普天間移設問題 T普天間移設問題 U
(平成21年2月〜平成22年5月)


鳩山由紀夫、徳之島への移転要請=3町長は当然拒否


鳩山由紀夫は7日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鹿児島県・徳之島の伊仙、天城、
徳之島の3町長と首相官邸で会談した。基地機能の一部移転について協力を要請する。
これに対し、3町長は島民の多数が受け入れに反対している状況を踏まえ、拒否する考えを伝える。
鳩山は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)を埋め立てる現行計画の工法をくい打ち桟橋方式に変更し、
ヘリ部隊やその訓練の一部を徳之島に移転する案を組み合わせる方向で検討を進めている。
しかし、3町長は受け入れ拒否で足並みをそろえており、鳩山が掲げる「5月決着」への展望は見えないままだ。 

鳩山は15日にも、4日に続いて沖縄県を再訪問し、仲井真弘多知事ら地元関係者と会い、
県内移設への理解を求める考え。
しかし、「最低でも県外」と約束した鳩山の方針転換に、県民は反発を強めており、
同意は得られそうにない。


@地雷を蒔いて自分で踏んで、ホント救いようのないバカ。








平成22年5月7日


普天間現行案の「生みの親  ローレス元国防副次官」民主党の対応の遅さ批判


普天間基地の移設問題で、「現行案の生みの親」とも言われるローレス元国防副次官が、
鳩山政権の対応の遅さを厳しく批判しています。

@対米自立を運動スローガンとして掲げる我々だって、取り敢えず自主防衛体制が確立されるまでは
現行案が最良だと思うよ。
国防に対して真剣に取り組んだことのない鳩山の無知さ加減を国際社会に曝け出しただけじゃない。





平成22年5月7日


普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断 これだから金持ちのバカボンは始末が悪い


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が鹿児島県・徳之島への海兵隊航空基地の
一部移設を断念する方向となったことが分かった。
米政府が沖縄本島に駐留する海兵隊地上部隊との一体運用を強く求めているため、
恒久的な基地を建設してヘリコプター部隊を分散させることは困難と判断した。
複数の政府関係者が6日明らかにした。ただ、訓練の一部移転を含む何らかの形で、
徳之島側の協力を仰ぐ方法を模索している。

鳩山由紀夫は4月28日、徳之島の有力者、徳田虎雄元衆院議員との会談で、約2500人のヘリ部隊要員のうち
最大1千人を徳之島に移すか、一部訓練を移転させる案を打診した。
平成24年から普天間への配備が予定されている垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ部隊の
移駐が念頭にあった。
しかし、米側は4日に防衛省で開かれた日米実務者協議で、沖縄本島の地上部隊との距離が遠くなるため
訓練や有事対応の際に一体運用が困難になることや、要員の分散で整備・補給作業が
非効率になることを理由に移駐を拒否。地上部隊とヘリ部隊を65カイリ(約120キロ)以内の
距離に配置する必要があるというのが米側の基本姿勢で、沖縄本島から約200キロ離れた徳之島は対象外となる。

米側のこうした強い意向を踏まえ、政府は「最大1千人」のヘリ部隊を同島に移すのは極めて
困難であるとの判断に傾いた。政府は米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)に
滑走路を建設する現行案を一部修正し、辺野古の浅瀬に杭打ち桟橋方式で普天間飛行場の
代替施設を造る方針を固めている。
徳之島は訓練や有事の際に約2千メートルの滑走路を持つ徳之島空港を代替施設の
「バックアップ基地」として活用する方針だ。


@沖縄県民だって前政権の普天間移設案を受け入れていた訳で、100%の県民が反対していた訳じゃない。
今だってそうだけど賛成派だって沢山いるんだよ。
それを海兵隊の抑止力の必要性を認識していなかった鳩山が、
選挙の公約で県外移設なんて言い出した事から始まっちゃったんじゃないか。
もう、お前が議員を辞めたぐらいで収まる話じゃないんだよ。
まったく金持ちのバカはこれだから始末が悪い。
バカはバカなりに大人しくしてりゃいいんだよ。
ところで、小林千代美や北教組、日教組絡みの不正献金問題はどうなってしまったのよ。


