大日本赤誠会兄弟会の歩み 
(一部資料調整中 順次更新していきます)


平成28年度宮城県本部主催兄弟会 & 第11回養賢義塾 国策研究会 平成28年11月6日7日


11月6日 第11回養賢義塾 国策研究会 
於:宮城県護国神社 本丸会館2F 午後1時〜午後6時(4時より懇親会)
 
地政を探る 其のV 素浪人、GHQの亡霊を切る
講師 増本和司 養賢義塾塾長 客員講師 和田正宗参議院議員  梅原克彦前仙台市長 相沢光哉自民党宮城県議  司会 村上学小会兵庫県本部長



正午、控室で昼食







増本和司 養賢義塾塾長 客員講師 和田正宗参議院議員  梅原克彦前仙台市長



懇親会


午後7時 兄弟会 於:仙台某アジト 当然、大野康孝大人命に献杯







11月7日 午前11時 松音寺 226事件 村中孝次烈士の墓参









会長笠原を囲んで、各県本部長。


昼食後、解散 詳細は書きませんが、天下無敵の赤誠(貧)会、本年も会長以下誰一人欠けることなく素晴らしい、兄弟会でした。
理事長の地元に根差した運動のあり様を目の当たりにして感激し、また、その意思を継ぐ綿本部長と
彼を支える地元の青年たちの揺るぎない志にも感激したとても素晴らしい兄弟会でした。有難うございました、本当にお世話になりました。千葉さん有難う。
片道10時間かけて車を飛ばして行った甲斐がありました。途中、心臓発作2回・・・・


来年は、名古屋が幹事です。


個人的な話で恐縮ですが、帰りに会津若松により、寒風吹きすさぶ飯盛山の白虎隊に手を合わせてきました。
 





平成28年11月8日


平成27年度東京本部主催兄弟会・・・・・友よ、未完の詞を愛せ!





平成27年10月10日 午後6時、宮城(増本理事長・綿本部長他2名)、東京(笠原会長・本村本部長)、千葉(岩崎本部長・相沢)、
兵庫(村上本部長)、京都(雨宮本部長)、愛知(長谷川×2)、東京のアジト”ぽんた”集合。
本年も、一人の欠員もなく全員集合できた。恒例の笠原の挨拶で始まり、乾杯。各県本部の活動報告。理事長の挨拶と続く・・・
私の提案で、小会とも少なからずご縁のあった、阿部勉氏(平成11年10月11日命日)と野村秋介氏(平成5年10月20日命日)を偲んで、会長の挨拶を頂き、献杯。
宴も酣となり村上本部長の浪歌”ある晴れた日に”で始まり、”一献歌”、本家本村本部長拓大節の”無題”と来て、笠原会長の”狼の歌”で(10年ぶり)締めくくる。
午後10時半解散。来年は宮城県本部が幹事。宜しく頼みます。


平成27年10月13日


平成26年度京都府本部主催兄弟会 みちのく仙台市


平成26年11月8日午前10時、各県本部より仙台サンプラザに集合し(尚、幹事の雨宮輝行は突然の身内の不幸で欠席、
東京本部本部長の本村博昭は仕事の都合で欠席)、増本和司の報恩の集いに参加。
同日午後7時、宮城県青年会館に場所を移し、兄弟会を行いました。
翌、9日午前9時、宮城県護国神社を正式参拝し解散。
宮城県本部の皆さん大変お世話になりました。そして各県本部の皆さん、大変お疲れさまでした。
来年は、東京が幹事役です。



