英国及び英国軍情勢 プラス フランス  ドイツ T


あのドイツも参加(情報偵察に限り)するってよ! 欧州各国「イスラム国IS」包囲強まる 日本も、行けよ!


フランス・パリの同時多発テロを受け、ヨーロッパ各国は連携して過激派組織「イスラム国IS」に対抗する動きを強めている。
イギリスでは「イスラム国IS」に対する空爆を、現在行っているイラクだけでなくシリアにも広げるかについて、2日に議会で採決が行われる見通し。
イギリス・キャメロン首相「『イスラム国』は国境を認めないから空爆で国境にこだわる必要はない。国益にそった正当な行動だ」
空爆は、アメリカやフランスが要請していたもので、議会では承認される公算が強まっている。
一方、ドイツは1日、フランスが「イスラム国」を攻撃する際に、後方支援することを閣議決定した。
偵察機や空中給油機を派遣し、最大で兵士1200人を投入する。直接空爆は行わないものの、これまで軍事行動に慎重だったドイツとしては方針を転換したかたち。


シリアでの軍事行動認める=武装組織狙い「時々」実施―イスラエル首相
イスラエルのメディアによると、ネタニヤフ首相は1日、北部アッコで演説し、「われわれは(隣国)シリアで軍事行動を時々行っている」と述べた。
イスラエル軍によるシリア領内への空爆はたびたび報じられてきたが、当局者が認めたのは初めて。
首相は、シリアでの軍事行動はイスラエルと敵対するレバノンのイスラム教シーア派武装組織ヒズボラにシリア軍の
高性能兵器が渡るのを阻止することなどが目的と説明し、「今後も続ける」と強調した。 


@ロシアとトルコのようにいざこざもあるけど、いい感じですね〜〜〜〜〜〜〜〜〜 皆さん、もうどうにも止まらない。わはは  大したものだよ、イスラム国IS。

後藤健二と湯川遥菜など、日本人も犠牲になっているし、公館に対しても宣戦布告しているじゃないか。日本も、行けよ!








平成27年12月2日


COP21 デモ暴徒化、200人拘束=環境保護??訴え「人間の鎖」―パリ


国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)の開幕を翌日に控えたパリで29日、環境保護を訴える有志ら約4500人(警察発表)が「人間の鎖」をつくった。
暴徒化した一部参加者が警官隊と衝突し、催涙ガス弾で鎮圧される騒ぎも発生。
けが人はなかったものの、カズヌーブ内相は騒動に関わった208人の身柄を拘束したと発表した。
同時テロの再発が懸念されるパリでは、治安当局からデモや集会の自粛要請が出ている。しかし、参加者は「次世代に明るい未来を! 」と主張し、
原発・化石燃料依存からの脱却を求めた。南仏から訪れたベルギー国籍のパトリック・ドゥブクラーさん(57)は「温室効果ガスを
減らすという言い訳の下に原発を推進するフランス政府のやり方はおかしい。自粛要請を気にせず声を上げるべきだ」と話した。
人間の鎖は、同時テロの舞台となったパリ中心部のバタクラン劇場前や、その近くのレピュブリック広場などで実施。
現場周辺は地下鉄の駅が一時閉鎖され、機動隊が周囲を取り囲み、物々しい雰囲気に包まれた。
オランド大統領は暴徒に対し、「破壊行為と環境保護は何の関係もない」と怒りをあらわにした。 


@環境に一番優しいのが、原発だよ。頭の悪い連中には、どう説いても理解できないだろうけどね。








平成27年11月30日


南シナ海、中国をけん制=「将来的に軍艦派遣も」―駐日英大使


英国のヒッチンズ駐日大使は27日、南シナ海での中国による人工島造成について、「中国の行動は法に基づく国際秩序への挑戦だ」と批判した。
東京都内の大使公邸で記者団に語った。
大使は、南シナ海問題に関する英政府の対応として「将来的に軍艦を(人工島の周辺海域に)派遣することもあり得る」と述べ、
中国の動きをけん制した。
ただ、具体的な時期などについては言及を避けた。


@7兆円の商談の後だけに、軽いリップサービスの積りでしょうけど・・・・。


平成27年11月27日


英国、IS攻撃のために戦闘機138機購入へ



ユーロファイター タイフーン

英国は「イスラム国(IS)」攻撃のために戦闘機138機を購入する。サンデイ・タイムズ紙日曜版がオズボーン財務相の発表として伝えた。
1200万ポンド(1800万ドル)が投じられるという。戦闘機のモデルは明示されなかった。
オズボーン財務相によれば、これにより英国は米国に次ぐ世界第2位の軍事力を持つことになり、ISその他の過激派組織と戦えるようになる。
英議会が投票で政府への委任状を出せば、英国は2週間後にもシリアでIS空爆を開始する可能性があるという。
11月初旬、国際問題委員会議長クリスピン・ブラント氏は、ISに対する勝利およびシリア内線の終結に関する長期計画なしに
攻撃に踏み切るのは問題がある、との懸念を示していた。
同委員会は、政府は空爆に関する根本的な疑問、たとえば、国連の承認がない中での空爆の合法性について、または空爆がトルコ、
イラン、サウジアラビア、イラクなど地域諸国の支援を受けられるか否か、などの疑問に答えるべきだ、としている。
2014年9月、英議会はイラクのIS拠点空爆は承認したが、シリアへの空爆は承認していない。