平成22年5月7日


山岡国対委員長、普天間 「国民生活に影響ない」 仙石由人大臣は政府専用機を使ってダボス会議へ



普天間っていうのは何か、雲の上のお話のようだ」−。民主党の山岡賢次国対委員長が6日、
党本部で開いた党全国女性議員ネットワーク会議の総会でこんな発言を行い、米軍普天間飛行場の
移設問題で揺れる沖縄県の女性市議にとがめられ、すぐさま発言を撤回する一幕があった。
山岡はこの日、小沢一郎の代わりに急遽、登壇し、「普天間の話や政治とカネの話は直接国民の生活には
影響していかない」などと発言。
激怒した糸満市の伊敷郁子市議が「私たちにとっては生活を破壊される大きな問題だ!
県民を冒涜しているようだ」と猛抗議、周囲の議員からも拍手が起こった。
山岡はあわてふためいて即座に陳謝。
「私は民主党の中でも一、二の沖縄通です」などと苦しい釈明に終始していた。


@沖縄通じゃなくて、あんたはマルチ商法通ですから。(爆) 
こんな詐欺師のアホが議員バッチ付けてていいのか、日本。





すぐ消されるんだろうね!





平成22年5月7日


「場当たり的発言ではない」普天間問題で鳩山由紀夫



普天間基地の移設問題で、鳩山は「最低でも県外」とした自らの発言を「公約ではない」などとしたことについて、
「場当たり的な発言ではない」と強調。


@こういう厚顔無恥というか恥知らずな「僕はなにも悪くない的テクニック」が自民党歴代総裁には、
足りなかったですね。(爆)







平成22年5月6日


OKINAWA 沖縄 ウチナンチュウ 反日メディアのデマゴギーに騙されるな


@何でも先日の普天間県内移設反対集会も主催者発表9万人とすべてのメディアは書いていましたが、
実際は2万人だったそうじゃないですか。
所謂反米左翼最後の砦が沖縄ですから力も入るのでしょうが、沖縄県民も鳩山由紀夫と同じで
本当に変わり者が多いですね。
我々だって基本的には日本に米軍基地はいらないと思っていますし、そうした運動もしてきました。
しかし、現状の自衛隊の実力だけでは近年、超近代化とともに強力に増強されつつあるシナの海軍力とICBMに対する
抑止力は持ち合わせていません。
悔しいですが取り敢えず米軍の核の傘に入っているしかないという現状を受け入れるしかないと思っています。
先ず親中反米の社民党や民主党の社会主義政権を倒す事です。
チベットや東トルキスタンのような国にならない為にも。






海兵隊の陸上部隊とヘリコプター部隊の共同訓練を考える中で、って今頃分かったのかよ。


平成22年5月4日


普天間、全面県外移設は困難=鳩山由紀夫、沖縄知事に表明


就任後初めて沖縄県を訪問した鳩山由紀夫は4日午前、県庁で仲井真弘多同県知事と会談した。
席上、鳩山は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題について「すべてを県外に(移設する)というのは
なかなか現実問題として難しいということに直面している。
沖縄の皆さんにご負担をお願いしなければいけない」と述べ、全面的な県外移設は困難との認識を初めて表明した。
その上で、鳩山は「普天間の危険性除去、沖縄の負担をできるだけ軽減することに最大限努力する。
すべてをパッケージとして解決することが大事だと思っている」と述べた。 



@鳩山! 腹ぐらい切れよ。








平成22年5月4日


連休後の7日に官邸で面会 徳之島の3町長と鳩山由紀夫



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、一部部隊などの移設候補地となっている
鹿児島県・徳之島の3町長(徳之島、伊仙、天城)と鳩山由紀夫の会談は7日に
実施される方向で双方が調整に入った。
2日、大久保明・伊仙町長が明らかにした。大久保町長によると、3町長は首相側と県を通じて日程・場所を調整しているが、
県担当者から「東京で7日を軸に調整している」と連絡があったという。
伊藤祐一郎知事と地元選出の徳田毅衆院議員(自民)も立ち会う予定。
また、大久保町長は会談の原則公開を求めているが、首相側は難色を示しているという。

3町長はこれまで政府側との面会を拒否していたが、鳩山が在沖米海兵隊のうち航空部隊最大1000人の
徳之島移転などに言及。
4日には沖縄県の仲井真弘多知事との会談で政府案を正式発表する可能性が高いことなどを
考慮して方針を転換。「会って早く反対を伝える方が得策」と判断した。