笠原を中心に、各地での活動報告や運動論を深夜まで交わしました。








平成26年11月12日


平成25年度兵庫県本部主催兄弟会 みちのく 石巻市



大川小学校にて・・・・合掌


平成25年10月26日午後5時、小会各県本部長と会長笠原正敏は石巻のホテルに参集。
今回の兄弟会は兵庫県の村上学本部長が幹事役で、てっきり神戸で開催されるものと信じ込んでいましたが、彼が神戸の震災で受けた恩返しという事で3.11震災後すぐに支援物資を持って
京都の雨宮本部長とともに被災地に入りボランティア活動を開始しました。
以来、現在まで継続してその活動を続けてきましたが、もちろん現地では宮城県本部の増本理事長を中心として大日本神武会の高倉会長や小会宮城県本部の綿本部長や
会員が自らも多大な被害を受けながら、多くの同志が村上の支援活動を支えてきた事は言うまでもありません。
そんな関係もあって、復興の遅れている被災地に私たちが集まって少しでもお金を落とせば現地の人たちの役に立てるのではないかという、
本当にささやかではありますが運命共同体の一員としての使命感に燃える村上本部長の熱い思いに会長も各県本部も即刻快諾し、石巻での開催になりました。

午後7時より、近くのすし屋の二階で懇親会。二次会は幹部だけで秘密会議。


10月27日は、午前9時から羽黒山鳥屋神社正式参拝、大川小学校、開成団地、女川町立病院、魚町など、被災地で意見交換をしながら午後3時半サンプラザホテル前で解散。


最後に、大日本神武会の高倉会長はじめ増本理事長、村上本部長、綿本部長、現地で活動されている皆さま、本当にお世話になりました。
愈々のご健闘ご活躍を祈念いたしております。 合掌


来年は京都本部が幹事です。


村上本部長が後日送ってきた礼状から
災害に遭うことは仕方のない事ですが、泣いて、助け合って、励まして、そして次に何をするかという事が重要です。その意味で大きな一歩になったと存じます。
我々が政治的に、人道的に、どのように運動して結果を残せるかを考える時に、困っている真面目な人々から目を離さないようにしたいと存じます。 


平成25年11月1日


平成24年度千葉県本部主催兄弟会 会津若松 飯盛山



鶴ヶ城



飯盛山 白虎隊自刃の地
白虎隊十九士の墓前にて全員で手を合わせる。


平成24年6月24日午後2時会津若松駅集合 → 鶴ヶ城見学 → 飯盛山にて白虎隊慰霊 → 東山グランドホテル
午後6時より懇親会。


笠原会長挨拶
「日本がひとつになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず 大きな幸せが待っていると信じています」
昨年の選抜高校野球で石巻工高(宮城)主将の選手宣誓だ。
こうした純真無垢な日本の若者に、鳩山、菅、小沢のような日本の政治家がどんな影響を与えてしまうのか、非常に危惧している。
この現状を打破する事が大事だと挨拶。

増本理事長より、日本人として戦後初めて魚釣島に上陸した小会笠原を隊長とする第一次二次尖閣領有決死隊の逸話をお聞きした。
まさに決死隊だった訳だが、この快挙によって三次四次隊へと受け継がれていき、竹島のようにシナに占有されづにいる事を
日本国民は忘れないでいただきたいものだ。

今回も一人の欠席者もなく和気藹々とした中、懇親会は深夜まで続く。

翌25日午前10時、三々五々各自帰路に就く。

岩崎千葉県本部長はじめ、幹事の皆さん本当にお世話になりました。
来年は兵庫県本部が幹事です。

最後に誠に私的な事で恐縮すが、一昨年前より月一で京都を訪れる機会に恵まれ、そして今回の会津と、
その歴史の地に立てることの喜び、まさに勤皇佐幕を越えた運動の原点を見つめ直すことができた実に素晴らしい兄弟会でした。
sekisei@はせがわ


平成24年6月27日


平成23年度兄弟会は、千葉県本部が幹事で九州熊本・本渡諏訪神社を訪ねる予定でしたが、
東日本大震災において小会宮城県本部及び関係者が大打撃を受けましたので、中止となりました。