@誤訳だと思うけど、138機で1800万ドルって・・・・プラモデルかい。それに、今でもユーロファイター125機、トーネード102機持ってるじゃないか。
IS攻撃するのに、どんな戦闘機がいるんだよ。


平成27年11月22日


難民受け入れに反対する、ドイツ極右政党NPDの党大会に抗議する、クソ左翼を蹴散らすドイツ警察機動隊


@オオーー 変わってきたね。わはは


参考:NPD(ドイツ国家民主党)


120名の左翼を、逮捕したそうだ。



平成27年11月22日


ロシア海軍艦艇 フランス海軍の空母艦隊を軍事援護へ


ロシア海軍の艦艇は、フランス海軍の空母艦隊が、シリアでテロ組織「IS(イスラム国)」に対する作戦を実施する際に、
軍事援護を行う。ロシア海軍参謀本部筋が、リア・ノーヴォスチ通信に伝えた。
17日、ロシア軍最高司令官のプーチン大統領は、ロシア軍参謀本部とロシア国防省に、シリアに関する海および空での共同行動計画を、
フランス海軍と策定するよう指示した。
プーチン大統領はまた、ロシアの軍人たちは、空母「シャルル・ド・ゴール」でシリア沿岸に近づくフランスの軍人たちと一緒に、同盟国として活動しなければならないと指摘した。
消息筋はリア・ノーヴォスチ通信に、次のように語った‐
「地中海でのロシア海軍機動艦隊の船舶の重要な任務は、戦闘の安定性の確保、
すなわち対空、対艦、対破壊、その他、あらゆる種類の防衛の保障となる」。
消息筋はまた、ロシア海軍の艦艇は、航空機が故障あるいは地上から打撃を受けるなどの緊急事態が起こった場合に、
パイロットの救出作戦に参加する可能性があると指摘した。
その他にもロシア海軍の艦艇は地中海で、ISの貨物を輸送している疑いのある船舶の検査も実施する可能性がある。


@良きにつけ悪しきにつけ、こんなプーチン今まで見たことない。


イスラム国ISのタンクローリー車列を、空から攻撃するロシア空軍。






平成27年11月19日


パリは燃えているか?


@連日、病院でニュースを眺めていました。やる気満々で、本日復帰しました。生きる事とは、苦痛の連続と実感。死んで花実が咲くものか。嗚呼

昔、地球連邦軍対エイリアンという構造の戦争映画が流行りましたが、まさかエイリアンが、イスラム国ISとは誰も想像できなかったようです。
ある意味、国際ユダヤが考えそうな構図ですが・・・・・

歴史は繰り返されるから歴史なのか? 歴史だから繰り返されるのか? その答えが解き明かされることは、永遠にない。くだらないアホが横行するクソ社会なら、ガンガンぶち壊せばいい。


最高の名曲です。



平成27年11月18日


シナがメルケル独首相を“爆買い”で歓待 エアバス130機購入



昔から、シナとドイツの悪しき関係は変わらない。三国同盟を結びながら、裏でせっせとシナに武器を売っていた。ころっと騙されていたのは、律義でお人よしな日本だけです。
メルケルは元々東ドイツの共産党員です。

中国の李克強首相は29日、北京の人民大会堂でドイツのメルケル首相と会談した。中独は欧州航空機大手エアバスの旅客機130機の売買契約を締結。
11月2日にはフランスのオランド大統領が訪中する予定で、欧州主要国首脳の中国詣でが活発化する中、中国側が“爆買い”で歓待している。
中国国営新華社通信によると、李氏は「我々はドイツから進んだ技術と発想を学ぶ必要がある」と持ち上げ、
「中国はドイツにとって巨大な市場になる」と述べた。
その言葉を裏付けるように、中国の航空会社はエアバス「A330」30機と「A320」100機を購入。
総額約170億ドル(約2兆円)に上る大型契約だ。
両者は中独企業による長江の大規模ダム建設計画などの協力事業に合意したほか、中国が主導して年内に設立するアジアインフラ投資銀行(AIIB)や、
人民元の国際化などについて話し合った。メルケル氏は会談後、「中国経済の発展を信頼している」と強調。
中国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)の前提となる投資協定を2016年に締結する意向を示した。
メルケル氏の訪中は昨年7月以来で、8度目を数える。「戦略的協力パートナーシップ」の強化で中国側と一致しているドイツだが、
今回の訪中は、先の習近平国家主席の訪英で、英国が総額400億ポンド(約7兆4千億円)の契約を結んだことに刺激された可能性が指摘されている。
中国の国際情報紙、環球時報は27日付の社説で、英仏独との関係強化を通じて、「米国と日本の中国牽制(けんせい)と圧迫を相殺できる」と主張。
独仏首脳が中国に参ずる状況からは、中国国内で「ばらまき外交」と批判された習氏の訪英の、隠れた狙いがうかがえる。


@欲張り英国も欲張りドイツも、シナの、から手形に振り回されているけど、誰も裏判押していないからね。どうでもいいけど、約束を必ず履行すると言う約束を結ぶ事だよ。
日ソ不可侵条約を一方的に破って参戦してきたと、旧ソ連を非難するけど、誰もその条約を必ず守るという約束はしていなかったと言う話。