@どちらにしても結果は変わらないでしょうけど.。


平成22年5月2日


普天間現行案を修正  浅瀬くい打ち方式など説明 


普天間基地の移設問題で、北沢防衛大臣は鳩山に対し、キャンプ・シュワブの浅瀬にくいを打って
滑走路を造る方式など現行案を修正した複数の案を説明した。


@鳩山だ! 総理は楽でいいね〜〜〜〜〜〜〜  絶対、やめられません。








平成22年4月28日


鳩山由紀夫 「政府案の最終的な詰めの段階」 普天間移設


鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について
「政府案は真剣に検討中で、最終的な詰めを行いたいという状況だ」と述べ、
5月末の決着に向けて調整を急ぐ考えを示した。
首相公邸前で記者団の質問に答えた。 普天間問題では、キャンベル米国務次官補は
「日本政府から、いくつかの期待が持てる要素を含んだ真剣な提案があった」と述べ、
日米交渉が進展しているとの見解を示している。
この点について首相は「沖縄県民の負担をできる限り減らさないといけないということが1点と、
普天間の危険性除去をできるだけ早くやるという、この2点を満たせるような形で今最終案を提案すべく
努力している」と述べ、日米交渉では普天間飛行場の継続使用を避ける方法を優先させる考えをにじませた。


@さあ、お楽しみのカウントダウン開始です。(爆)






平成22年4月27日


普天間基地の県内移設反対!「10万人」沖縄県民大会



沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に反対し、国外・県外への移設を求める県民大会が25日午後3時、
同県読谷(よみたん)村運動広場で始まった。
県政の与野党が超党派で県内移設反対を訴える県民大会を開くのは初めて。
仲井真弘多(ひろかず)知事をはじめ、県内の全41市町村の首長、首長代理が顔をそろえ、
島ぐるみで鳩山政権に「最低でも県外」の公約実現を迫った。

実行委は約10万人規模を目指しており、会場には各種団体のメンバーや家族連れがプラカードなどを手に続々と集まった。
主催者あいさつで、高嶺善伸・県議会議長が「鳩山総理の『最低でも県外』という約束に、
県民は大きな期待を寄せている」と力を込めると、会場から大きな拍手が起きた。
仲井真知事も「沖縄の過剰な基地負担を大幅に軽減すべきだ。
普天間の固定化は絶対に許してはならない。
県民に対し、(鳩山政権は)公約通りの解決、責任ある解決を示さなければならない」と訴えた。

さらに、仲井真知事は、「私は、日米安保条約、日米同盟を支持する立場にあるが、
(沖縄の現状は)応分の基地負担をはるかに超えた負担だ」と述べたが、県外・国外への移設については触れなかった。
大会では県民の総意として、「県民の生命、財産、生活環境を守る立場から、
日米両政府が普天間飛行場を早期に閉鎖・返還するとともに、国外・県外へ移設するよう強く求める」との決議を採択する予定。


@そんな訳にはいかないんだよ! 鳩山のバカが、うちなんちゅうのエゴに火をつけちゃいましたね





平成22年4月25日


米紙の普天間報道「事実ではない」 鳩山、現行案受け入れを否定


鳩山由紀夫は24日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、
岡田克也外相が23日のルース駐日米大使との会談で現行案(沖縄県名護市辺野古沿岸部への移設)を
大筋で受け入れると伝えたとの24日付米紙ワシントン・ポスト(電子版)の報道について
「事実ではない。辺野古の海が埋め立てられるのは自然に対する冒涜だ。
現行案が受け入れられるなどというような話はあってはならない」と否定した。
ただ、岡田とルース大使の会談があったという事実は認めた。
視察先の群馬県大泉町で記者団に答えた。








@バカだね〜〜〜


平成22年4月24日


沖縄知事が県民大会出席へ 普天間県内移設は困難に


@沖縄県民も調子に乗り過ぎだぞ。そりゃ沖縄県民の負担を軽くすると言って始めたのは鳩山くんだし、
なくせるものならなくしたいんだろうけど、そんな簡単な話じゃないしね。
なんでも我らが総理は「僕の事、誰も分かってくれない。もう、やめたい」とか、泣き言いってるそうじゃない。
アホな奴。(笑)





平成22年4月23日


「移設先決まらない場合普天間の継続も」 渡部恒三氏


民主党の長老、渡部恒三元最高顧問は、「どうしても候補地がない場合は、お詫びしてお許し頂くこともあり得る」と
普天間基地の継続使用もあり得るという認識を示しました。