平成22年度愛知県本部主催兄弟会


平成22年10月31日午後4時から江南市すいとぴあ江南にて開催。





自問自答


午後6時より懇親会。
会長笠原より松島瑞厳寺の瑞厳和尚は毎日毎日「自問自答」を繰り返したという訓話をいただき、
我々も日々流されがちな日常において自分を見失うことなく手本としなければならないと痛感。
先月亡くなられた小会相談役 藤代真敬氏と広野秀夫氏を偲び、増本理事長の掛け声で献杯。
今回もだれ一人として欠席者もなく、旧交を暖めあう楽しい兄弟会になりました。



翌、11月1日は、国宝の犬山城見学、田縣神社、大縣神社参拝。





お昼過ぎ小牧にて散会。


さて、来年は千葉県本部が幹事です。
是非、天草で大野康孝宮司を囲んで開催して欲しいものです。


平成22年11月10日


平成21年度宮城県本部主催兄弟会


10月11日(日)夕刻、宮城県塩釜市のシティーホテルユニバースには全国から駆け付けた小会の同志が続々と参集。
午後7時、例のアジトに場所を移し、増本理事長の開会の宣言と笠原会長の気合の入った挨拶によって懇親会がスタート。
地元の有志、支援者らも多く駆け付け深夜まで旧交、親交を温めあった。



見るからに怪しい理事長のアジト 黒ビルの”つねさん”

10月12日(月)午前11時、地元の有志も含め全員で塩竈神社、志波彦神社を正式参拝。
その後、境内にある皇居遥拝所にて国民儀礼を敢行。
台風一過、快晴の秋空の下で塩釜の潮風を受けながら、宮司の案内で境内を散策。
午後1時、すべての日程を終了し解散。



塩竈神社から塩釜港を望む


増本理事長、綿本部長はじめ宮城県本部会員の皆さん、相談役の藤代真敬殿、大日本神武會の高倉正義会長、
そして宮城でご活躍の皆さん本当にお世話になりました。有難うございました。


さあ、来年は名古屋が幹事役で、3順目に突入します。


平成21年10月11日ー12日



平成20年度東京本部主催兄弟会


運動指針 「一灯照隅 万灯照国」


今年も持ち回りの定例会が、10月19/20日と東京本部主催で行われた。
笠原会長より挨拶があり、最澄の「一灯照隅 万灯照国」という言葉を例に、
各県本部がその一灯として各自の持ち場の片隅を照らせば必ずや国全体を照らすことになる、
と檄を飛ばした。
笠原もその中心を照らす一灯になると明言。
空席だった宮城県本部の本部長に増本理事長の肝入りで綿(わた)正幸が就任。
全員一致で承認。
そして各県本部の運動報告の後、直会が深夜まで続いた。
来年の幹事役は宮城県本部。
来年で2順目完了。
本部長、幹部クラスの欠席者今年もゼロ更新。
来年宮城での再会を誓い、それぞれ帰路に就いた。


平成20年10月19日ー20日



平成19年度京都府本部主催兄弟会


今年は11月18/19日と和歌山県白浜(幹事 京都本部)で各県本部持ち回りの定例会が行われた。
18日午後5時宿に集合。
7時から食事会を兼ねて、笠原会長、増本理事長はじめ、各県本部長による意見交換。

19日午前11時熊野本宮大社を参加者全員で参拝。
午後1時、来年の再会を誓って各自帰路についた。

ついでに記しておくと、我々が宿をとった田辺市には江沢民の揮毫と講話を中国語 で刻んだ
「日中国交正常化30周年記念碑」 の建立が売国の徒「二階俊博」によって計画されたところでもあります。
年金資金が122億もつぎ込まれた「グリーンピア南紀」を那智勝浦町が8300万で買い受け、
そこを香港企業の「香港BOAO」蒋暁松が57億(10年後に無償譲渡)で再開発(頓挫)すると言う話でも、
二階俊博の名前が出てきます。