平成27年10月29日


NATO演習 トライデント・ジャンクチュア2015 砂浜 vs NATO:海兵ら、ポルトガルに上陸できず


NATO演習「トライデント・ジャンクチュア2015」に思わぬ困難が持ち上がった。ポルトガル紙エル・オブセルバドールが伝えた。
エアクッション付き上陸用舟艇が、高波のため2度目のトライでやっと上陸できたと思ったら、砂が柔らかすぎて戦車が立ち往生してしまった。
海兵らが砂から引き抜こうと努力したが、なかなか引き抜けなかった。
しかし軍隊中佐エリック・ハムスター氏によれば、「万事つつがなく終わった」。
「海兵らはよくやった。演習はよい機会だった。車両が砂にはまったとき、どうすればよいか、彼らはもう分かったはずだ」と同氏。
しばらくの奮闘ののち、装甲車LAV-25は兵隊を乗せて坂を上り、レポーターの前を走っていったということだ。
21日、スペイン、ポルトガル、イタリアを舞台に、NATO演習「トライデント・ジャンクチュア2015」が始まった。
11月6日までの開催。NATO非加盟国であるオーストリアやスウェーデンを含め30か国から3万6000人の兵隊が参加し、
航空機140機、船舶90隻が投入される、ここ10年で最大規模の演習となる。


@ロシアやシナに笑われないように・・・・宜しくお願いしたいものだ。シリアのIS爆撃で茶々を入れられているロシアが喜んでニュースを流している。








平成27年10月25日


習近平 英首相と7兆円商談合意…人民元建てで国債発行へ


 
なんせ、AIIB主力メンバーだからね。この握手の裏で、習に幾ら握らされたのか・・・・わはは   アヘン戦争当時に清と英国間を行き来したカルロス金貨。
最後には全部英国に吸い上げられた。


英国を訪問中の習近平は21日、キャメロン首相と首相官邸で会談し、英国の原子力発電や高速鉄道に対する投資など、
約400億ポンド(約7兆4000億円)の商談を企業間で進めることで合意した。
会談後の共同記者会見で、習は、中国政府がロンドン市場で人民元建て国債を発行することも表明。
中国が中国本土と香港以外で国債を発行するのは初めてで、国際金融センター・ロンドンでの元建て取引を拡大することで、人民元の国際化を加速させる。
習は会見で「中英関係は新しい段階に入った」と述べ、経済関係の強化を進める考えを示した。
原発事業では、仏エネルギー大手EDFが進める英南西部ヒンクリーポイントの原発新設事業に対し、
中国国営の中国広核集団(CGN)が60億ポンドを投じて事業体の株式33.5%を取得する。
中国側は、英国の他の原発についても出資することで合意した。
ロンドンと英中部の主要都市を結ぶ新高速鉄道(HS2)の施設建設や、通信、住宅建設などのインフラ投資事業にも中国企業が出資する。


@男どうして、パンツ脱ぎ合ったようですね。ただただ、キモイ。


こいつらアヘン戦争以来の腐れ縁だからね。歴史は繰り返される運命なのか、それとも・・・・こうご期待。





平成27年10月22日


日中軍事衝突なら「退路ない」と中国軍上将、尖閣で論文 「極力戦争を回避」と訴える



英国王室も、地に落ちたものだ。背に腹は変えられないってか・・・・そもそもそんな程度が、英国王室の本質かもしれないな。ざまあない。


中国軍の上将で、国防大学政治委員の劉亜州は21日までに、沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題に関する論文を公表し、
日本と中国が軍事衝突すれば「中国は勝つ以外に選択肢はなく、退路はない」と強調した。
敗北すれば体制を揺るがす事態に発展しかねないとの危機感を示唆したものとみられ「極力戦争を回避」すべきだと訴えた。
今月公表された論文は共産党や国防省のウェブサイトにも掲載されており、習近平指導部の意向を反映している可能性が高い。
中国は尖閣をめぐる問題を対日政策の重要課題と位置付けて強硬路線を堅持。
「結果的に日本や米国との緊張がいたずらに高まった」(党関係者)との指摘もあり、外交方針を調整しているもようだ。
劉は軍事政策に影響力を持ち、習とも関係が近いとされる。論文で、尖閣問題を現在の日中関係の焦点とするのは「戦略的に誤った判断だ」と主張。
「戦争を辞さないという覚悟」を持ちつつも平和に向け努力すべきだと強調した。


@なにを今更・・・・勝つつもりで、かかってこいよ。白旗は認めないぞ。

それと、どうでもいいけど、習近平は、英国の上下両院と晩餐会で「第二次大戦ではともに「日本の侵略」に抗して戦った」なんて、また大ボラを吹いたそうじゃないか。


平成27年10月2


習近平訪英、チベット人やその支援者の抗議の嵐! 英国王室と英国は、恥を知れ!





@英国王室と英国は、恥を知れ。





平成27年10月21日


ドイツ 難民受け入れ支持の女性市長候補が排外主義者の男に首を刺され重傷…


難民の受け入れに寛容な姿勢を取るドイツで、ケルン市長選挙の候補者が男にナイフで首を刺され、大けがをしました。
男は難民の受け入れに反対していました。
ドイツ西部のケルンで17日、難民の受け入れを支持する候補者のヘンリエッテ・レーカー氏(58)ら5人が男にナイフで襲われ、重軽傷を負いました。
警察によりますと、男はドイツ国籍の44歳、市内に住んでいて、難民の受け入れに反対していたということです。
ドイツには今年だけで約80万人の難民が押し寄せるとみられていて、国内ではメルケル首相への批判も強まっています。
一方、ハンガリー政府は難民らの流入を阻止するため、クロアチアとの国境を閉鎖しました。
クロアチア政府は、行き場を失った難民をスロベニア国境へバスや鉄道で移送するなど対応に追われています。


@それが、政治ってものだよ。bitch!