@わはははは、しかしながら、いくら黄門さまでも、それは聞けませんよ。





平成22年4月21日


絶対的民意か? 一つの民意か? 普天間問題で徳之島の
3町長が政府との会談を拒否



政府は、普天間基地の移設先として検討している鹿児島県徳之島にある3つの町の町長に対して、
平野官房長官との会談を打診したが、3人の町長は「会う必要はない」とあっさり拒否した。

@鳩山、お前の尻拭いは分かるけど、なんで徳之島なの? (爆) 


普天間移設反対集会に鳩山由紀夫 「一つの民意」





平成22年4月21日


普天間移設反対集会に鳩山由紀夫 「一つの民意」 


鳩山由紀夫は19日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地として政府が検討している
鹿児島県・徳之島で島民ら1万5000人(主催者発表)が参加した大規模な反対集会が開かれたことについて、
「大変なエネルギーだ。一つの民意だと理解すべきだと思う。
そういう民意も勉強しながら、政府として普天間の移設先を真剣に考えていきたい」と述べた。

首相公邸前で記者団から「徳之島に正式に打診する考えはあるのか」と聞かれたのに答えた。
政府は反対集会について参加者実数など詳細な分析を行っており、首相の発言は地元の意向を見極めながら、
徳之島案を検討していく考えを示したものとみられる。
平野博文官房長官は、徳之島を軸に検討している政府案を今週、民主党鹿児島県連に正式に伝える意向で、
政府は地元との正式交渉入りに向けた動きを本格化させる。





@立場が変われば、ものはいいようだね。(爆) 後がないぞ鳩山くん。


平成22年4月19日


米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鳩山政権が目指す5月末までの決着が
困難になっているのを受け、米政府は飛行場を継続使用していくとの判断を固めたことが分かった。
複数の日米関係筋が明らかにした。米政府は今後、鳩山政権の出方を見守りながら、
継続使用する考えを日本側に伝えるタイミングをはかっていく。

日本政府が新たに検討しているキャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)南方沖の浅瀬案は、
同沿岸部へ移設するとした現行案を事実上、微修正したに過ぎず、米側が容認する可能性も残されている。
しかし、日米関係筋によると、米政府が普天間飛行場を継続使用せざるを得ないと判断したのは、
同案の与党内の調整が困難で合意できる見通しがないとみているからだ。
米政府は、現行案を「最善」としながらも、2月ごろまでは「さまざまな異なる可能性に向き合う
用意がある」(キャンベル国務次官補)として、決断を先送りする鳩山政権に「忍耐」を示してきた。
しかし米政府はこうした方針を転換し、3月下旬に訪米した岡田克也外相にゲーツ国防長官が
「海兵隊の沖縄駐留が政治面でも部隊運用面でも持続可能なものでなければならない」と米側の
具体的な意向を初めて伝えた。

「政治面」とは、移設先の地元の合意が必要だという意味であり、「部隊運用面」が、航空、地上、
訓練場所が同じ地域にあるという意味であることを踏まえれば、2つの条件を「持続可能」とするには、
現行案を履行する以外の選択肢はあり得ないというメッセージだった。
迷走を続ける鳩山政権について、米政府高官は日米関係筋に、「ハトヤマは事態の深刻さが分かっていない。
米政府は鳩山政権に期待するのをあきらめた」と語ったという。
その具体的な答えが、12日の核安全保障サミットの夕食会を利用した10分間の非公式会談だった、
という。


@自分のけじめもつけられない、国家理念もない鳩山由紀夫がなにを言っても信用されないのは当たり前じゃない。
友愛友愛と言っていればすべて話が付くと思っているアホな首相を持って日本人としてホント恥ずかしいよ。
岡田克也も克也で、人並み外れたでかい顔をしていながら「韓国による竹島の不法占拠」と言えない
ただの日和見主義の八百屋のおっちゃん。
国家の理念や国家の主権を国会で堂々と述べられない政治家なんて一人もいらないんだよ。


平成22年4月18日


徳之島できょう「1万人集会」=普天間移設に反対−鹿児島


政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転先に検討している鹿児島県・徳之島で18日、
「米軍基地徳之島移設断固反対1万人集会」が開かれる。
集会では、同島の3町長や島民代表らが移設反対を訴える。集会は3町長や地元JA、町職員組合など約60団体で構成する
移設反対協議会が主催。徳之島の亀津新港に設けられた特設会場で午前11時に始まる。





@政権獲る前なら鳩山由紀夫も福島も先頭に立って出ていたんだろうけどね。(爆)


