破壊につながる産業廃棄物(有害)として
(販売業者はリサイクルすると言い張りますが)処理する必要がありかなりお金がかかりますよ。





平成26年10月8日


経産相、各電力会社の再生エネ受け入れ量を検証へ


電力会社が再生可能エネルギーを買い取る新規契約を中止する動きが広がっていることを受けて、
小渕経済産業大臣は各電力会社の再生可能エネルギーの受け入れ量を検証する考えを示しました。
「再生可能エネルギーの発電しようと思うみなさんにとっては、やはり大きな影響を及ぼすことで
あるということは否めないという風に思っています」(小渕優子経産相)
再生可能エネルギーの事業者からの買取をめぐっては、九州電力が25日から契約の受付を中止し、
30日、北海道電力など3社も新規契約を当面停止すると発表しました。
電力会社はおととしから太陽光などの再生可能エネルギーの買取を始めていましたが、その量が急増していて、
送電網の容量を超えると「電力供給が不安定になる」可能性があり、当面、新規契約を停止することを決めたものです。
経済産業省は今後、各電力会社が再生可能エネルギーをどれくらい受け入れることが可能か検証し、送電網を拡充することなども検討します。


@昨日書いた通り。原発を稼働すればこんな不安定な電源はいりません。在日朝鮮人と左翼と一部の右翼にお金儲けさせるための事業はやめましょう。





平成26年10月1日


再生エネ“新規”買い取り、東北電は1日から中断 孫正義を儲けさせる為に、どうして年間2700円払うんだ!


  


太陽光や風力などの再生可能エネルギーの買い取り制度をめぐり、東北電力は新規契約の受け付けを
10月1日から管内全域で中断することになりました。
これは太陽光発電などによる電力の供給が急増したため、新規の受け入れを続ければ送電網の受け入れ能力が追いつかず、
大規模な停電が起きるなど、電力の安定供給の支障をきたすおそれがあるためと判断したためです。
東北電力では、海輪誠社長が25日の会見で中断を検討していることを既に明らかにしていて、
30日午後、会見を開き、正式に発表する予定です。
再生可能エネルギーの新規契約の受け付けを中断するのは、25日に中断を発表した九州電力に次いで2例目です。
東北の沿岸部では、東日本大震災の津波で被災した土地を活用し、太陽光発電に取り組む動きが広がっています。
宮城県の担当課では、今後の影響について見極めたいとしています。


@家庭用の所謂10kw未満は除くそうですが、新規売電顧客に対する買い取りの回答を中断するということのようです。
とにかく買い取り価格に対する標準家庭の負担額が既に年額2700円ほどになっています。
冗談ではありません。孫正義が儲ける為にどうして私たちが年間2700円も支払わなければならないのでしょうか。
住宅用太陽 26年度 10kw未満 37円 10年間 非住宅用太陽 26年度 10kw以上 32円 20年間  早く原発稼働しろってことです。


平成26年9月30日


「脱原発」の旗手・太陽光、菅元首相の目標「1千万戸」で賄える発電量は全体の4%、現在の申請数80万件


 
             在日朝鮮人と左翼の新商売再生エネ。                                     震災後、菅直人が購入したエコ豪邸。被災者が仮設住宅で暮らしていると言うのに、原発に反対するアホは、誰もこれを追及しない。

東京電力福島第1原発事故以降、太陽光や風力などの自然エネルギー(再生可能エネルギー)への期待が高まり、
太陽光パネル設置を後押しする政治家の発言も相次いだ。太陽光パネルはどれぐらい普及したのか、
自然エネルギーで日本のエネルギーは賄えるのだろうか−。

◆1000万戸でも4%
「家屋への太陽光パネル1千万戸設置」−。平成23年5月、菅直人元首相は経済協力開発機構(OECD)の演説でこう宣言、
さらに「自然エネルギーの発電割合を2020年代までに現在の9%から20%にする」と表明した。
1千万戸に太陽光パネルを設置する場合、1戸につき200万円としても20兆円かかる。
東日本大震災における建築物や農水産物などの被害額は16兆9千億円と推計され、設置にはそれを超す金額が必要となる。
発電量はどれぐらいだろうか。平均的な1戸当たり発電量は年間約4千キロワット時で、
1千万戸の発電総量は年間400億キロワット時。
25年度の日本の総発電量は9400億キロワット時で、1千万戸に太陽光パネルを設置しても総発電量の4%にすぎない。
一方、23年4月、神奈川県の黒岩祐治知事は「4年間で太陽光パネル200万戸設置」を公約に当選。
200万戸設置にかかる費用は約4兆円。4年で実現するために年1兆円必要だが、
同県の一般会計予算は26年度で1兆8650億円と予算の半分以上を使わなければならない。
筑波大学システム情報系の掛谷英紀准教授は「どちらも計算すれば非常識な数字と分かるが、当時、大きく問題にされることはなかった。
自然エネルギーに関しては今も同様の非科学的な発言をする人がおり、そうした発言が放置されているのが現状だ」と指摘する。