平成27年10月18日


ドイツ株急落、時価総額48兆円吹き飛ぶ−VW不正などで逆風強まる


ドイツ株は欧州債務危機以降で最悪のペースで下げ続けている。指標のDAX指数は四半期ベースで2009年1−3月(第1四半期)以来となる
2期連続マイナスに向っており、過去最高値を付けた4月から時価総額が約4000億ドル(約48兆円)吹き飛んだ。
DAX指数はユーロ反発とギリシャ危機の悪影響を背景に高値から下げ始め、中国景気減速をめぐる懸念の強まりと、
フォルクスワーゲン(VW)による排ガス検査不正発覚を背景に、下げ足を速めている。
バンクハウス・ランプ(デュッセルドルフ)のストラテジスト、ラルフ・ツィマーマン氏は、「投資家らはある程度、リセッション懸念を織り込み始めている。
中央銀行がもはや対応できないと受け止められたら、極めてネガティブな材料となるだろう」と述べた上で、
「だが、相場は中期的に下げることなく、上昇するとまだ考えている。投資家らが過剰反応したためだ」と付け加えた。
DAX指数は4月に過去最高値を記録した後、9月28日までに23%下落。
同じ期間としては2011年12月以降で最速の下げとなった。今四半期だけで14%値下がりするなど、
その下落率は西欧の主要株価指数の中で最もきつい。
DAX指数構成銘柄の株価収益率(PER、予想収益ベース)は11.5倍に低下、2005年まで遡ると、
欧州株の指標であるストックス欧州600指数との比較で最低の水準に近づいた。
一部投資家にとってこれはドイツ株を購入するシグナルとなる。
ライファイゼン・キャピタル・マネジメント(ウィーン)の株式部門責任者、ヘルベルト・ペルス氏は、
「不安を背景に相場が下落した場合、当社は買い手だ」とし、「一部のドイツ銘柄を保有しており、当社のポジションに極めて満足している」と語った。


@安値=買い時? 確かに・・・でも誰が買うんだよ。正に、自業自得。メルケルさん、チャンコロと手を組むとろくな事にはなりません。AIIBで、総崩れだね。

安倍さんも、難民問題にあまり首を突っ込まない事。金だけにしときなさい。





平成27年9月30日


フランス シリア国内「イスラム国IS」に初空爆実施・・・間違えたふりして、アサドの頭の上にも爆弾を!


フランスが初めてシリア国内の過激派組織「イスラム国」に対して空爆を行ったと明らかにしました。
オランド大統領は27日に会見を開き、偵察飛行の情報をもとにシリアで初めて空爆を行ったと発表しました。
フランスの戦闘機6機が、シリア東部のデリゾール付近にある「イスラム国」の訓練施設を破壊したということです。
また、必要に応じて、数週間以内にさらに空爆が行われる可能性があるとしています。
フランスは去年9月からイラクにある「イスラム国」の拠点を空爆していましたが、シリアについてはアサド政権を利するとして慎重な姿勢を保っていました。
しかし、ヨーロッパで難民問題が深刻化していることや、シリアの「イスラム国」がフランスでテロを実行する可能性があり、
自国を守る必要があるからとして、今月初めに方針の転換を発表していました。


@別にどうでもいいけど、結局、ロシアに追従して難民移民の元凶、殺人鬼アサドは安泰。
ISはISでガンガン死体の山を積み上げればいいけど、オランドさんよ、ここは一番、間違えたふりしてアサドの頭の上にも一発喰らわせてやれ。
あんたなら、しゃないなで終わるし。





平成27年9月28日


ドイツで、反メルケル、反移民を打ち出す野党の支持率が急上昇


ドイツで下院に議席を持たない野党の支持率が上昇している。日曜紙ビルト・アム・ゾンタークが市場調査機関TNSエムニド(Emnid)に
委託した最新の世論調査で、こうした事実が明らかになった。
背景には、メルケル首相が進める移民政策への反発があるようだ。ロイター通信が伝えた。

調査は9月10〜16日、1,882人を対象に実施。この結果、難民受け入れに反対する立場を明確にしている新党「ドイツのための選択肢(AfD)」と、
前連立政権に参加した自由民主党(FDP)の支持率がともに前回調査から1ポイント上昇し、議席獲得に必要な5%に達した。
一方、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)の支持率はそれぞれ40%、
24%といずれも1ポイント後退。緑の党は10%、左翼党は9%とどちらも下げている。
なお、日刊紙ビルトが先に世論調査会社INSAに委託した調査でも、AfDの支持率が5.5%に上昇する一方、CDU・CSUは40%に後退している。
政府は先に、欧州連合(EU)域内入りしたシリアからの難民を無制限に受け入れる方針を打ち出し、
ドイツを目指す難民が急増。今年の流入数は昨年の5倍の100万人に達する見通しとなっている。


@そもそもが、そもそもだよ。東ドイツで共産党員だったメルケルが、ドイツをダメにする。分かるだろ。でも、経済では、反ナチを掲げながらヒトラーの遺志をついでeuを席巻する。
しかし、少し先が見えてきた。


平成27年9月23日


ドイツの機動隊対左翼  反ナチスを謳いながら、euを席巻するドイツ。それって、ヒトラーの意思だよね!