平成22年4月18日


鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」


鳩山由紀夫は16日、国会内で自らの後援者らと懇談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、
「普天間なんてみなさん知らなかったでしょう。
それ(普天間問題)が国民の一番の関心事になること自体が、何かメディアがいろいろと動きすぎているなと思っている」と述べた。
普天間問題で、首相自ら5月末までの「決着」を繰り返し明言しながら混迷を続けている要因は、
マスコミの報道にあると言いたかったようだが、普天間問題が国民の関心を集めることを疑問視する姿勢は批判も呼びそうだ。

鳩山は「『どうせ鳩山なんだから、できないだろう』とメディアが書いているが、心配なさらないで結構です」とも述べた。


@その普天間がお前の命取りになるんだよ。わははは


平成22年4月17日


普天間問題「5月末に方向性」 鳩山発言が後退


鳩山由紀夫は15日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題を5月末に決着させる
方針について、「これで行こうとの方向が互いに認められた状況を指す。
なんとしても、その状況を作りたい」と述べた。「決着」内容に関し、米国、地元と移設案の具体的な
部分についてまで合意することにはこだわらない考えを示したものだ。首相公邸前で記者団に語った。

平野博文官房長官も同日午前の記者会見で、5月末の決着について、「米国と地元に理解をいただき、
その上で具体的に詰められていく状態だ」と語り、米国、地元の双方と詳細部分を協議していくための
土壌ができることだとの認識を示した。
平野は「5月末までにすべて技術的な詳細も含めて終わっていなければ、
理解(を得た状態)ではないという認識には立たない」と強調した。

政府内の今後の手続きについて、平野は「閣議決定か閣議了解かは別として、
何らかの意思は明確にしなければならない」と語り、政府の方針を
閣議決定などよって定めていくことを目指す考えも示した。
これに対し、社民党の重野安正幹事長は同日午前、「5月末(との期限)は連立3党で協議したものでなく
、当初からできるのか心配していたが、現実になりつつある」と記者団に語った。


@よくもまぁぬけぬけと言えるものだ。5月末までに決めなきゃ鳩山以下総辞職、解散総選挙でしょ。
これで支持率確実に20%切るね。


平成22年4月15日


「きちんと責任取れるのか」=米大統領、首相に疑問呈す−普天間移設


ワシントンで12日に行われた鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領の非公式会談の際、
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の5月末までの決着を表明した首相に対し、
大統領が「きちんと責任を取れるのか」と強い疑問を呈していたことが分かった。
日米両政府の複数の関係者が14日明らかにした。

それによると、首相は会談の冒頭、大統領に「日米同盟が大事だという考え方の中で移設問題を努力している。
5月末までにきちんとやる」と解決を約束。
大統領が疑問を投げ掛けたところ、首相は改めて5月末決着の意向を表明した。
オバマ大統領の発言について、関係者は「鳩山首相に対する不信感の表れだ」と指摘した。 


@わははは、だけど鳩山が辞職した位で収まる話じゃないだろ。


平成22年4月15日


鳩山由紀夫、「5月末決着」伝達=普天間、米大統領に協力要請


鳩山由紀夫は12日夜(日本時間13日午前)、核安全保障サミットの夕食会でオバマと非公式に会談した。
鳩山は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「5月末までに決着する」と表明するとともに、
「大統領も協力を願いたい」と要請した。会談後、首相が記者団に明らかにした。
首相は大統領の反応について「感触も言えない」としたが、「(5月末までに決着の)思いの下で努力することになった」と強調した。
今回の鳩山訪米では、正式な日米首脳会談は見送られた。
夕食会で鳩山は大統領と隣り合わせとなり、約10分間意見交換した。
 
鳩山は大統領に「日米同盟が大事だ。その考え方の中で普天間移設問題を努力している最中だ」と強調。
記者団には「(米大統領に)具体的な地名は一切言わなかった。
沖縄の負担を軽減することが日米同盟発展のために必要だと語った」と説明した。
普天間問題で日本側は、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行計画に代え、
鹿児島県徳之島へのヘリ部隊の一部移転と、キャンプ・シュワブ陸上部(名護市など)にヘリ離着陸帯を建設する案を
組み合わせることを検討している。