同県が23年9月にまとめた「かながわスマートエネルギー構想」では「2020年度までに県内消費電力の20%以上を自然エネルギーにする」とし、
「4年で55万戸」の目標を掲げた。
55万戸設置の発電量は22億キロワット時で、24年度の同県の消費電力量485億キロワット時の4・5%。
ただ、目標の非現実性に気づいたのか、今年4月の「かながわスマートエネルギー計画」では11%にトーンダウンした。

◆広大な開発必要
太陽光発電協会(東京都港区)によると、23〜25年度の太陽光パネル設置の補助金申請は全国で約80万件。
菅元首相が目標に掲げた1千万戸は遠い。太陽光だけではない。政府は6月、新成長戦略で風力発電の導入加速をうたっている。
現在、日本で一番使われている自然エネルギーは水力。
「ダムが環境を破壊する」として水力は人気がないが、「風力で水力と同規模の発電量を確保するには水力の5倍の施設面積が必要」(掛谷准教授)。
風力発電の施設設置も自然を壊さないとできず、環境破壊の度合いはダムの比ではない。
掛谷准教授は「自然エネルギーは単位面積・体積当たりのエネルギーが非常に小さい。
広大な開発行為なくして自然エネルギーによる火力や原子力の代替は不可能。
しかし、物理法則上、不可能なことが可能であるかのように主張する人たちがいる。
これにだまされないためにも、科学的に物を考える習慣を身に付けてほしい」と話している。


@以前ここでも散々取り上げてきましたが、如何に無知なアホの戯言が無責任な反日メディアによって連日垂れ流されてきたか、これらは犯罪ですよ。

参考:
菅氏は、『エコカンハウス通信』という自身のブログで、新築の経緯や住み心地を、いついた猫が語る形で記している。
「はじめまして。おいら、エコカンハウスの新住人・エア猫COCO。91歳のお婆ちゃん家を建て直して、
Bossパパ、Bossママと一緒に2月末に引っ越してきた」(5月22日付)Bossパパは菅氏、Bossママは伸子夫人、お婆ちゃんは菅氏の実母だ。

登記簿によると、新居の敷地面積は182平方メートル。建物は2階建てで、床面積は1階が94平方メートル、2階が80平方メートル。
淡いベージュの壁面で高級感漂う豪邸だ。
塀の外には警護する警察官のボックスが設置されている。
建物は菅氏と実母が半分ずつ所有。土地は実母の名義で、実母はこれらを担保に極度額2億円の融資を受けている。
民主党関係者によると、建築費用は菅氏と実母との折半という。
ブログでは、「Bossパパは、『この家は、エネルギー自給ができるように、省エネを徹底。
太陽光発電と、都市ガスから発電と給湯を行う燃料電池(エネファーム)を備えて、
計画ではエネルギーは107%自給できることになっているんだ』と、すごぉく嬉しそう」
「エコカンハウスが2000万戸あれば、原発40基分の発電ができ(中略)原発なくても、大丈夫」と、売りである脱原発政策もちゃっかりアピール。

これに対し、私のコメント
さて、アホな事を書いていますので簡単に検証します。原発40基分に相当するか。
年間発電量 太陽パネル2000万戸=90テラワット/h(かなりの高効率で)としても福島第一6基で33テラワット/hですから、
とても40基分を賄える数字は出てきません。
更に、太陽パネル一軒辺りの工賃200万×2000万戸=40兆円 バッテリー 安く見積もって40兆円 80兆円程かかります。
で、精々まともに稼働して15年。その後のメンテはどうするのでしょうか。
孫正義と組んで太陽パネルで一儲け企むのはあなたの勝手ですが、多くの真面目な国民を巻き込まないで頂きたいものです。
それを世間では私利私欲に走ると言います。

これについて、専門家の友人から以下の指摘を受けました。
バッテリーの充電効率が入っていませんし、寿命が長すぎます、自動車のバッテリーも3年、良くて5年、携帯電話の電池も何年持ちますか? 
ヘビーユーザーで1年持たない「容量が極端に低下する」
さらに、太陽電池パネルの寿命があります、10年と言われていますが、5年で発電効率が2/3に低下します。
あと経営者のようなそろばん勘定の上手い人に計算していただければ解ると思いますが、1kWの発電コストはどうなるのでしょう? 
原発は6円とか言われています。
では太陽光発電は? いま39円でしたよね。どうしてそんな6倍もする電気を作らなきゃダメなんでしょうか?