@ドイツって、すごいよね。反ナチスを謳いながら、euを席巻してるけど、それって、正にヒトラーの意思だよね。





平成27年9月13日


仏、シリア空爆を検討=難民急増で戦略見直し 人道を叫ぶなら、非道の対価を支払へ!


フランス紙ルモンド(電子版)は5日、仏政府が過激組織「イスラム国」に対する空爆の対象範囲を、シリアまで拡大する方向で検討していると報じた。
シリアから欧州に大量の難民が殺到している現状を踏まえ、移民問題の抜本的な解決には現地での武力攻撃が欠かせないとの判断に傾いたとみられる。 


@難民問題で欧米批判をしたプーチンに対して、元凶はお前だと書いたら、すぐこうしてフランスが反応しました。面白いですね。
ISというか、アサドも含めて殲滅しないと問題の解決にはなりません。
人道を叫ぶなら、非道の対価として人道がある事を悟るべきで、戦争反対を叫べば、その対価は無限大に広がる事を悟るべきです。
太鼓叩いてりゃ平和がやってくると思っているアホには理解できないでしょうけど。


こいつらが、死にたくて戦争していると思うか? 9条を守れとか言ってる、狂信的なクソガキとクソジジババ共。



平成27年9月6日


英・航空ショーで航空機墜落 車4台巻き込み、少なくとも7人死亡


イギリス南部で行われた航空ショーで、曲芸飛行をしていた航空機が墜落し、道路を走っていた車を巻き込み、少なくとも7人が死亡した。
イギリス南部のショアハムで、22日に行われた航空ショーで、航空機1機がバランスを失って、幹線道路に墜落した。
この事故で、車4台が巻き込まれ、少なくとも7人が死亡、15人が重軽傷を負った。
パイロットは救出されて無事で、観客に被害はなかった。
墜落したのは、1950年代に生産された航空機で、事故直前は、宙がえりなどの曲芸飛行を行っていたという。


@無謀な温暖化のせいで、よく落ちます。兎に角、CO2を減らす事です。





平成27年8月23日


英で小型機墜落4人死亡、ビンラディン容疑者親族  義理の母と妹


イギリス南部で小型機が墜落しました。イギリス・ハンプシャーの空港近くで車のオークション会場に小型機が墜落、
パイロット1人を含む4人が死亡しました。
この小型機はサウジアラビア籍で、現地メディアによりますと、死亡した乗客に国際テロ組織「アルカイダ」の元指導者で
2011年に殺害されたウサマ・ビンラディン容疑者の親族が含まれている可能性が高いということです。
小型機はイタリアのミラノを出発、着陸寸前でした。


@自爆テロの失敗か、MI6の謀略。             だと面白いけど、事故だろうね。
フィリピンにも何番目かの奥さんと子供がいるからね。





平成27年8月1日


フランス空軍、対IS作戦支援のためミラージュ2000Dを増派




フランス国防省は1日、イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(IS)」に対抗する作戦を支援するため、
先月28日に空軍の戦闘爆撃機「ミラージュ2000D」3機をヨルダンに増派したと発表した。
3機は空地給油機「C-135FR ストラトタンカー」の支援を受け、フランスからヨルダンまでノンストップ飛行したとのこと。


@尾翼がない事に気が付きましたか? 無尾翼デルタ式の単発戦闘機。フランスの他、8ヶ国に採用されている。

Mirage 2000D 対地攻撃能力を強化した戦闘爆撃機型。
乗員:1名
全長:14.4m
翼幅:9.1m
全高:5.2m
翼面積:41平方m
最大マッハ数:M2.2
固定武装:DEFA 554 30mm機関砲 2門
搭載武装
R.550マジック
シュペル530
MICA EM/IR(ミラージュ2000-5)
AM39エグゾセ
各種無誘導爆弾・誘導爆弾など


平成26年12月6日


英海軍で難問が浮上、 空母 HMS Queen Elizabeth が完成しても運用可能な艦載機はなし



HMS Queen Elizabeth


今年の7月に進水式を迎えた英海軍の新空母「HMS Queen Elizabeth(クイーン・エリザベス)」に関して、
2017年に就役を迎えることができても運用可能な艦載機が調達することができないという根本的な問題が生じていることが明らかとなった。
英国防省はHMS Queen Elizabeth向け艦載機としてF-35Bを運用することを計画していたが、
その後、F-35計画で生じた開発の遅延により、現状のまま進行した場合、英海軍向けF-35Bの配備が完了するのは、2021年となり、
F-35計画の状況次第では、英海軍向けF-35Bの配備は更に遅れる可能性が浮上してきていることがその理由となる。
BBCの報道によると、英国防省では、このままでは空母としてのHMS Queen Elizabethの運用ができないこととなるため、
代替案として米海兵隊の任務と統合を行うことで、米海兵隊のF-35B向け空母として運用を行うといった案が検討されているとしている。
しかし、英国防省は予算獲得の際には、「UKのF-35BをUKのパイロットで運用する」ことを公約として掲げてきたこともあり、
現状のままでは、F-35Bの予算交渉においても問題が生じる可能性が指摘されている。