@ホントバカな奴。相手にされてもいないのに態々口火切って、黙って飯食ってりゃよかったのに、
これで完全に終わったね。


平成22年4月13日


民主・渡部氏「普天間解決できないなら政権交代」


民主党の渡部恒三前最高顧問は都内で講演し、普天間基地の移設問題が5月末までに解決しなかった場合、
鳩山総理大臣の退陣は避けられないという見方を示した。





@幸が、一人で韓国までイ・ソジンに会いに行くそうじゃない。


平成22年4月8日


鳩山由紀夫 普天間移設政府案は今月中にこだわらない


鳩山由紀夫は30日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる政府案の
取りまとめ時期について、首相公邸前で記者団に対し「1日、2日、数日ずれることは何も大きな話ではない」と述べ、
月内にこだわらない考えを改めて示した。
鳩山は、政府案策定の時期を3月末までとした理由について「5月に政府として、沖縄(県民)をはじめ国民、
さらに米国の理解もいただく案として認めてもらうには大体このくらいが目安だなと思ったからだ」と説明。
「大事なことは5月に晴れて(米国や沖縄の)理解をいただくことだ」と語った。





@鳩山由紀夫の無責任な言動、もう笑い話にもなりません。


平成22年3月30日


普天間移設、徳之島で反対集会・・・4200人気勢



沖縄県の米軍普天間飛行場の移設候補に浮上している鹿児島県・徳之島で28日、
移設に反対する集会が開かれた。
会場の天城町総合運動公園野球場には約4200人が集まり、気勢を上げた。徳之島の3町長の発案で、
商工会やJA、漁協など約60団体が主催。
奄美群島の他島からの参加者もいた。
鹿児島県内の自民党衆院議員2人や小池百合子・元防衛相も姿を見せた。
高岡秀規・徳之島町長は「報道では移設候補に徳之島の名が挙がるが、政府からは何の打診もない。
地域の声を聞かない政治手法はいかがなものか」と訴えた。
会場のスピーカーからは、米軍が配備を計画している垂直離着陸機「オスプレイ」の飛行音が流され、
参加者は騒音のすさまじさを体感した。
太平洋戦争の際、徳之島で空襲に遭ったという保岡勝彦さん(80)(徳之島町)は「当時を思い出し、
体が震えた。基地は戦時の攻撃対象にもなる。絶対に受け入れられない」と力を込めた。





@元々プロ集団が知恵を絞って作り上げたものを、ただのど素人が行き当たりばったりで変えようとするから、
住民のエゴがぶつかりあってぐちゃぐちゃになるに決まっているじゃない。
まして現内閣の半数以上が日米安保反対なんだからさ。笑える!


平成22年3月29日


基地機能の5割超を沖縄県外に 政府案31日までにまとめる


政府は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として
(1)米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)に500メートル級滑走路を建設
(2)米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に人工島を建設−−の2案に絞り、訓練や基地機能の一部を
徳之島(鹿児島県)など県外に移転する案と組み合わせる方向で米側、
沖縄県など関係自治体との調整に入る方針を固めた。
岡田克也は28日から訪米を予定しており、ゲーツ国防長官らに検討状況を説明したい考え。
26日にルース駐日米大使と会談する。

平野博文は25日、社民党の阿部知子、国民新党の下地幹郎と会い、3月末までに政府案をまとめる方針を説明したが、
海上を埋め立てるホワイトビーチ沖合案には両党が反発。防衛省と国民新党を中心に、
暫定的にシュワブ陸上部に移設したうえで将来的にホワイトビーチ沖合かグアム移設を目指す
2段階案も浮上している。

関係自治体は強く反発。沖縄県の仲井真弘多知事は25日、那覇市を訪れた北沢俊美と会談後、
記者団に「シュワブ陸上案であれホワイトビーチ沖合案であれ難しいと伝えた」と語った。
県外の移転先に挙がった鹿児島県の伊藤祐一郎知事と徳之島など関係市町の首長らも平野に反対を申し入れた。
防衛省幹部は「5割以上を県外に移せるかがポイントだ」と県外移転の拡大で沖縄の
理解を求めていく考えを示したが、一体運用を重視する米側が反発しそうだ。


@苦肉の策でしょうが既に反発してます。(爆)








平成22年3月26日


県内移設なら内閣総辞職を=普天間で民主・喜納


民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は24日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に関し、
「公約を守れないものがどうして存在できるのか。
そういう内閣は代わった方が、民主党の未来にとっていい」と述べ、鳩山由紀夫が昨年の
衆院選で訴えた県外移設が実現しなかった場合は、内閣総辞職すべきだとの考えを示した。
参院議員会館で記者団に語った。



@わははは、実に楽しくなってきました。

で、鳩山くん、小沢くんに楯突いて事業仕分け新人議員総動員でやるんだって?