という鋭いものでした。
今日のような台風や大雪には決定的なダメージを受けます。賢い消費者はこんなインチキな朝鮮商売に騙されないでください。


平成26年7月10日


太陽光発電買い取り価格、2年連続で値下がり





経済産業省の有識者委員会は7日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度による2014年度の太陽光発電の買い取り価格について、
事業者向け(消費税抜き)は13年度から4円下げて1キロワット時当たり32円、家庭向けは1円引き下げ37円とする案を了承した。
家庭が売る電気は消費税の対象にならない。
2年連続の値下げとなる。太陽光パネルの普及に伴う設備コストの低下などが要因。買い取り価格が下がることで、
急速に拡大してきた太陽光の導入が足踏みする可能性もある。

政府が力を入れる洋上風力に専用の買い取り価格を新設し、陸上風力の約1.6倍とする。
陸上風力や地熱、バイオマスは導入量が少ないため、13年度の価格を据え置く。
意見公募(パブリックコメント)を経て経産相が三月中に価格を正式決定する。
10キロワット未満の家庭向け太陽光は、パネルの設備コストが1割程度下がったが、国の補助金が13年度いっぱいで廃止になるのに伴い、
設置コストが増すことを考慮して小幅な引き下げにとどめた。
10キロワット以上の事業者向けでは、パネルの性能向上で見込まれる収益効果を織り込み、
下げ幅が比較的大きくなった。
制度がスタートした12年度、太陽光の買い取り価格(消費税抜き)は事業者向けが40円、家庭向けが42円だった。
その後、パネルの価格低下が進み、13年度の改定では事業者向けが36六円、家庭向けが38円に引き下げられた。
風力や地熱は導入が進んでおらず、据え置きが続いている。


@プッ!

ドイツの二の舞だけは避けましょう。





平成26年3月8日


太陽光事業進めない業者、670件認定取り消し  それより菅直人を国会で追及しろよ!



朝鮮メンツ勢揃い。



震災後、菅直人が購入したエコ豪邸。被災者が仮設住宅で暮らしていると言うのに、原発に反対するアホは、誰もこれを追及しない。


太陽光で発電した電気の固定価格買い取り制度を巡り、経済産業省は、発電の認定を受けたのに事業を進めようとしない
約670件の業者の認定を取り消す。
業者から事情を聞いた上で、3月にも初の取り消し処分に踏み切る。発電用の土地と設備のいずれかしか準備していない約780件についても、
8月末までに両方を確保しなければ認定を取り消す方針だ。
同制度は、事業者が認定時に設定された価格で電力を電力会社に売れる仕組み。
制度が始まった2012年度の太陽光の買い取り価格は1キロ・ワット時あたり42円と高めに設定され、電気料金に上乗せされている。
買い取り価格はその後、低下しているが、認定時点の高い価格で電力を売れるため、多くの企業が参入を表明。
しかし、もうけが大きくなるように、太陽光パネルが値下がりするまで事業を始めない業者が続出していた。
認定制度には発電開始の期限はないが、経産省は太陽光の普及の妨げになると判断した。


@原発をメルトダウンさせ、反原発を唱え、自ら再生エネを推進し高値の再生エネ法で自ら一儲け企む菅直人をなぜ国会で追及しないのか? 
NHKよりこちらの方が大問題だろ。

秘密保護法の次には、国会議員や公人でありながら国の名誉を傷つけたり国を売る売国奴を法的に処分する法律を早急に作る必要があるんじゃないか。
マジ、このままいくと日本は完全に消滅するぞ。


平成26年2月14日


風力発電所で羽根3枚焼ける…けが人なし


 
                         真下でこんな事をしていると、必ず人身事故が起きますよ。


1日午前10時50分頃、福井市奥平町、国見岳の山頂付近(標高640メートル)にある北陸電力の国見岳風力発電所で、
2号機(高さ49メートル)の羽根(長さ26メートル)が地上に落ちて燃えているのを、近くで通信工事をしていた作業員が見つけた。
約1時間10分後に消し止めたが、繊維強化プラスチック製の羽根3枚などが焼けた。
けが人はなかった。
同社福井支店によると、周辺では同日未明、落雷が観測されていたという。同発電所には2基の風車があり、2号機は最大出力900キロ・ワット。


プッ!

在日朝鮮人お勧めの再生エネ、原発よりかなり事故率が高いですね。即刻全風力発電の稼働を停止してください。


平成25年12月2日


危険な再生エネ! 風力発電「苫前グリーンヒルウインドパーク」 重さ12トンの羽根1組45m落下


北海道苫前町の風力発電所「苫前グリーンヒルウインドパーク」で、風車1基から3枚1組の羽根(長さ約26メートル、計12トン)が、高さ45メートルの支柱から丸ごと
落下する事故が起きていたことがわかった。けが人はなかった。
原因は不明。落下したのは5日午前4時45分頃とみられ、油圧の異常を示すメッセージが残されていたという。
風車はデンマークのボーナス社(現・シーメンス社)製。
経済産業省によると、同型機は国内で同パークを含め、5発電所28基が設置されているという。同省は6日、同社製の風車を使う5道県の10発電所に対し、
速やかな点検を促す通知を出した。


@それにしても全国でよく落ちますが、どんな点検をしているのでしょうか。そのうち人身(動物)事故に繋がりますよ。安全基準が甘すぎませんか。





平成25年9月7日





inserted by FC2 system