@何といううらやましい悩み。英国は電磁カタパルトではなくスキージャンプ式のようです。

F-35Cの空母着艦訓練は11月5日にここで取り上げたばかり F-35Cライトニング 空母ミニッツに初着艦

参考:HMS Queen Elizabeth
性能諸元
排水量 基準:45,000t
満載: 67,669t
全長 284m
飛行甲板幅 73m
水線幅 39m
吃水 9.9m
機関
最大速力 26 kt
航続距離 10,000 海里(18,520 km)
乗員 操艦:767名 航空要員:610名
司令部要員:95名
兵装 ファランクスCIWS3基
30mm単装機銃4基
搭載機 F-35B ヘリコプター

2010年10月、クイーン・エリザベス級航空母艦の搭載機を、開発が著しく遅延しているF-35BからCTOL型のF-35Cへと変更された。
この時点では36機のF-35Cと12機のヘリコプターを搭載する能力を備える2番艦と異なり、
ヘリコプターのみを艦載機として搭載するヘリ空母として2016年に就役し、2019年の2番艦就役を待って予備役に編入される予定であった。
2012年5月10日イギリス政府は、F-35Cの実戦配備が2023年まで遅れる見込みのため再度F-35Bに変更すると発表した。
現段階では、本艦は就役予定が2017年に延びており、2020年にSTOVL空母としての運用能力を持つ予定である。


平成26年11月29日


フランス タレス、艦載用の多機能レーダー「シー・ファイアー500」を発表


2014年10月28日-タレスはシーファイア500、新しい多機能固定アレイレーダーを開発する。
キーポイント:海の火500は、固体4コマフェーズドアレイアンテナやレーダー資源のスマート管理に頼る多機能レーダーである。
海軍ミッションプロファイルおよび脅威を進化満たすように設計された多機能、高性能レーダーの新ファミリの最初のバージョン。
Euronaval 2014で、タレスは、新しい多機能海軍レーダー、完全に固体海火災500の開発を発表している4桁パネルフェーズドアレイアンテナ、
シーファイア500は大型水上戦闘用に設計されています。
この新しいレーダーコンセプトは、フランスの防衛調達庁(DGA)の支援を受けて行われ、
新しいレーダー技術やアーキテクチャ、への先進的な研究の三年間の集大成です。

シーファイア500は海軍の要件と国家の海軍が直面する新たな脅威の進化に合わせてカスタマイズされます。
新しいレーダーも重く詰まった環境や複雑な条件では、このような無人偵察機ならびにそのような対艦弾道ミサイルなどの新たな脅威として、
非対称の脅威からの保護を提供し、船の自己防衛から拡張された防空までの役割に有効であろう沿岸。
その4、完全に固体能動固定アレイを、それぞれ提供し、より高い電力、ビームステアリングの俊敏性と90°のカバレッジの組み合わせにより、
レーダーが連続360°の方位角におけるカバレッジと90°で有意に高い検出と追跡性能を提供します標高で報道。
シーファイア500はいくつかのバージョンおよびプラットフォームアーキテクチャやミッションの種類に合わせて、
さまざまなアンテナサイズで利用できるようになりますモジュラーレーダーシステムである。
各アンテナアレイは、独立しています:4つの固定パネルは、容器上の異なる点に位置することができる。
シーファイア500はヘラクレスレーダーで得られた経験に描画されます。
それは。ミサイル射撃統制と指導だけでなく、ターゲットの検出、同定および追跡を行うことが可能な多機能レーダーれているシーファイア500で、
タレスは大幅に増加すると次のレベルに操作性能を考慮して、海軍の次世代ソリューションを開発しているフロントラインの軍艦の機能を提供します。


@映像にありように各モジュールを入れ替える事によって多種多様な目標索敵を行う事が可能な垂直90度カバーのフェーズドアレイレーダーです。
索敵というかレーダーの検知能力範囲は不明です。日本のイージス艦には既に装備されています。





平成26年11月3日


どうでもいいけど、スコットランド独立反対派が勝利!!



表題のとおり。


それでいいんでないかい。





平成26年9月18日


英海軍最新ミサイル駆逐艦(45型) HMS Daring





@HMSデアリングは「45型駆逐艦」の一番艦。日米で言うところの「ミニ・イージス艦」に相当する最新鋭のミサイル駆逐艦で、
艦橋の上部に装備された「サンプソン多機能型レーダー」を装備している。
また、ステルス性を考慮しており、船型自体が平面で構成されているのも特徴となる。
HMSは「Her Majesty's Ship(女王陛下の船)」の略。艦名のデアリング(daring)は「大胆」や「斬新」を意味する言葉。昨年12月に晴海ふ頭に寄港。


平成26年6月28日


英空軍兵士がタリバン兵の遺体と"記念写真" アフガニスタン


@今更、白人に倫理を説いても無駄です。





平成26年5月10日


英BAEシステムズ、無人ステルス攻撃機「タラニス(Taranis)」初飛行試験映像



2014年2月5日、英BAEシステムズは同社が開発中の無人ステルス攻撃機「タラニス(Taranis)」の
技術デモンストレーターが飛行試験を行っている映像を公式に公開しました。
初飛行は2013年8月10日にオーストラリア「ウーメラ試験場」にて成功、翌月17日より各種システムや飛行試験を一時間完了していますが、
映像は英国国防省の機密審査が終了するまで非公開とされてきました。
タラニスはアメリカの「X-47B」同様半自律行動型の次世代無人攻撃機で有人機と連携し2030年運用を予定しています。