平成22年3月24日


普天間移設 「県外あきらめていない」・・・参院委で鳩山由紀夫


鳩山由紀夫は24日午前の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の
移設問題に関し「決して県外をあきらめていない。
当然、選択肢に含まれている」と述べ、県外移設を断念したとの見方を否定した。

 鳩山はこれに先立ち、公邸前で記者団に「3月いっぱいには政府案をまとめる。
それは約束するし、それをもって米国にも沖縄の皆様方にも理解を求める」と改めて強調。
「どこかに絞り込んだということではない」と述べるにとどめた。


@いつまで経っても成長しないね。ホント、アホな奴。(爆)


平成22年3月24日


「現行案を進めるべき」普天間移設で米海兵隊トップ


わはははは・・・・・・・・・さて、バラマキ友愛総理、真っ向から否定されちゃいましたけど、
米国と沖縄県民には「友愛」示さないんですか?(爆)





平成22年3月11日


普天間移設 「県外、国外は非常に厳しい」 エゴイスト同士のぶつかり合いで上手くいく訳ないだろ


自民党が15年かったものを5カ月でできる訳がないだろ。
結局元に戻ってるじゃないか。早くギブアップしちゃえよ。





平成22年2月28日


米、同盟協議「延期」を鳩山政権に通告 


来年の日米安全保障条約改定50周年に向け、「日米同盟の深化」を目指して
日米両政府が始めることにしていた新たな協議について、
米政府が「延期」の意向を日本政府に通告してきたことが8日、政府関係者の話でわかった。
米軍普天間飛行場移設問題で、米側が強く求める日米合意の履行を鳩山政権が見直す姿勢を示していることが理由だ。
「同盟深化」の協議は、将来の両国関係強化の象徴と位置づけられているもので、
普天間問題の混乱は、日米関係全体に深刻な悪影響を及ぼし始めた。

関係者によると、「延期」は、4日に都内で行われた普天間移設問題に関する閣僚級作業部会の後、
日本政府に通告された。米側は「普天間移設問題が解決されるまでは協議に応じない」と理由を伝えたという。
日本政府は4日の作業部会で、普天間移設の結論を来年まで先送りする意向を米側に伝えた。
これに、米側が強く反発したものとみられる。
日本政府は、普天間問題の作業部会とは別に、米側と外務・防衛担当閣僚級の同盟協議を年内に開始したい意向だったが、
延期が不可避となった。
同盟深化のための協議は、先月13日の日米首脳会談で鳩山が提案し、オバマ大が同意。
来年11月に予定される大統領の再来日まで、1年間かけて議論を進めることになっていた。

首相は大統領との共同記者会見で、「日米同盟は安全保障のみに限らない」と述べ、
防災、医療、教育など幅広い日米協力を重視する形での同盟の再構築を目指すとした。
また、日米地位協定や在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の見直しも日本側が提起するとみられていた。
協議は、1996年の日米安保共同宣言に続く、新たな共同宣言を出すことを目指していたが、
鳩山政権が普天間移設問題をこのまま先送りした場合、新共同宣言の策定も困難になる可能性が強まっている。
オバマ政権の極めて厳しい姿勢が明らかになったことで、首相が望んでいる、
コペンハーゲンでの国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)首脳級会合(17、18両日)の際の
日米首脳会談の実現も、調整の難航が予想される。


@淫売「瑞穂」にかき回されて、やっちまったなーーーーーーーー由紀夫ちゃん。ワハハハ
奇しくも12月8日じゃないか。
もう一度やってみるかい、日米戦争!!


平成21年12月08日


鳩山、普天間対応を協議=岡田「日米同盟の危機」伝達か尖閣諸島があるじゃない!