於 熊野本宮大社


平成19年11月18日19日



平成18年度兵庫県本部主催兄弟会


12月3・4日と小会各県本部長が一堂に会する持ち回り定例会が神戸の神戸ユニオンホテルで
開催された。
今回の幹事役は村上学兵庫県本部長で、午後3時新神戸駅に集合、
まず全員で湊川神社を参拝し、夕刻宿に移動、笠原正敏会長の挨拶で始まり食事会の後、
各県本部による意見交換が深夜まで行われた。



4日、朝食の後、神戸港クルージングを全員で楽しみ、来年の再会を約束し三々五々神戸を後にした。


平成18年12月3日ー4日


平成17年度千葉県本部主催兄弟会


さて、昨年11月の宮城での会議に続き、10月30/31日と
東京で千葉県本部主催の小会各県本部長会議が行われました。
30日午後2時靖国神社に集合し昇殿参拝を全員(17名)で行い、
その後新しくなった遊就館を見学しました。

会長以下幹部全員で参拝したのは丁度10年(平成7年8月15日)ぶりとなりました。
そして都内某所にて会議、直会を催し屈託のない意見交換を行いました。


平成17年10月30日ー31日



平成16年度21世紀研究所25周年記念講演会と1/2兄弟会


平成16年11月21日(日)と22日仙台市にて、増本理事長が代表を務める21世紀研究所の
25周年記念講演会が開催され、全国の会員がお祝いに駆け付けた。

21日は夜遅くまで懇親会が続いた。
仙台に一泊


平成16年11月21日ー22日



平成16年度愛知県本部主催兄弟会


5月29・30日と小会会長以下各県本部の幹部は知多半島某所に集まり、
新たに戦線に加わった新会員の紹介や会員同士の親睦を深めあった。 
30日は全員で熱田神宮参拝。

次回は11月宮城で開催予定。




熱田神宮参拝


平成16年5月29日ー30日



平成15年度




平成14年京都府本部長雨宮の成婚を祝す会


6月2日、京都駅前にて京都府本部長雨宮の成婚を祝す身内だけの小宴がもたれ、
会長笠原以下小会各県本部から同志が参集した。
来賓として仙台から相談役の藤代先生、小会及び雨宮が特に公私共にお世話になっている
大日本生産党の最高顧問、鴨田先生始め
関西本部長の阿部氏、谷田氏をお迎えし、弁護士南出ご夫妻、
関西在住の若手活動家達もお祝いに駆けつけてくれた。



友党 大日本生産党 鴨田 徳一最高顧問より祝辞を頂く雨宮本部長

於 パルルプラザ京都


平成14年6月2日


平成12年 東京本部主催 第三回大日本赤誠会定例会



於 ぽんた



平成12年9月23日24日



平成10年度宮城県本部主催兄弟会



平成10年


平成9年度兵庫県本部主催兄弟会



平成9年


平成8年度京都府本部主催兄弟会


天橋立、元伊勢神宮参拝


於 京都府宮津 一色荘


平成8年6月8日ー9日



平成7年度 東京本部主催 第二回大日本赤誠会定例会






 於  新宿 竿灯


平成7年10月21日ー22日



長谷川裕行            大野康孝          笠原正敏
大野康孝、御尊父大野俊康靖国神社宮司宅にて



平成7年度千葉県本部主催兄弟会


於 浦安ステーションホテル
平成7年8月14日浦安で兄弟会

翌、8月15日 終戦50年を記念して靖国神社正式参拝
靖国神社第7代 大野俊康宮司 (小会相談役 大野康考氏 ご尊父)
本当に暑い一日だった。




於 靖国神社





平成7年8月14日ー15日


平成6年 東京本部主催 第一回大日本赤誠会定例会






 於  新宿 竿灯


平成6年11月12日ー13日 


京都 丹後へ抗議街宣





平成6年12月8日


平成5年度愛知県本部主催第一回兄弟会





殉国七士廟 殉国七士の墓 参拝

於 愛知三河三ヶ根山 かんぽの宿


平成5年



写真等の無断転用は固くお断りします。
大日本赤誠會








inserted by FC2 system