@ステルス性の向上という事なのか、X-47Bと同じで垂直尾翼が無くても飛べるんですね。
無人機だからリスクの低減という設計思考だと思いますけど。日本は、未だにやらせてもらえないんですね。
それにしても、女王陛下の英国は一切目立つことなく素知らぬ顔で多方面に渡って最先端技術を駆使して兵器の開発を進めています。





おまけ:

2013年11月17日、ヨーロッパ航空宇宙産業大手EADSの防衛・安全保障部門グループ企業『CASIDIAN』は先進無人機システム研究プロジェクト
『サジッタ(Sagitt)』の技術デモンストレーターの製造を開始したことを発表しました。


平成26年2月6日


イギリスの最新鋭ミサイル駆逐艦 HMSデアリング、親善のため東京に寄港


1日午前、イギリス海軍のミサイル駆逐艦「HMSデアリング」が東京港(晴海ふ頭)へ寄港した。
デアリングは今春からアジア域内に派遣されていたが、今年は日英の国交が樹立してから400年というメモリアルイヤーということもあり、
今回の寄港が実現した。

HMSデアリングは「45型駆逐艦」の一番艦。日米で言うところの「ミニ・イージス艦」に相当する最新鋭のミサイル駆逐艦で、
艦橋の上部に装備された「サンプソン多機能型レーダー」を装備している。
また、ステルス性を考慮しており、船型自体が平面で構成されているのも特徴となる。
HMSは「Her Majesty’s Ship(女王陛下の船)」の略。艦名のデアリング(daring)は「大胆」や「斬新」を意味する言葉。

11月に発生したフィリピンでの台風災害の後、救援物資輸送の任務に就いていたが、
別の艦船と交代。日本を親善訪問することになった。
寄港が発表されたのは約1週間前だったが、当日が日曜日ということもあり、晴海ふ頭の客船ターミナルには多くの人たちが集った。
一般公開は実施されていないが、ターミナルのデッキからその特異なスタイルを見ることはできた。3日は午前8時30分に出港。


@海上自衛隊と合同演習の予定でしたが、親善訪問になったのでしょうか。








平成25年12月3日


英国海軍要綱


@英海軍最新ミサイル駆逐艦HMS Daring と今秋、合同演習を行う予定の海上自衛隊ですが英国海軍の実力とは?
ぱっとしないが、同じ島国として持つべきものは持っているところが我が国との大きな違い。





参考:
原子力弾道ミサイル潜水艦 ヴァンガード級原子力潜水艦×4
原子力攻撃型潜水艦 アスチュート級原子力潜水艦×1(4隻建造中、2隻計画中) トラファルガー級原子力潜水艦×6
航空母艦 クイーン・エリザベス級航空母艦×0(2隻建造中)
ミサイル駆逐艦 42型駆逐艦 バッチ3×1 45型駆逐艦×5(1隻建造中)
フリゲート 23型フリゲート×13
哨戒艦 リバー級哨戒艦×3 改リバー級哨戒艦×1
哨戒艇 Simitar級哨戒艇×2 Archer級哨戒艇×16
強襲揚陸艦 L12 オーシャン - 1998年 R06 イラストリアス
ドック型揚陸艦 ベイ級ドック型補助揚陸艦×3
ドック型輸送揚陸艦 アルビオン級揚陸艦×2
汎用揚陸艇 LCU Mk.10型×10
エアクッション型揚陸艇 グリフォン2000TDX(M)型エアクッション型揚陸艇×4 グリフォン2400TD(M)型エアクッション型揚陸艇×0(4隻建造中)

英国海軍はイギリス海軍とイギリス海兵隊から成り、2009年12月の時点で教育訓練を経た正規兵は、34,660名であった。
このうち、27,710名はイギリス海軍に属し、6,940名はイギリス海兵隊に所属していた。
他にも教育課程を修了していない3,960名と380名の常勤予備役がある。


平成25年8月13日


英海軍最新ミサイル駆逐艦HMS Daring が今秋、日本へ 海自と合同演習・安保協議


英海軍の最新艦艇が今秋、日本に寄港し、海上自衛隊との合同演習や日英防衛当局間の海上安全保障に関する協議が検討されていることが
明らかになった。
英海軍艦船の日本寄港は2008年以来、5年ぶり。
日英消息筋によると、訪日するのは、英海軍の最新鋭ミサイル駆逐艦、HMSデアリング。
09年に就役し英海軍の防空能力の中核を占める。「英海軍の保有艦の中で最も強力な艦艇」とされている。

訪日は11月下旬になる見込みで、オーストラリアを経由して1週間程度、日本に寄港する。寄港先や寄港中のプログラムは現在、
日英の防衛当局者間で詰めの作業が行われている。
検討中の海自艦艇との合同演習では、海上での連携訓練が想定されている。
寄港の際に予定される日英防衛当局者間の協議では、具体的な安保協力などで意見交換するとみられる。
日英両政府は先月、軍事やテロに関する機密情報の交換を可能にする情報保護協定と、装備品共同開発の枠組み協定を締結している。
日本としては「米国に次ぐ戦略パートナー」(同筋)である英国との安保協力を深化させ、急速に進む中国の海洋覇権に対抗したい考えだ。
英国は世界的な景気後退で欧米の武器市場が縮小する中、日本に新型兵器の売り込みを図る思惑もあるようだ。


参考:首相、英国と武器共同開発の方針 榴弾砲の装填装置など打診 首脳会談で合意の意向


@以前我が国の自走式155ミリりゅう弾砲の自動装填部分を英国が欲しがっているという話題を取り上げましたが、
元々英国とは切っても切れない関係にあり、
戦前はかなり英国の船舶工法技術をパクッて開発してきましたからいずれにしても仲良くやりましょう。