鳩山由紀夫は6日午後、首相公邸で岡田克也と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の
移設問題について約1時間20分間協議した。
外相は5日の沖縄県での意見交換などについて報告。
普天間問題の年内決着が困難な状況となる中、打開策について話し合ったとみられる。

外相は5日、那覇市での記者会見で「日米同盟の現状に非常に強い危機感を持っている」と述べ、
キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に代替施設を建設する現行計画を変更した場合、
日米同盟関係に深刻な影響が及ぶとの認識を示した。
首相にもこうした危機感を伝えたとみられる。 


@政権は交代したものの、カスの寄せ集めじゃなんともならないでしょ。
いっその事、尖閣に飛行場と基地造って共同で管理すればいい。
ついでに国立墓苑もどうぞ。


平成21年12月06日


普天間交渉「暗礁」 米大使一変、激怒


米軍普天間飛行場移設問題をめぐり鳩山由紀夫が年内決着を断念したことに、米国側が激怒した。

◆顔真っ赤、大声上げ




4日午後、日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部移設を念頭にした、
WGの検証作業が開かれた外務省4階大臣室隣の接見室。
関係者によると、小人数会合に移った後、米国のルース駐日大使が穏やかな語り口を一変させた。
「いつも温厚」(防衛省筋)で知られるルース氏は、岡田克也と北沢俊美を前に顔を真っ赤にして大声を張り上げ、
年内決着を先送りにする方針を伝えた日本側に怒りをあらわにした、という。
いらだちを強める米国側の姿勢は、会合後、首相官邸を訪れた岡田、北沢から鳩山にも伝えられたとみられる。

伏線はあった。鳩山は4日、「グアムに全部移設することが、
米国の抑止力ということを考えたときに妥当か検討する必要がある」と記者団に語り、
年内決着どころか、グアム移設も含め検討する考えを示していたのだ。
福島瑞穂は「選択肢の幅が明確に広がったことを大変歓迎している」と強調した。
もともと日米合意に基づく普天間移設計画は、普天間の米海兵隊ヘリコプター部隊を辺野古の代替施設に移し、
司令部機能などはグアムに移設させることが柱だ。
ヘリ部隊も一緒に移設した場合、有事の際にグアムからヘリ部隊が県内に展開する
地上部隊をピックアップしに沖縄に立ち寄る手間がかかる。
政府関係者は「ヘリ部隊と一体のグアム案は、非現実的で想像をはるかに超える」と語る。


@別に禿げが偉そうに怒る事はないが、バカボン鳩山も優柔不断がすぎるわな。
郵政止められた小泉が、バカボン政権は来年の参院選挙までもたないとはしゃいでいたが、
福島如きに振り回されて・・・・・・押尾パクッて、かく乱戦術か? 
東京拘置所が警備体制強化してるらしいけど、誰の首に縄かけるのかな?


平成21年12月05日


クリントン訪日時に協定署名 在沖海兵隊グアム移転沖縄にはシナの侵略に備え
空海自衛隊最強部隊を配置せよ!! 






初来日するクリントン米国務長官を迎えて17日に東京で行う日米外相会談で、沖縄駐留米海兵隊のグアム移転をめぐる
協定に正式合意することがわかった。オバマ政権発足後も米軍再編を両国が協力して進めることを文書で確認し、
同盟関係の重要性を強調する意味合いがある。

 日本政府関係者によると、外相会談後、クリントンと中曽根外相が署名式を行う方向で、米側と最終調整している。
協定には海兵隊のグアム移転について日本側の財政拠出の上限を28億ドル(約2500億円)と明記。
米側に目的外使用を禁じ、入札で日本企業も平等に扱うなどの内容を盛り込む。

 外相会談では、沖縄にとって負担軽減となる海兵隊の移転と普天間飛行場の移設が、互いに切り離せない
「パッケージ」であることを確認。
代替施設の建設位置をめぐって地元との調整が長引いている普天間移設問題も、日米間の合意に基づいて進めることで一致する方向だ。
先月23日の日米外相による電話会談で、クリントンは日本政府が09年度予算でグアム移転関連費用を計上したことを高く評価していたという。

 日米両政府は06年5月、在日米軍再編の行程を定めた「ロードマップ」に合意。
14年までに海兵隊8千人と家族9千人をグアムに移転させることや、そのための日本側の財政支援などが盛り込まれている。


@元々日米同盟なんて不平等であった訳で、当初100億ドルの75%を日本が負担するなんて言っていた移転費用も
取り敢えず28億ドルで落ち着いたようだが、それでも甚だ不満と言えば不満だが、沖縄が少しでもスッキリするのはいいことで、
メンタリティーに関しても日本人がどこまで自立できるかと言う事だ。
ただ平和ボケした日本人が多い現状で自主独立を勝ち取る道のりはまだまだ遠い。
沖縄には我が国、空海自衛隊の最強部隊を配属せよ!!


平成21年2月11日







inserted by FC2 system