平成25年8月11日


英、原爆使用に同意 広島投下の1カ月前 公文書で裏付け 先の大戦で我々が学ぶべきは核武装だけです


米国が広島に原爆を投下する約1カ月前の1945年7月、英政府が米側に対し、日本への原爆使用に同意すると公式に表明していたことが4日、
機密指定を解除された米公文書で裏付けられた。
原爆投下に米国の同盟国である英国が深く関与し、両国の「共同決定」として対日使用された側面が浮かび上がった。
日本は唯一の被爆国でありながら、こうした事実は一般にはほとんど知られていない。
英国が政府として日本への原爆使用に公式に同意したのは、第2次大戦末期の45年7月4日にワシントンで開かれた
原爆開発協力をめぐる合同政策委員会(CPC)の会合。
議事録によると、英代表のウィルソン陸軍元帥は冒頭、原爆開発計画を監督するスティムソン米陸軍長官や計画責任者の
グローブズ米少将らを前に「英政府は日本に対する原爆使用に同意する」と言明した。(共同)


@同意って、何を今さら・・・そもそもマンハッタン計画以前にすでにそれぞれ理論上ウラン鉱石の核分裂は検証済みで、
英国はかなり積極的に原爆開発に関与しています。
原爆投下の抑止力になり得た仁科芳雄博士の二号研究が度重なる爆撃によって研究所が破壊され中止に追い込まれた事が悔やまれてなりません。
日本も原爆を保有していれば、広島・長崎の悲劇は100%防げましたし、ポツダム宣言を受諾することもありませんでした。

だから、先の大戦から何を学ぶかといえば抑止力としての核武装であり、なにを反省するかといえば、敗けた事です。


平成25年8月4日

英警察、反G8拠点を強制排除


英警察当局は11日、北アイルランドで17、18両日に開かれる主要国(G8)首脳会議(ロックアーン・サミット)に反対するためロンドン中心部の
建物を占拠していた活動家らを強制排除した。
英スカイニューズ・テレビは、抵抗するなどした6人が逮捕されたと伝えた。
建物は元警察施設で、反グローバリズムや反資本主義を掲げる若者グループが不法占拠していた。
G8期間中は北アイルランドやロンドンでさまざまなデモや集会が予定されており、警察は一部の活動家らがこの機に乗じて騒乱を起こすことを警戒している。


@脱原発も含め、非論理的というか思い込みというか、世界的に左翼のレベル低下だけが目立ちますね。
個人のエゴで反対しているだけですから学習しませんわな。





平成25年6月12日


英紙、歴史問題で安倍首相を批判 社説「経済に集中を」


29日付英紙フィナンシャル・タイムズは、安倍晋三首相による靖国神社への供物奉納や歴史をめぐる発言に対し「高い支持率を受け、
本性をのぞかせた」と社説で批判し、経済政策に集中すべきだと苦言を呈した。
社説は安倍政権の経済政策を「経済再生に向けた近年で最も大胆な試み」と評価。
同時に、副産物として生じる円安には他国の理解が欠かせないとして、他国を刺激する言動を控えるよう求めた。


@先のワシントンポスト然り、いかに東京裁判がまやかしであったか、暴露しているようなものですネ。
アングロサクソンなんて所詮民主党レベルと言う事です。わはは


参考:ワシントンポスト
26日付の米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、安倍晋三首相が「侵略の定義は国際的に定まっていない」と発言したことについて
「歴史を直視していない」と批判する社説を掲載した。
社説は、安倍首相がこれまでに決断した環太平洋連携協定(TPP)への参加や防衛費の増額などを肯定的に評価。
その上で、首相による歴史の修正主義が「全ての成果を台無しにしかねない」と懸念を表明した。
また、日本が韓国や中国、マレー半島を侵略したのは事実だと指摘。
さらに、中韓が政治的に反日感情をあおるなどしても「安倍氏の自己破壊的な(歴史の)修正主義を正当化しない」と断じた。 


@日本人が、歴史を直視していないってか? 黙ってろ、アングロサクソン。


平成25年4月30日


サッチャー死去 87歳


@人はいつか死ぬだろ。


平成25年4月9日


英国空母 一号艦クイーン・エリザベス R08 二号艦プリンス・ウェールズ R09


現在建造中の英国軍のクイーン・エリザベス級空母の第一隻目の空母となるクイーン・エリザベスは、アイランドでの設置作業を完成した。
このアイランドは英国BAE社の手によるもので、生産ラインでアイランドの建造作業を終えると輸送船で空母のドッグで組み立てられる。
クイーン・エリザベス級空母はイギリス海軍最新鋭の航空母艦で、現在2隻が建造中だ。
一号艦であるクイーン・エリザベス(HMS Queen Elizabeth R08)は2016年、二号艦プリンス・ウェールズ(HMS Prince of Wales R09)は2018年に
ぞれぞれ配備される予定だ。
クイーン・エリザベスは排水量6万5000トンで現在の英海軍が保有する「インビンシブル級の3倍の大きさがある。
これは英国史上最大となる戦艦で米国に次いで世界最強級の空母となる。


@米国のフォード級次世代型原子力空母はレーザー砲を搭載していますからね。





平成25年3月31日






inserted by FC2 system